PR

本日のつぶやき

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

おすすめサイト

2010年11月23日 (火)

お薦めの政党名

筆者が購読しているブログの一つに「ひとりごと、ぶつぶつ」というのがあります。スピリチュアルネタと時事ネタを半々ぐらいで書いているところは、当ブログのスタンスに近く、共感するところも多いブログです。今日アップされた「政党はもう、国民に分かりやすいように名前を変えたらどうか?」という記事が傑作で笑ってしまったので、ご紹介します。

--------------------------

民主党 →変節党
 ・・・権力しがみつき党でもいいけど、長すぎるからね。

自民党 →イルミナ党
 ・・・イルミナティーの指示で未だに小沢潰しをやってるオバカさんたち。

公明党 →創価学会党
 ・・・ソンテジャク党でもいいが、これが一番分かりやすい。

みんなの党 →統一教会党
 ・・・文鮮明さんご推薦、合同結婚式を目指す方向き。

国民新党 →亀井新党
 ・・・または郵政民営化改革党、でも亀さん一人じゃねえ。

民社党 →平和憲法を守る会
 ・・・護憲政党は小さくなるばかりです、ミズホたん頑張って。

他にも立ち上がれない党とか、不幸実現党(オカル党)とかあるようです。

---------------------------

…わはは、うまい(笑)。それに本質を突いてる。「ひとりごと、ぶつぶつ」の筆者の方は、次の選挙は「小沢さんに新党を立ち上げてもらわないと、私は投票には行かないつもりです」と言ってます。気持ちは分かるけど、小沢氏は「民主党をあきらめない」とはっきり断言してるからなあ。それに今まで何度も新党を立ち上げては潰している小沢氏にしてみれば、もう今さらその選択肢はないでしょう。

個人的にはもはや何度選挙をやっても結果は同じで、官僚機構(特に検察・警察)、司法、マスコミ…この三つを一度ぶっこわして再構築しない限り、本質的に何も変わらないと思う。それが出来る可能性がある、ほとんど唯一の政治家が小沢一郎なんだけど、その小沢氏を国民はマスコミに洗脳された末に「悪党」のレッテルを張って葬り去ろうとしている。ということは、やはり国民の意識が根本的に変わらない限り、結局なにも変わらないということですな。

日本で一番アセンションから遠い土地は、きっと「永田町」と「霞が関」だろうなあ…(^^;)。

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

2010年2月 7日 (日)

アミ in Twitter

ツイッターの中に「アミ 小さな宇宙人」のアミがいた(笑)。
アミのアニメ化プロジェクトっていうのもあるんですね。

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

2009年11月15日 (日)

マシュー君のメッセージ

玄のリモ農園ダイアリーで日本語訳が紹介されている「マシュー君のメッセージ」の、これからやってくる世界の変化を語った部分が動画になってます。

これを見ると「うれしき御世」はこんな感じかな…というのが何となく想像出来るんじゃないでしょうか。BGMにマイケルジャクソンの曲の中で僕が一番好きな"Heal The World"が使われてますね。確かにぴったりかも!

人気ブログランキングへ←1日1クリック、お願いします。m(_ _)m

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

2009年11月 6日 (金)

ウォルシュ氏の日本語版ホームページ

「神との対話」の著者、ニール・ドナルド・ウォルシュさんの日本語版ホームページが出来ていますね。ざっと見ましたが、示唆に富んだ素晴らしい内容だと思います。

人気ブログランキングへ←1日1クリック、お願いします。m(_ _)m

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

2009年11月 2日 (月)

これがシンクロニシティというものか

驚いた…。僕がいつも見ている「東海アマチュア無線地震予知研究会」の本日(11/2)付の記事で、僕が昨夜当ブログに投稿した「宗教の堕落」の記事とそっくりの内容の、キリスト教関連の記事が載っています。言い回しは違うけど、言わんとしてる事はほぼ同じ。こういうのを、シンクロニシティって言うんでしょうね。ちょっと鳥肌が立ちました…。

人気ブログランキングへ←1日1クリック、お願いします。m(_ _)m

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

2009年10月30日 (金)

ナイスキャッチ。

「最近このブログはまじめすぎる」とお嘆きのあなたに。

…痔になるだろ。

人気ブログランキングへ←1日1クリック、お願いします。m(_ _)m

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

2009年10月21日 (水)

菊池太母さん

Photo中山さんも共感したという、菊池太母(たも)さんのビデオをみました。これが撮影された時(1992年)で84歳、既にお亡くなりになっていますが、このビデオの中では年齢を全く感じさせないエネルギッシュな講話を聞かせてくれます。僕は友人にDVDを見せてもらったのですが、スピリチュアルTVで無料版が公開されているので、良かったらご覧になって下さい。太母さんの娘の菊池静流さんのサイトには、太母さんのコーナーもあります。

とにかく、太母さんから出て来る言葉すべてに「そうだよね〜」と納得してしまいました。僕とは50歳以上年齢差があるはずだけど、そんな事は関係なく「真実は真実」と感じさせてくれます。まあ、太母さんが言ってる事を僕がここでくどくど代弁してもしょうがないので、是非上記の動画をご覧になって下さい。

最近、こうしたスピリチュアル系の情報に触れる時、自分が共感出来るものとそうでないものの区別が、すぐに明確につくようになってきました。その基準は簡単な事で、神と自分も含めた人間、そしてその他の森羅万象が一体である、というベクトルのものはOK、それらをバラバラに分離させてしまうものはNG…という事ですね。すなわち当ブログのタイトルにもある「We are all one...皆々、一つなり」という事です。太母さんは間違いなく前者で、本物だと思います。

太母さんは「人間が頭で考えて作ったものにろくなものはない、わたしは一つも欲しいと思わない」と言い切ります。自然農の神様、故・福岡正信さんなんかも同じようなことを言ってますね。この点だけはデジタル・ガジェット好きの僕としては「うーん、でもパソコンやネットがなくなったらつまんないかも」と思ってしまうんですが(^^;)、これは何も今すぐ文明の利器を全部捨てて原始人のように生活しろ、という事ではないと思うんですよね。「○○があれば便利だし面白い。だけど、これがなくなっても自分は大丈夫」っていうスタンスでいればいいんじゃないでしょうか。「○○がなければ絶対ダメ」になってしまうとそれは「依存」になってしまい、自然な生き方からどんどん離れてしまうのでしょうが、「好きだけど、なくても大丈夫」という、依存でなく「趣味、好み」として利用し、必要があればいつでも手放せるのなら、問題はないと思います。こうして17年前の太母さんの話が聞けるのも、ビデオやインターネットのおかげですもんね。ただし、それよりも大切な、本質的な事があるということをわかっていれば…ですけど。

人気ブログランキングへ←1日1クリック、お願いします。m(_ _)m

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

2008年12月18日 (木)

地獄が消える時代

経済アナリスト、藤原直哉氏のインターネットラジオ「21世紀はみんながリーダー」に地獄が消える時代 と題する放送が掲載されています。

その中で藤原氏は「今を『地獄のような時代』という人がいるが、私はそうは思わない。地獄が地獄として維持出来なくなって来て、それで大騒ぎになっているのだと思う。極道の世界で極道の秩序を守っていれば、それなりに生きて行けるように、今まではこの世の中に『地獄的なるもの』が存続していたので、地獄的な人間はその中で生きて行けた。ところが『地獄的なるもの』が根本的に消滅しようとしているので、地獄的な人間は生きて行ける場所が無くなろうとしているのだ。それで断末魔の悲鳴を上げている…それが今起きている事だ」という話をしています。

まさにその通り!僕の知る限り、藤原氏は経済人としてもっとも世界の現状を正確に把握してるのではないかと思います。そこで問題になって来るのが「自分の立脚点は天国的か、地獄的か?」という事でしょう。地獄的な場所で、地獄的な生活をしていれば、もうすぐこの世に存在することが出来なくなるのです。以前は「そんなことを言っても、自分にも生活がある。食べて行くには仕方ないじゃないか」といういいわけが通用したかもしれない。しかし、地獄的なものを退け、天国的な意識を持ち、天国的な生活に切り替えることが出来なければ、もうこの世の中に「居場所」が無くなるのですから、もはや問答無用です。今の自分の立脚点が地獄的であれば、今自分が立ってる地面が、あすにも消滅しているかもしれないのです。

では、地獄的なるものから天国的なるものに切り替えるためにはどうしたらいいか?その答は、既に竹下先生と中山さんから全て与えられています。それを知っている人は本当にラッキーだと思います。ただし、ビデオ「中山博氏に聞く」の中で中山さんが何度も強調しているように、あくまでも意識を転換させるためは、本人がその気になって、行動しなければならないのです。知識として知っているだけではダメなんですね。ただ信じて待っていれば、神様から啓示が降りて来て「うれしき御世」に連れて行ってくれる…というものではありません。いかに本人がやる気になって、努力し、行動を起こすか。そこに全てがかかっています。さて、あなたはもう準備が整っているでしょうか?

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

2008年11月23日 (日)

常温核融合関連続報

リチャード・コシミズ氏が、阪大の荒田名誉教授と協力して進めている常温核融合開発の進捗状況を報告する動画をアップしています。

コシミズ氏自身素人なので、素人にも分かりやすい説明をしてくれてます。前回僕が書いた記事にも、非常に多くの人からの反響がありました。なんとかうまくいって欲しいものですね。

※寄付金の振込先等はこちらまで。

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

2007年8月 1日 (水)

内はドロドロ・外はボロボロ

一昨日のエントリーで藤原直哉さんのインターネットラジオを紹介しましたが、だいぶ前の放送までさかのぼって聞いてみました。これ、面白いですよ。政治・経済・世界情勢・ライフスタイルの提言など、藤原氏の見方・考え方は僕とかなり一致していて、とても共感できる点が多いです。本職は経済アナリストだけに、情報を冷静・緻密に分析して、世の中の動きを予測しています。で、先の参議院選挙の顛末について語ったのが次の放送です。

 ※藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2007年7月31日
    内はドロドロ・外はボロボロ

「内はドロドロ・外はボロボロ」というのは政権与党の現状を表現したものですが、まさにその通りだと思います。この中で藤原氏は「小泉・安倍政権が改革と称してどれだけひどいことをやったか、今はまだこれにフタがされていますが、このフタを外すのは民主党の仕事ですよ。このフタを外すと、もう二度と(自民党時代、小泉時代に)戻らなくなりますから。これだけはやってもらわないと困ります。またあんな鬱陶しいのが出てきて、『売国奴』やられたんじゃかないませんから」…とまで言ってます。

では小泉政権はどんなひどいことをやったのか?…その一端について触れた過去の放送があります。これです。

 ※藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2005年12月20日 
    共産主義の亡霊と小泉政権

これは一昨年の暮れの放送です。小泉前首相がまだ現役だった時ですね。2年前の郵政民営化が争点になった衆議院選挙では自民党が大勝しましたが、その時自民党を支持した人はこれを聞いてどう思うでしょうか…?

より以前の記事一覧