PR

本日のつぶやき

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

精神世界

2014年1月31日 (金)

陰謀論とスピリチュアル・マスター

いわゆる陰謀論。「世界は表に出てない闇の権力が影から支配していて、いずれ地球を、自分たちの権力のもとにNew World Orderとも言われる『一つの世界』に統一しようとしている」とか「闇権力は世界の人口を減らそうとしており、エイズや鳥インフルエンザなどはその目的で人工的にばらまかれたウィルス。また伝染病を予防するはずのワクチンも人体を慢性的に弱らせ、死に至らしめる『毒』が仕込まれている」とか「闇権力の頂点に立つのはレプティリアン(爬虫類人)と呼ばれる宇宙人で、人間を気付かれないように巧妙に奴隷化し、食料にさえしている」…などなどの、まあ一般的には「トンデモ」だと思われている言説ですね。

この数々の「陰謀論」とスピリチュアル・マスターの関係ですが、結構関係有るような、ないような、それでいて表裏一体のような面白い関係だと思うのです。今回はそのことを書いてみます。

まず、チャネリングの元祖とも言えるバシャール。バシャールは陰謀論全否定なんですよねー。下記ビデオにあるとおり、「イルミナティ(闇権力)のことなんか考えるな、意識すればそれだけ彼らに力を与えるだけだ」と言ってます。たしかに彼の言う「スーパーパラレルワールド理論」を前提とすれば筋が通ってる。

このビデオの中でも少し説明されていますが、バシャールの「スーパーパラレルワールド理論」(僕が勝手にそう名づけただけで、バシャール自身がそう言ってるわけではありません)とは、「私達は普段から毎瞬毎瞬、ちょっとでも意識の波動が変われば、違うパラレルワールドに移行している。一瞬たりとも『同じ世界』に留まってはいない。したがって闇権力のようなネガティブな存在に意識をフォーカスすれば、実際にそういう存在が支配しているネガティブなパラレルワールドに入り込んでしまい、ネガティブな現実を体験することになってしまう。逆にいつもポジティブな高い波動の意識を維持すれば、ポジティブなパラレルワールドにとどまるので、その人の体験する現実から闇権力のようなネガティブな存在は消滅する。だから陰謀論で頭の中をいっぱいにするようなことは愚の骨頂」…というわけですね。確かに筋が通ってますよね。だからバシャールはいつも「自分にとってワクワクする(意識の波動が上がる)ことを追いかけ、行動しなさい」といいます。

ほぼ同じことを、「神との対話」の著者、ニール・ドナルド・ウォルシュ氏も言ってます。

この「神さまはNOと言わない」というのは、簡単にいえば「あなたが体験する現実は、全てあなたの意識の反映である」ということですね。神さまは、私達が「私は誰にも愛されない」と思えば「イエス、その通り。あなたは愛されない」と、その人が信ずるままの「誰にも愛されない現実」を見せてくれる。逆に「この世は愛に満ちており、愛が全て」と信じれば、これまた神さまは「イエス、その通り」と愛に満ちた世界を提供してくれる。つまり、全ては人間の意識が決めているのであって、「客観的な現実」などは存在しないということですね。当然「この世はレプティリアンやイルミナティが人間を奴隷化している地獄だ」と信じれば、そのとおりの現実を体験する…ということになります。説明の仕方は違いますが、バシャールが言ってることと本質的には同じです。

このことを「神との対話」の神様は「抵抗すれば相手はますます強くなる。見つめれば、相手は幻想である本質をさらけ出し、消える」とも言ってます。つまり、我々が現実と思ってるものは全て「自分自身の思考が創りだした幻想」だということになります。

僕はしばらく前まで市民メディアをやっていて、主に脱原発運動関連の取材に奔走していましたが、去年の8月までできっぱり止めました。その理由は、原発の反対運動にどっぷり浸かり、なかには警察に逮捕される友人などを目の当たりにすると、「日本の警察は腐りきっていて、自分たちにとって都合の悪い人間を片っ端から不当逮捕している」とか「原子力村はあらゆる産業、更には警察・検察・裁判所までも牛耳るとんでもない権力を持っている」のが日本の現実だとしか思えなくなってくるからです。そしてそう信じて抵抗運動をやればやるほど、ますますネガティブな現実にフォーカスすることになりますから、ますます泥沼に入っていく…このことに改めて気づいたのです。バシャールやウォルシュ氏が言っている通り、「体験する現実は全てその人の意識の反映」だと思いますから。

では、スピリチュアル・マスターにとっては「陰謀論」などは、馬鹿げた、とるに足らないものなのでしょうか?ここでレプティリアン(爬虫類人)人類支配説を大々的に紹介して有名になった陰謀論の大家、デイヴィッド・アイク氏に登場してもらいましょう。

このビデオを見てもらえると分かるように、アイク氏は陰謀論の大家でありながら、「現実は鏡に写った自分の姿のようなもの。鏡の中の自分の髪型が気に入らなければ、鏡の中の自分に櫛を当てるのではなく、自分自身の頭に櫛を通さなければ意味が無い」と言っています。これも前述のバシャールやウォルシュ氏が言ってることと同じですよね。

ただアイク氏が他の二人と違うのは「イルミナティ(闇権力)は私達に『問題は自分の外にある』と思わせようと仕向けており、そう思っている限り、本質的な問題の解決は望めない。解決するには、自分自身が変わるしかないのだ」とも言ってる点です。つまり、闇権力はこの心の法則を使って、私達の意識を覚醒させないように罠を仕掛けて、私達を支配している、というわけです。覚醒した人間は支配できませんから。

…さて、これはどういうことでしょうか?世界的に有名なスピリチュアル・マスターの二人と、世界的に有名な陰謀論者が、結果的にほとんど同じことを言っているのです。

僕なりの現時点での結論はこうです。要は「幻想である陰謀論」(他の現実も全てそうですが)を「これは幻想だ。自分が見ている現実は全て自分の思考が作り上げたマトリックス(仮想現実)に過ぎない」と気付くためにツールとして活用すればいいのではないでしょうか。

陰謀論的なものも含め、私達が体験する「現実」だと思っているものは、全て私達の意識が創りだした「マトリックス=仮想現実=幻想」です。陰謀論をそれに気付くための方便、ツールだと考えれば役に立ちますが、「動かしようのない現実」だと思い込み過ぎると本末転倒で、いわば「自分で掘った落とし穴に自分が落ちた状態」になって、そこから抜けられなくなってしまいます。この意味でバシャールらが「陰謀論のことなど考えるな」というのは筋が通ってます。しかし、取り扱いに注意すれば、陰謀論を意識を覚醒させるためのツールとして有効に活用することも出来るわけです。

この「マトリックス=仮想現実=幻想」からすっかり離脱した意識状態を「覚醒」とか「悟り」とか「アセンション」と言うのでしょう。ちなみにエックハルト・トール氏は、神様とか宇宙人とか陰謀論を全く使わずに、「今、この瞬間とつながる」とか「ペインボディ」などの概念を使ってうまくこのことを説明しています。仏教に極めて近いアプローチだと思います。

実は、僕もこの考え方が一番性に合ってるんですよねw さて、皆さんはどう感じたでしょうか…?

2010年11月20日 (土)

アジュナ・チャクラを活性化する映像

早速銀河連邦フォーラムで拾ったネタですが…。

アジュナ・チャクラ(額のチャクラ)を活性化する映像だそうです。試したところ、これは効きそう!額にビンビン刺激を感じます。ぜひ画面右下の矢印が外側を向いたアイコンをクリックして、画面を拡大して御覧ください。

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

2010年10月22日 (金)

パラレルワールド

今朝メグさんのブログ"Art Make Coaching"に書いたコメントがわれながらよく書けてると思ったので、こちらにも転載します。

内容は「毎月送られてくるはずの小雑誌がミスで送られてこなかったので、送りなおしてもらったら、それは既に読んでいるものだった・・・なぜこんなことが起こる?」というメグさんの記事にコメントしたもの。

あくまでも仮説ですが、先日も紹介したバシャール的世界観だとこういう風に解釈できます。

バシャールによれば、宇宙は無数のパラレルワールドが重なり合った構造になっているそうです。つまりこの場合で言うと、「小雑誌を読んでいるメグさん」と「読んでいないメグさん」が同時並行的に存在しているわけ。

普通はひとつの選択に従ってこの迷路のように入り組んだパラレルワールドの中のひとつの側面を「過去ー現在ー未来」という風に直線的に体験してるわけだけど、いわゆる「予知能力者」はこうしたパラレルワールドの迷路を上空から俯瞰するように見ることができるわけ。だから「そっちに行くとこうなる、あっちにいくとこうなる」ということが予測できる。普通の人間は迷路の中を歩くしかないから、「時間」は過去から未来へと直線的に流れ、未来を予知することなどできない、と思ってしまう。

先日の予知といい、メグさんはこの様な予知能力に目覚めつつあるんじゃないでしょうか。つまり、パラレルワールドに存在する複数の「自分」に同時にアクセスできる…ということです。

少し補足しますと、この「パラレルワールド」という概念、今のところ僕の中では一番納得出来る宇宙観ですね。これなら精神世界でよく言う「時間は幻想で、本当は存在しない。過去も未来も、全ては『今、ここ』に存在している」とか「あなたの思い、波動が宇宙の全てを決定している」などの概念がすっきりと説明できます。すなわち、『時間』というものはこのパラレルワールドの中を移行していくことにほかならず、人間は毎瞬毎瞬、「思い、波動」が動くことによって、どのパラレルワールドに移行するかを決定する事になります。「私」も「あなた」も実は無限のバリエーションが存在していて、一瞬前の「あなた」と今の「あなた」は同じように見えても、違うバリエーションかもしれない・・・うーん、分かるかなあ…??

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

2010年8月22日 (日)

「恐れ」からの脱出

ひどい夏風邪で激しい咳と痰に悩まされていましたが、ようやくかなり回復してきました。まだ声があまり出ない状態なので、あわの歌を歌う事は難しいのですが、日常生活には支障がない程度にまでは立ち直りました。

また、それと前後して福岡の実家で一人で暮らしていた母が病気で倒れ、急遽僕の住む那須で同居することになりました。既に先日から試験的な同居が始まっているのですが、長時間目を離すことが出来ないので、今後筆者の行動はかなり制限されることになりそうです。夏風邪が経験した事がないほど悪化した事と言い、何か強制的に心身・生活をリセットされた感じです。まあ、こうした事も何らかの意味があり、今の自分にとって必要だから起こっているのでしょう。全てが手探りの状態ですが、臆する事なく前に進んで行こうと思っています。

さて、最近出会った素晴らしいブログを紹介します。「たまむすひ」というのですが、「心はいつも あいふかき」を登録しているブログランキングのスピリチュアル部門で、いつもだいたいベストテン以内をキープしている人気ブログです。ふとした事から購読するようになったのですが、いつも心の琴線に触れるメッセージを発信してくれてます。その8月21日の記事の中で、素晴らしい動画が紹介されていたので、こちらにも転載します。

…そうなんですよね。スピリチュアルな世界では、様々な精神修養が説かれていますが、結局最終的には皆ここを目指しているんじゃないでしょうか。つまり「恐れ」から脱出し、「自分は神」であるという事に目覚めること。我々が住む地球ではそうさせないために、闇権力、イルミナティ、レプティリアン、国際金融資本…などと呼ばれている存在が、人間を「恐れ」で洗脳し、奴隷化してきました。そのことは今年の前半このブログでも掘り下げてきたとおりです。

でも、そんな暗黒時代はもう終わり。あと少しで、私たちが本来の自分に目覚め、黄金時代、アセンション、嬉しき御世に入って行くのだと確信しています。考えてみれば、僕の人生もこの「恐れから脱出する」事へのチャレンジの繰り返しだったように思います。未だ道半ばですが、あわの歌と出会ったおかげで、最近はかなり進歩したように思います。

もう少し…ゴールはもう目の前です、きっと。

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

2010年6月22日 (火)

洗脳のマトリックスを打ち破ろう!

上の動画は最近注目している某ブログで紹介されていた「新世紀エヴァンゲリオン 最終回ラストシーン」です。エヴァンゲリオンって全然見たことなかったんだけど、こりゃすごい内容だなあ…。ほんの3分ほどだけど、これを見ただけでも「さすがに90年代に一世を風靡した作品だけのことはある」と感心しました。

このところ現実が進むスピードがあまりにも早く感じていて、ブログネタとして考えていたこともあっという間に古臭く感じるようになっていて、結局何も書けない…という状態がこのブログでは続いていました。しかしながら、とどのつまり、筆者が前言ってた「洗脳から目覚めよ!」というのは、このことなんですよね。あまりにもタイミングよく、この動画が僕の言いたかったことを代弁してくれた感じです。

この動画ではその「洗脳から解き放たれる」シーンが象徴的に描かれてますが、今の社会のシステムは、人間を「自分は無力で、取るに足らない存在だ」と思い込ませ、洗脳するように仕向けています…政治、経済、教育、科学、宗教、結婚、メディア…それこそ、ありとあらゆることが。なぜそうなったか?そうすれば人間を支配したいと考えている「ヤツら」にとって一番都合がいいからです。なぜなら、「自分は無力で、取るに足らない存在だ」と思っている人間は、自分の外側にある何かに依存しないと生きていけなくなるからです。その依存する「何か」を与えてやれば、あとはその人間を思い通りに操ることが出来ます。麻薬中毒患者が薬を手にいれるために言いなりになるように。

「ヤツら」というのは、言うまでもなく、このブログでさんざん取り上げてきた国際金融資本、シオニスト、イルミナティ、軍産複合体、闇権力、シークレット・ガバメント、爬虫類人、レプティリアン…色んな言い方がされるけど、要するにこの世界を影から支配してきた連中です。奴らにとっては一般の人間は「家畜」のようなもので、家畜として扱いやすくするために「洗脳」を施してきたわけです。

ですが、ようやくそんな暗黒時代が終わろうとしています。そのためにはひとりひとりの人間が洗脳から解き放たれることが必要で、殆どの人間が洗脳から離脱することによって「ヤツら」の支配が終わり、そして自分が「創造主」だということを思い出すことによって「アセンション」や「嬉しき御世」が訪れるのでしょう。すなわち、自分が体験する「現実」は、全て自分の「意識」が作り出しているということをはっきり自覚出来るかどうか…がキーポイントになるわけですね。

そういえば、10年ぐらい前に大ヒットした「マトリックス」という映画も同じようなテーマでした。この「エヴァンゲリオン」や「マトリックス」が90年代に次々と大ヒットしたのは、そういう時代がくることの先触れだったのですね…。

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

2010年3月 5日 (金)

金融崩壊の意味

この記事を精神世界系のカテゴリーとするか、政治ネタとするか…迷いましたが、情報ソースがチャネリングなのでいちおう「精神世界」カテゴリーとしておきます。
「ふるやの森」に「金融崩壊はポジティブな現象です」という興味深い記事が載っていました。以下引用です。

金融崩壊の意味を理解しておくことが重要です。この現象に不安を感じている人々も少なくありませんが、すでに開始している金融機関の破たんは新しい見方でとらえる必要があります。金融崩壊:貨幣流通に基礎をおく世界的な金融操作システムの破たんは、起きるべくして起きている現象なのです。アメリカと他の国々で起きようとしているのは過去の「大恐慌」とは別の現象です。アメリカでは、これから景気が大幅に後退します。これまで数ヶ月間アメリカ市民が体験した経済不安は、これからも続きいっそう悪化していきます。世界の他の国々でも同じ体験をすることになりますが、強い影響を受けるのはアメリカの金融機関とのつながりの深い地域になるでしょう。これまでに起きた出来事がこれからも起き続けることになりますが、それは深い意味のあるプロセスなのです。金融崩壊は地球の進化にとって新しい変化をもたらすために必要なポジティブな出来事であると理解してください。

まさにそのとおりだと思います。一昨年サブプライムローン問題が発生して以来、金融崩壊は今も世界中で進行していますが、これはとりもなおさず僕が前エントリーで指摘した、資本主義の成立とともに世界を支配してきた「国際金融資本」「イルミナティ」の崩壊を意味するからです。彼らこそ、過去数百年にわたって事実上世界を牛耳ってきた「闇権力」の正体であり、「古い世界」を代表する存在です。

今、彼らは自分たちの権益にしがみつくための「最後のあがき」をしているところだと言えるでしょう。だからこそ、「新しき御世」に向かうためには彼らの復権を許してはならない、日本の政治レベルでは国際金融資本の手先として働いてきた自公政権を復権させてはならないのです。彼らの権力が完全に払拭されてこそ、「新しき御世」の扉も開くと僕は確信しています。

精神世界つながりで僕や当ブログを知った人は、「金子はなんでまた突然狂ったように政治の話を始めたのか?」と戸惑っている人も多いかもしれません。ツイッターとの出会いがきっかけにはなっていますが、基本的に僕にとっては同じことなんです。政治的な真実を明らかにすることも、アワの歌を歌うことも。どちらも「古い世界を終わらせ、新しき御世の扉を開く」ことがその目的で、それを違う切り口でやっているに過ぎません。「精神世界村」の人たちは心の世界ことや、光が見えたとか、神様のメッセージを受け取った…といったことには関心があっても、現実の社会、三次元世界のことは無関心になりがちです。ですが、僕はそういうスタンスをとりたくありません。すべてはつながっていて、「ひとつ」なのですから。この世のことは、あの世の世界、神の世界、魂の世界の反映です。それを無視していては「新しき、うれしき御世」の実現もない、と僕は思っています。

新たなものが現れるには、古いものがすべて終わらなければならない。

              ジッドゥ・クリシュナムルティ

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

2010年3月 2日 (火)

クリシュナムルティとの出会い

久しぶりに精神世界系の話題です。ツイッターにkrishnamurtibotというのがあって、インドの高名な霊的指導者、クリシュナムルティの格言を1時間に一回自動的につぶやいてくれるのですが、これがすこぶるいい。クリシュナムルティというと「難解」というイメージがあって今まで敬遠していたのですが、ツイッターから流れてくる格言は実にシンプルで明快、ダイレクトに魂の琴線に触れるものが多いと感じます。例えばこれ。

執着のあるところに愛はなく、依存があるところには恐怖がある。

たしかこのテーマに近いことをずいぶん前に当ブログでも取り上げたことがありましたが…そうそう、これこれ。このとき延々と言葉を尽くして僕が伝えようと努力し、それでも「こんなんで伝わるのかな」と今ひとつ不完全燃焼だったことを、クリシュナムルティはこの短い言葉の中で完璧に伝えています。素晴らしい…。

もう一つ。

教育や社会は、われわれを戦争に送り出し、われわれにとってかけがえのない美や心の優しさ、喜びの気持ちといったものをことごとく破壊しているのである。

今の教育は、基本的に「押し付ける」ものになっています。つまり自分自身の中から沸き上がってきたものより、外部にある「正しいとされているもの」に従いなさい、というのが「教育」になっているのです。しかし、そのことが「かけがえのない美や心の優しさ、喜びの気持ちといったものをことごとく破壊している」…まさにそのとおりだと思います。

教育は本来人間の可能性を「引き出すもの」であって「押し付けるもの」であってはならない。そこを今の教育は根本的に履き違えてるんですよね。「自分自身を愛し、信じる」この人間にとって最も根本的に重要な資質を身につけることこそ、教育の最大の目的であるべきなのに、今の教育は「自分自身を否定し、外側にある何かに依存する」ことを教えている。僕の人生もこの根本的な間違いを修正することに、そのほとんどのエネルギーが費やされてきたように思います。今もまだ、それは続いていますね。

krishnamurtibot、お薦めですよ。このためだけにツイッターに入っても損はないでしょう。

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!