PR

本日のつぶやき

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 「悪党とトルコのエリートたちの統一チームは、シリアで石油を産業規模で盗んでいる」とロシアが公式発表!!今日を境にロシアは世界の覇権を握ったと言っても過言ではない。もはやNATO、西側諸国でロシアに逆らえる国はないだろう。 | トップページ | イスラム教には「お金を貸して利子を取る商売をしてはいけない」と言う戒律がある。このことこそが、数々の偽旗テロ事件で「犯人はイスラム過激派」とされてきたことの原因だろう。マスコミのプロパガンダに騙されてはいけない! »

2015年12月 5日 (土)

シリアでのIS空爆を激化する有志連合は、はたしてロシアの思惑に同調しているのか、あるいは金融マフィア・戦争屋勢力に同調しているのか?それがこの「テロとの戦い」が、第三次世界大戦にまでつながるかどうかの分岐点になるかもしれない。

面白い!と思った方はクリックお願いしますm(_ _)m

12月2日にロシアによる「トルコ・エルドアン大統領とその家族が、ISの石油密売に関与している」という情報公開が始まって以来、トルコは追いつめられる一方のようです。

露国防省、非合法石油のトルコ通過の様子を撮影したビデオ公開(スプートニク)

ロシア:ガス・パイプライン計画凍結へ トルコ制裁拡大(毎日新聞)

トルコのTwitterユーザー、エルドアン大統領の「DAESH(IS)」との石油取引への参加を確信(スプートニク)

仏軍事専門家「欧州はトルコに責任を求める時が来た」(スプートニク)

特に日本の読売新聞(日本のマスコミの中でも特に金融マフィア寄りだと思われるメディア)が以下のように報じているのは注目に値するでしょう。

欧米情報当局「イスラム国がトルコに石油密売」(読売新聞)

【パリ=石黒穣】イスラム過激派組織「イスラム国」から大量の石油がトルコに密輸されているとの見方は、欧米情報当局の間でも強い。

 米軍特殊部隊は今年5月、シリア東部で「イスラム国」の石油事業責任者を殺害した。英有力紙ガーディアンは、同部隊がその際押収した文書から、「トルコ当局者と『イスラム国』上層部の直接取引が明確になった」と伝えた。

 米国主導の有志連合による空爆は、「イスラム国」の拠点などに加え、その支配地域にある石油精製所やパイプラインも主要な目標としてきた。その結果、「イスラム国」の石油生産量は最盛期に比べて半減したが、それでも日産3万~4万バレルに上り、毎日100万~150万ドル(1億2000万~1億8000万円)の収入をもたらしているといわれる。

もはやロシアのみならず国際社会全体から愛想を尽かされ、エルドアン政権がギブアップするのは時間の問題ではないでしょうか。

ここに来て気になるのは、米、英、仏、独の有志連合が、一段とシリアへの空爆を激化していることです。

対IS攻撃、英仏独も積極姿勢に 米主導の有志連合(朝日新聞)

 有志連合を率いる米軍は昨年8月、イラク政府の要請を受けてイラク領内の空爆を始め、米国内の世論の高まりを受けシリア領内へと空爆範囲を拡大。親米のサウジアラビアなど周辺国が有志連合の一角として参加していた。

 だが、パリの同時テロにISが関与したと断じたフランスは、テロ2日後からシリア領内の空爆強化に動いた。地中海に展開した主力空母シャルル・ドゴールの艦載機も投入し、これまでにシリアとイラク両国で計32回の空爆を実施した。

 一方、仏軍との連携に動いた英国は、ISによるテロ防止に「あらゆる必要な手段をとる」とした11月の国連安保理決議も理由にあげ、昨年9月に始めたイラク領内の空爆をシリアに拡大する方針に転じた。英メディアによると、キプロスの英空軍基地にあるトルネード戦闘機8機のほか、シリア空爆にはタイフーン戦闘機6機などが参加する。

 一方、有志連合とは別にシリア空爆を加速するロシアのプーチン大統領は3日、上下両院議員を集めた年次教書演説で「1国の力だけで国際的なテロリズムに勝利することは不可能だ」と述べ、米欧と連携する姿勢を改めて示した。(パリ=渡辺志帆、ワシントン=峯村健司)

上記の朝日新聞の記事では、ロシアと有志連合が同調してシリア空爆をやっているように受け取れますが、そもそも両者のスタンスは全く異なります。ロシアはシリアのアサド政権の要請を受け、アサド政権をバックアップするためにISを攻撃していますが、アメリカをはじめとする有志連合は、アサド政権の退陣を要求して、シリア内の反政府勢力をバックアップしてきたのです。

これまでも当ブログでは何度も指摘してきましたが、そもそもISはアメリカCIAとイスラエル・モサドが養成した傭兵部隊です。目的は金融マフィア・戦争屋の戦争ビジネスを、中東でISがテロ行為を繰り返すことによって拡大することにあります。最終的にはシリアの石油利権を奪い取り、シリアの金融システムを乗っ取ることにあると言えるでしょう。これは金融マフィア・戦争屋がイラクやリビアでやってきたことと全く同じパターンです。そして、金融マフィア・戦争屋の総本山といえる国は、アメリカイスラエルなのです。

ですから、アメリカは空爆と言っても、本気でISを攻撃して来ませんでした。(詳細はこちら)1年以上空爆を続けていながら、一向にISを駆逐できなかったのはそのためです。有志連合の目的はISを攻撃することではなく、そのふりをしてシリアのアサド政権、シリア国民を傷めつけることにあったと言っても過言ではないでしょう。

ところが、ロシアが10月以降シリアでのIS空爆に参加して以降、ロシアの攻撃は有志連合のようなヤラセ攻撃ではありませんから、あっという間にISを追い詰め、1ヶ月もするとシリア国内のISの大半を駆逐するまでに成果を上げてしまいました。こうなると、誰が見ても「1年以上も空爆を続けて、有志連合は一体今まで何をやっていたんだ?」という疑惑が生じます。

そこで起きたのがトルコ軍によるロシア爆撃機の撃墜事件、そしてロシアによって暴露された、トルコ・エルドアン大統領とその家族がISの石油密売の関与疑惑です。トルコは金融マフィア・戦争屋の仲間で、ISによるヤラセ・テロで甘い汁を吸っていて、中心的な役割を担っていたことが濃厚になりました。恐らくエルドアン政権はこれ以上言い逃れすることは難しく、時間の問題で退陣することになるでしょう。

そこで問題になるのが、米、英、仏、独の有志連合軍のスタンスです。これには大きく分けて2つのシナリオが考えられます。

  1. 有志連合は考え方を変え、ロシアに同調して本気でISを空爆している。
  2. 有志連合は相変わらず戦争屋の意向に添い、ISを空爆するふりをしてアサド政権、シリア国民を痛めつけている。

これがどっちに傾くかによって、今後の世界情勢、この「テロとの戦い」が第三次世界大戦にまでつながる可能性があるのかどうかが、大きく左右されると言えるのではないでしょうか?

特にフランス・オランド政権のスタンスは重要です。いまフランスが2のシナリオで動いているとすれば、先のパリ同時多発テロ事件もフランス政府が主導した偽旗テロの疑いが極めて強くなるからです。その場合はオランド政権は謀略のために自国民を殺したことになってしまい、トルコのエルドアン政権以上の極悪非道…と言わざるを得ません。フランスが1のシナリオで動いている場合は、パリのテロ事件に政府が関与している可能性は低くなると言えるでしょう。

そして有志連合全体が1のシナリオで動いている場合は、金融マフィア・戦争屋勢力はほとんど力を失い、追い詰められていることになるので、今後大きな戦争に繋がる可能性はかなり低くなるでしょう。2で動いている場合は、世界は有志連合をはじめとする西側諸国が中心の金融マフィア勢力と、ロシアを筆頭とする反金融マフィア勢力の真っ二つに別れて対立することになり、第三次世界大戦に繋がる可能性が高まると言えそうです。そうなってしまったら戦争屋の思惑通りになってしまい、まだ世界は金融マフィア・戦争屋勢力に翻弄される時代が続くことになるでしょう。

もちろん日本もこの世界情勢の流れに傍観者でいることはありえません。第三次世界大戦ということになってしまったら、アメリカをはじめとする西側諸国は自衛隊の参戦を要求するでしょう。(そのために安保法制を強引に大急ぎで通したわけでしょうから)

さらに、安倍政権は今や世界屈指の「親金融マフィア・戦争屋政権」です。現に安倍首相は先のCOP21の時に(戦争屋仲間の)イスラエル・ネタニヤフ首相と、トルコのエルドアン大統領と会談しています。ということは、トルコと同じように、安倍政権は裏でISと手を組んでいた可能性が考えられます。つまり、トルコが売りさばいていた、ISが密売した石油が日本にも入ってきていて、それを安倍政権が手引していた可能性があり得るわけです。今こそ野党はここを追求して欲しいですね。もしその通りなら安倍政権は一発で吹っ飛ぶでしょう。

ロシア・プーチン大統領はもちろんこうした流れをすべて把握した上で、慎重に戦略を練っていることでしょう。まずはロシア爆撃機を撃墜して「虎の尾」を踏んだトルコ・エルドアン政権を情報戦で血祭りにあげ、そのことで他国にも睨みを効かせて、ロシアの意向に逆らえない方向に持っていく戦略だと思います。なにせロシアは先のG20で「世界の40カ国がISに資金提供している証拠を握っている。その中にはG20加盟国も入っている」と発表済みですから、身に覚えのある首脳は、心臓をバクバクさせながらトルコ・エルドアン政権の行く末を見守っていることでしょう。これまでのところ、その戦略は非常にうまく行っているように見えます。

いずれにしろ有志連合各国の思惑は、ロシアから見ればじきに丸見えになるでしょうから、そうなれば次の展開が見えてくるでしょう。年末から来年にかけ、さらにもう一波乱あるかもしれません。

« 「悪党とトルコのエリートたちの統一チームは、シリアで石油を産業規模で盗んでいる」とロシアが公式発表!!今日を境にロシアは世界の覇権を握ったと言っても過言ではない。もはやNATO、西側諸国でロシアに逆らえる国はないだろう。 | トップページ | イスラム教には「お金を貸して利子を取る商売をしてはいけない」と言う戒律がある。このことこそが、数々の偽旗テロ事件で「犯人はイスラム過激派」とされてきたことの原因だろう。マスコミのプロパガンダに騙されてはいけない! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「悪党とトルコのエリートたちの統一チームは、シリアで石油を産業規模で盗んでいる」とロシアが公式発表!!今日を境にロシアは世界の覇権を握ったと言っても過言ではない。もはやNATO、西側諸国でロシアに逆らえる国はないだろう。 | トップページ | イスラム教には「お金を貸して利子を取る商売をしてはいけない」と言う戒律がある。このことこそが、数々の偽旗テロ事件で「犯人はイスラム過激派」とされてきたことの原因だろう。マスコミのプロパガンダに騙されてはいけない! »