PR

本日のつぶやき

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

旅行・地域

2008年10月24日 (金)

JR東日本の冬季限定割引きっぷ

福岡の椿さんより、下記の情報を教えていただきました。該当期間に那須に来られる予定の方は利用されるといいかもしれませんね。

JR東日本、えきねっと会員限定割引きっぷ「トクだ値」と「お先にトクだ値」発売
  (日経トレンディネット)

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

2008年5月 9日 (金)

茶臼岳登山

ゴールデンウィークはまた那須に行っていて、待望の那須最高峰の茶臼岳登山に挑戦したんですが、これが大変でした。朝起きたときは快晴でとても穏やかな天気で「これは絶好の登山日和!」と喜んだのですが、それもつかの間。せっかくだからのぼりはロープウェイを使わずに歩いて登ろうということになったのですが、いざ登り始めると、標高が上がるにつれ強烈な風が吹き荒れ、下手すると吹き飛ばされるんじゃないかとヒヤヒヤしました。おまけに所々に雪渓が残っていて、そこを歩くときは足が滑って「今突風が来たら命がないかも…」と思ったほどでした。

※Photo with RICOH Caplio GX100(クリックで拡大)
R0011612

ここは火星か…?まだ頂上は遠いです…。茶臼岳は活火山なので、頂上に近づくほどこういう荒涼とした風景になります。所々で蒸気が吹き出し、硫黄のにおいが立ちこめている場所もありました。

それでもこの写真は穏やかに見えますが、実際は時々ものすごい風が吹いてしゃがまないと吹き飛ばされそうになるほどだったんです。おまけにすっごく寒いし…。風が強いときは写真撮ってる余裕なんかないので、結果的に穏やかそうな写真ばっかりなんだよなあ…。

R0011618

ようやく頂上につき、那須岳神社の前で記念撮影。一応無理に笑ってますが、心の中は引きつってます(笑)。帽子かぶってたんだけど、途中で風で吹き飛ばされました。

R0011624

頂上から那須連山を望む。

R0011627

那須岳神社の鳥居。

R0011628

帰りはロープウェイで下りたのですが、そちら側は風もあまりなく、あっという間に到着。「文明って有り難いな〜」と思い知った次第(笑)。そんなこんなでなんとか無事山を下り、帰路についたのでした。

驚いたのは、僕以外にもこの時一緒に参加したメンバーの半数ほどが、いきなり那須への移住を決意するか、考え始めたこと。もはやちょっとし たコミュニティが出来つつあります。地元の皆さんもとても良くしてくれるので、移住出来る日が本当 に楽しみです。登山は厳しかったけど、それ以外では今は新緑の季節でとても気持ちがよく、那須にいるだけで心が洗われるようでした。またすぐ来るぞ〜!

2008年4月24日 (木)

「アワの歌館」に行ってきました

ユニティ・デザインでも既に紹介されていますが、アワウタフフルウミノオンカミ様(中山博氏)の新居である通称「アワの歌館」に行ってきました。今回(4月21〜23日)は僕の那須移住にあたっての下調べとして、サトルエネルギー学会の神尾先生をはじめとするグループの皆様と一緒に那須入りしたのですが、僕にとってとても有意義な、転機となる旅でした。

「アワの歌館」に到着して敷地に入ると、波動の高い神社を訪れたときと同様の清々しさが全身に感じられ、さすがに中山さんの住居として神様が指定された場所だと思いました。お部屋を拝見していると、中山さんから「金子さん、こっちに来てください。何か言いたいことがあるようですから」と促され、早速神様からのメッセージをいただきました。プライベートなことなので詳細は控えますが、どうやら僕も神様から招集がかかっていることは間違いないようです。ふとしたことから突然那須移住を決めたものの、「本当にこれでいいのかな?」という一抹の迷いもなきにしもあらずでしたが、これでそれもなくなりました。あとは前に進むだけです。今回「那須で暮らすには運転免許は絶対に必要」と言うことがよく分かりましたので、(僕は運転免許持ってないのです(^^;)。)今後の予定としては出来れば5月中、遅くとも6月までには合宿で免許を取り、その後出来るだけ早い時期に那須に移住するつもりです。(すぐに家を買うわけではなく、当初は賃貸で住む予定。)

それからもう一つ僕自身に関して、不思議な体験をしました。しばらく前に自転車で転びそうになって無理な姿勢で着地した時、腰をひねって軽い腰痛になっていたんですが、それが重い荷物を肩に担いで行ったせいで、この時悪化してしまったのです。那須に到着する頃には前屈みでないと歩けないほどひどくなっていたのですが、中山さんが「せっかくですから、見てあげましょうか」とおっしゃってしばらく手を当てていただくと、だんだん背筋がまっすぐ立つようになってかなり楽になったのです。おかげでその後の行動にはさほど支障が出ませんでした。さらに一晩寝て翌日にはほとんど痛みはなくなっていて、さらに翌日の最終日には宿泊した神尾先生の別荘の大掃除の手伝いをしても問題ないほど、ほぼ完治と言ってもいいほどまでに回復していました。ギックリ腰を一度でも経験したことがある方ならお分かりでしょうが、普通は一度なると安静にしている以外治す方法はなく、そう簡単に治るものではありません。それがたった2日でほぼ完治してしまいました。中山さんも僕の回復の早さに驚いておられましたが、おそらく中山さんの施術と、那須という土地(特にアワの歌館)の高い波動、それから呼ばれてやってきた僕に対する神様の助け、これらの相乗効果があったのではないかと思います。本当にありがたいことです。

2日目の22日には福島県の昭和村で行われた御神事に同行させていただいたのですが、その時撮った写真をいくつかご紹介します。

080422_122901_2

これは「五社頭山ノ神神社」での神事の後、御神木(??…ちょっと正確な表現ではないかもしれませんが…詳しいことはユニティ・デザインにいずれ掲載される竹下先生の解説をお待ちください)に抱きついている僕です。亀谷ひろみさん(神尾先生のお姉様)に撮影していただきました。

※Photo with RICOH Caplio GX100(クリックで拡大)
R0011580

これが五社頭山ノ神神社。お社自体はとてもこぢんまりとしたものです。

R0011589_2

これは中山さんが前々日の「アワの歌の会」の時にビジョンで見た泉を探し当てたもの。飲むと様々なご利益がある…らしいです。もちろん、たっぷり飲んできました(笑)。とてもおいしい水でした。

R0011593

この日は三カ所の神社を回ったのですが、これは最後に行った神社がある山の遠景です。見事なまでの円錐形をしていますね。一瞬ピラミッドかと思うほど…。ところで写真の左手上空をみてください。なんか妙なものが映っていますよね?雲でもないようですが、一体なんだろう?

R0011592

連続して撮ったもう一枚の写真には写っていません。何なんだ、一体…?

それから、写真は撮れなかったのですが、この日の帰りの車中から、美しい夕日とともに、見事な龍の形をした雲が、私たちを祝福してくれるかのように空に現れました。中山さんも「今日は大サービスですね」と笑っておられました。

その後温泉に行って中山さんをはじめ皆さんと裸の付き合いも出来たし(笑)、なんと温泉につかりながらアワの歌を歌っていただくと言う、贅沢なひとときも体験させていただきました。僕にとって本当に今回の旅は貴重な体験でした。ますます早く那須に移住したくなりましたよ(笑)。

2007年11月26日 (月)

巡礼の旅

明日から関西方面に巡礼の旅(神社・寺巡り)に出かけてきます。まずは瀬織津姫様所縁の西宮の廣田神社。それから京都を回ってサナット・クマラ様が降臨したといわれる鞍馬山、日本で一番有名なマイトレーヤ様(弥勒菩薩)の像がある広隆寺。最後に「下宮」に空前のパワースポットがあるといわれる伊勢神宮に寄ってこようと思ってます。何らかの気づき、啓発が得られるといいなと思っています。写真もたくさん撮って、ここで報告しますね。