PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« パリ同時多発テロ事件以来、緊迫する中東・欧州情勢。ここでトルコ軍がロシア軍用機を撃墜するという事件が起きてしまい、一気に戦争の危機に!!…しかし、日本がこの戦争に巻き込まれないための切り札が存在する。鍵を握るのはやはりプーチン。 | トップページ | なぜ世界から戦争がなくならないのか?なぜ世界には飢えて死ぬ人がなくならないのか?なぜ恐ろしいほどの貧富の差があるのか?なぜ日本は原発をやめることが出来ないのか?…こうした根源的な問題を突き詰めると、一つの原因に行き着く。それは… »

2015年11月25日 (水)

ロシア軍爆撃機撃墜事件の続報。この一連の情報を読めば、多くの人の脳裏に事件の背景が浮かび上がるのではないだろうか?プーチン大統領には引き続き「ISに資金提供していた40カ国」の情報公開を求めたい。

面白い!と思った方はクリックお願いしますm(_ _)m

昨日起こったトルコ軍によるロシア軍機の撃墜事件、今日も次々と続報が入ってます。主なものをピックアップしてみます。

NATO加盟国のトルコ軍がロシアの戦闘機を撃墜、NATO対ロシアの構図を作ろうとしている可能性(櫻井ジャーナル)

 本ブログでは何度も書いているが、現在、ロシア軍の空爆で壊滅的な打撃を受けているIS(ISIS、ISIL、ダーイッシュなどとも表記)と最も密接な関係にあるのはトルコ政府。これまでISを含む反シリア政府軍に拠点を提供、兵站ラインはトルコからシリアへ延び、その兵站ラインをトルコの軍隊や情報機関が守ってきた。

 ここにきてロシアはISの石油関連施設や燃料輸送タンカーを破壊、アメリカ軍も警告つきながら、攻撃を始めた。その石油を扱っている会社としてサウジアラビアのARAMCOやアメリカの会社でカタールに大きな影響力を持っているエクソン・モービルといった名前が挙がっているが、盗掘から業者まで運んでいるのがトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領の息子が所有するBMZ社だと言われている。トルコのジェイハンからタンカーでイスラエルへ輸送し、そこで偽造書類を受け取ってEUで売りさばくという仕組みだともいう。ロシア軍やアメリカ軍の空爆でエルドアンは個人的にも厳しい状況に陥っている可能性が高い。

 これまでもトルコはNATO軍対ロシア軍という構図を作ろうとしていた。言うまでもなくトルコはNATO加盟国であり、トルコとロシアが戦闘になれば自動的にNATO軍対ロシア軍という構図ができあがる。撃墜した相手がロシア軍機だということはトルコ軍がわからないはずはなく、報復攻撃を誘うためにロシア軍機を撃墜したのかもしれない。トルコ政府はギャンブルに出たのかもしれないが、そうした展開になる可能性は小さいだろう。ギャンブルは失敗することが圧倒的に多い。

なんと、トルコ・エルドアン大統領の息子が所有する会社が、ISが盗掘した石油を売りさばいていたのだということです。ある意味ロシア機撃墜は、息子の商売をロシアの邪魔されたエルドアン大統領の「私怨」もあるのかもしれないという、なんとも情けない話。

しかし、ISの石油を売りさばいた会社名までわかっているのなら、売った先がどこの国かも調べればわかるかもしれませんね。あるいは、日本も入っているかも…前回も言いましたが、そうだとしたら安倍政権は終わりです。

スプートニクの記事にも「我々は、占拠された地域から大量の原油と石油製品がトルコ領内へ送られているという事実をずいぶん前から確認している。そこから、徒党集団の多額の金銭補給が行われている」というメドヴェージェフ首相の談話が掲載されています。

次はプーチン大統領のコメント。

プーチン大統領:シリアにおけるロシア機スホイ24への攻撃は「裏切り行為」(スプートニク)

1217757

ロシアのプーチン大統領は24日、ヨルダンのアブドッラー2世国王と会談し、ロシア機スホイ24をめぐる事件について、次のようにコメントした。

「シリアでのスホイ24の墜落は、テロリズムとの通常の戦いの枠外であり、これはテロリストの共謀者たちによるロシアに対する裏切り行為だ。」

「ロシア機スホイ23はトルコ機の空対空ミサイルによってシリア上空で撃墜された。」

「ロシアのパイロットとロシア機は、トルコにいかなる脅威も与えなかった。これは明白だ。」

プーチン大統領「スホイ24はトルコにいかなる脅威も与えていない」
© AP PHOTO/ HABERTURK TV
プーチン大統領「スホイ24はトルコにいかなる脅威も与えていない」
「ロシア機は、トルコとの国境から1キロのシリアで攻撃され、(国境から)4キロの場所に墜落した。」
「シリアで撃墜されたロシア機は、「IS(イスラム国)」との戦いに関する公然たる任務を遂行し、テロリストに対する予防的攻撃を行っていた。」

「ロシアは、ISが管理下に置く油田から(採掘された)原油がトルコ領内にたくさんあることを、ずいぶん前から確認していた。」

「トルコは、ロシアが米国とこのような出来事を防止するための合意を締結したにもかかわらず、ロシア機を攻撃した。」

「シリアにおけるロシア機をめぐる悲劇は、ロシアとトルコ関係にとって深刻な影響を持つことになるだろう。」

「ロシアは、トルコに対して、隣国としてだけでなく、友好国として接していた。これは誰にとって必要だったのか?分からない。しかし、(これを必要としていたのは)我々ではない。」

プーチン大統領は、「トルコがロシア機をめぐる事件についてNATOのパートナーに訴えたことについて、NATOをISのために役立たせようとしているかのようだ」と指摘した。

またプーチン大統領は、「ロシアは、国際社会が、共通の悪であるテロリズムとの戦いで団結するための力を自らの中に見出すことに期待している」と述べた。

プーチン大統領はまた、「ロシア機スホイ24に対する攻撃のような犯罪が実行されることを、ロシアはこれ以上許さない」と指摘した。

プーチン大統領もまた、トルコがISと原油を取引していたことに言及しています。その資金がテロリスト集団の財源になっていたわけで、トルコはISに資金提供していた40カ国の中に入ることは確定ですね。

次はRT(ロシア・トゥデイ)の翻訳記事。この中でプーチンはトルコも「40カ国」の一つだったとはっきり明言しています。

プーチン「テロリストの共犯、トルコの裏切り行為」ロシア機撃墜事件(世界の裏側ニュース)

テロリストの指揮によってシリアからトルコへと石油が運搬されていることを、ロシアは長い間知っていたとプーチン。その資金がテロリスト集団の財源になっている。

プーチン:「イスラム国は石油の密売から得られた数億ドル、あるいは数十億ドルという莫大な資金を有しています。

さらにテロリスト集団は一国の軍部によって守られてさえいます。彼らがあれほどまでに大胆に、そして厚かましく行動している理由がこれでお分かりでしょう。

なぜテロリスト集団があのような残忍な方法で人々を殺しているのか。

なぜ彼らが、ヨーロッパの中心地を含めた世界中でテロ行為を行っているのか」


シリア国内でのこのような事件を防止するためにロシアがアメリカとの間の協定に署名するところであったにもかかわらず、ロシア戦闘機の撃墜が起きたということをプーチンは強調し、さらにトルコはアメリカ主導のイスラム国への戦闘の一部だと同国が主張していると続けている。

この事件によって、ロシアとトルコ両国間の関係に憂慮するべき帰結をもたらすことになると同氏は警告を発している。

ここでは40カ国は単にISに資金提供していただけでなく、「テロリスト集団は一国の軍部によって守られてさえいます」と更に踏み込んだ発言をしていますね。

そして撃墜されたロシア機の乗員2名はパラシュートで脱出しましたが、1名が降りるまでに地上から銃撃され、命を落としています。また、救出に向かったロシア軍のヘリまでもが砲撃され、そこでも1名が命を落としました。

これがトルコ軍の仕業なら、領空侵犯が事実だとしても、いくらなんでもやり過ぎだと言う批判がネット上で流れましたが、どうやらこれはトルコ軍の仕業ではなく、シリア反政府軍がやったようです。ロシア軍機が墜落したのはシリア領内の反政府軍が抑えている地域だったので、これはやむを得ないかもしれません。反政府軍はロシアに徹底的に空爆で痛めつけられていましたから、恨み骨髄でしょうからね。

パラシュート降下するロシア兵を銃撃するシリア反政府軍

Su-24戦闘機墜落現場近くで、ロシア製のヘリコプターを攻撃したとFSA自由シリア軍が主張

さて、最後はかなり決定的といえるかもしれない、この記事。

トルコ政府が独断でロシア軍機を撃墜できないという見方が強く、米国支配層が黒幕だった可能性(櫻井ジャーナル)

 トルコ側は撃墜しようとしている相手がロシアのSu-24だということは最初からわかっていたはずで、今回の攻撃はアメリカ側から承認されていたと考えるのが常識的。ロシアのミサイルや電子戦能力にショックを受けているであろうアメリカ側は、ロシアがトルコの攻撃にどう対処するかを監視するための要員を送り込んでいたはずだと考える人も少なくない。

 アメリカ側に撃墜を承認したグループが存在しているとするなら、それはネオコン/シオニストだろう。ビクトリア・ヌランド国務次官補やジョン・マケイン上院議員が属している勢力だ。

 すでに書いたことだが、マケイン上院議員を中心とするグループがトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領に対し、国防総省はバラク・オバマ大統領と対決する用意ができていて、これを知っているロシアはシリアから手を引くと伝えたとする情報がアメリカから流れていた。ちなみに、ロシア軍によって配下のアル・ヌスラ/AQIやISが壊滅的なダメージを受ける中、マケインのネオコン仲間であるリンゼイ・グラハムはロシアの航空機を撃ち落とせと語っていた。

 マケインとエルドアンの話が事実だった場合、世界はきわめて危険な状態になる。ロシア政府がネオコンの脅しに屈するとは考えられず、実際、ミサイル巡洋艦のモスクワを海岸線の近くへ移動させ、何らかの敵対的な行動が予想された場合は攻撃すると警告した。そこへフランスの空母ド・ゴールとアメリカの空母ハリー・S・トルーマンが向かっている。

 蛇足だが、安倍晋三をはじめとするグループが服従している相手はネオコン。アメリカを戦争へ引きずり込むため、日本が暴走させられることもありえるだろう。

…どうでしょうか、なんとなく事件の背景が浮かび上がってきたのは僕だけではないと思います。

今回の事件は、もしロシアが怒りに任せてトルコに武力行使していたら、NATO加盟国に対する攻撃ということで、NATO諸国が集団的自衛権を行使し、ロシアと全面戦争、第三次世界大戦の勃発と言う事態にもなりかねなかったため、非常に緊張した空気が流れましたが、今のところロシア・プーチン政権は自制していて、そこまでは踏み込んでいません。

僕個人としては、やはりプーチン大統領には「ISに資金提供していた40カ国」の情報を公開して欲しいと強く思います。今回のことでトルコがその中に入っていることは明らかにしましたが、それ以外については引き続き沈黙を守っています。これを公開することがNATO諸国を黙らせる最大の武器になると思うのですが…。

繰り返しになりますが、その中にもし日本が入っていれば、安倍政権は終わりでしょう。スプートニクの記事によれば、モスクワ国際関係大学、国際調査研究所の上級研究員、アンドレイ・イヴァノフ氏は「ISの石油購入国リストにはトルコ以外にEU、米国、日本も入っているという証拠がある」と述べています。

« パリ同時多発テロ事件以来、緊迫する中東・欧州情勢。ここでトルコ軍がロシア軍用機を撃墜するという事件が起きてしまい、一気に戦争の危機に!!…しかし、日本がこの戦争に巻き込まれないための切り札が存在する。鍵を握るのはやはりプーチン。 | トップページ | なぜ世界から戦争がなくならないのか?なぜ世界には飢えて死ぬ人がなくならないのか?なぜ恐ろしいほどの貧富の差があるのか?なぜ日本は原発をやめることが出来ないのか?…こうした根源的な問題を突き詰めると、一つの原因に行き着く。それは… »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パリ同時多発テロ事件以来、緊迫する中東・欧州情勢。ここでトルコ軍がロシア軍用機を撃墜するという事件が起きてしまい、一気に戦争の危機に!!…しかし、日本がこの戦争に巻き込まれないための切り札が存在する。鍵を握るのはやはりプーチン。 | トップページ | なぜ世界から戦争がなくならないのか?なぜ世界には飢えて死ぬ人がなくならないのか?なぜ恐ろしいほどの貧富の差があるのか?なぜ日本は原発をやめることが出来ないのか?…こうした根源的な問題を突き詰めると、一つの原因に行き着く。それは… »