PR

本日のつぶやき

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 英国の野党、労働党の党首として彗星のように現れた男、ジェレミー・コービン!なんと金融マフィアから通貨発行権を奪い返すことを公約に!! | トップページ | 経済アナリスト、藤原直哉氏が読み解く世界経済と世界情勢の行方。大変に示唆に富む内容なので、ぜひ注目していただきたい。 »

2015年10月21日 (水)

TPP交渉はすべてが「誤魔化し」と「騙し」で進んでいる!日本国民にとってはほとんどメリットはなく、逆に日本の国益を日本人から剥ぎとって、米金融マフィア傘下の企業に献上してしまう…それがTPPの実態であり、安倍政権のやっていること。

面白い!と思った方はクリックお願いしますm(_ _)m

TPPの本質はISD条項にある、マスコミでそのことをちゃんと伝えている例は殆ど無い…と以前の記事で書きましたが、例外がありました!

関西ローカルの番組ではありますが、「教えて!ニュースライブ 正義のミカタ」という番組で、TPPの危険性の肝であるISD条項についても詳しく解説していました。下記動画をご覧ください。

ISD条項のことも含め、大変わかり易く伝えてくれてますね。この番組は貴重な存在です。

もう一つ、番組の指南役としてTPPの解説をしたジャーナリストの堤未果さんが、別のラジオ番組「ラジオ版 学問のススメ」でたっぷり1時間、TPPの解説をしている音声もあります。堤さんは最もTPPに詳しい日本人ジャーナリストの一人だと思います。

このふたつの番組を押さえておけば、TPPのアブナイ部分に関しては、ほぼカンペキに理解できると思います。

さて、僕はTPPの危険性については前回の記事でも言ってるので、ここではちょっと違う部分にコメントしてみたいと思います。

それは「教えて!ニュースライブ 正義のミカタ」の番組後半の最後の部分、11分45秒ぐらいのところに注目して欲しいのですが、堤未果さんがこう言ってます。

「東京じゃ私、こんなこと(TPPの危険性)言わせてくれないんですよ。ダメって言われるの。東京でテレビに出た時は『これは言うな、これは言うな、医療のことは言うな』って。…ダメです。右から左まで全部ダメなんで、大阪から全国に広めてくださいよ、真実を」

…はい、毎度のことですが、これ一つとってもテレビメディアがいかに腐敗しているかがわかりますね。僕も元テレビ業界人で、30年テレビの仕事をしてきた人間ですからだいたい分かるんですが、番組サイドがあらかじめ政権からクレームが付きそうな内容をリストアップして、「これらのことは言っちゃダメ!」と自主規制しちゃうんですよね。僕がテレビの仕事していた時も、そういう場面を何度か目撃したことがあります。

でも見てください、この番組のゲストのタレントさんたちも、誰もこの事について知らなくて、皆びっくりしてましたよね。これが平均的日本人のリアクションでしょう。「こんなもの、大筋合意しちゃダメでしょ!」って薬丸さんが言っていました。誰だってそう思いますよ、真実を知れば。

それを政府とマスコミが結託して全部隠蔽して、「TPPは関税を撤廃する条約」という部分ばかりをクローズアップして、危険な部分はほとんど国民が気が付かないようにして、その間にこっそり条約を結んでしまおうとしてるんですね。

その上で、堤さんが指摘していたように、アメリカの原文には入っていない「大筋合意」という言葉をでっち上げて、なんとなく「もう決まってしまったことなんだ」という雰囲気を演出して、日本国民を諦めさせようとしてるんですね。実に姑息です。このように、すべてが「誤魔化し」と「騙し」で進んでいるのがTPP交渉の現実です。

実際はちゃんと合意するまではあと1〜2年かかるし、その後に各国の国会で採決して通らなければ正式に決まったことにはなりません。まだ諦めるのは早いんです。

これでお分かりのように、日本国民にとってはほとんどメリットはなく、逆に日本の国益を日本人から剥ぎとって、米金融マフィア傘下の企業に献上する…それがTPPの実態であり、安倍政権のやっていることなんですね。これ一つとっても、どれだけ安倍政権が米金融マフィアの犬で、日本の国益を裏切る売国奴かというのがわかりますね。

…ところで、お分かりのように、東京キー局の全国ネット番組では絶対に言えないことでも、こういう大阪のテレビ局制作の関西ローカル番組だったら、これだけの番組を作れたりするんですよ。これは大阪に限らず、テレビと言うのは地方局制作のローカル番組ほど、制限が少なくてまともなことが言えたりするんですよね。

これはやはり影響力の大きさの問題で、東京では常に政権が番組をチェックしているであろうことと、全国ネットだと影響力が大きいのでなおさら…ということだと思います。

だから地方に行くほど、ローカル番組であるほどまっとうな番組が作られていたりするんです。影響力が小さいですからね。また以前「ラジオのほうがテレビよりずっと発言の自由度が高い」ということも書きましたが、それも同じ理由です。

でも、やっぱり全国ネットの番組比べれば見ている人は少ないですから、結果全国民には伝わらない、ということになってしまうんですよね。

なので皆さん、せめてネットを通じて少しでも多くの人にこのTPPの真実の情報を伝えましょう!この記事の拡散にご協力をおねがいいたします!m(_ _)m

« 英国の野党、労働党の党首として彗星のように現れた男、ジェレミー・コービン!なんと金融マフィアから通貨発行権を奪い返すことを公約に!! | トップページ | 経済アナリスト、藤原直哉氏が読み解く世界経済と世界情勢の行方。大変に示唆に富む内容なので、ぜひ注目していただきたい。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 英国の野党、労働党の党首として彗星のように現れた男、ジェレミー・コービン!なんと金融マフィアから通貨発行権を奪い返すことを公約に!! | トップページ | 経済アナリスト、藤原直哉氏が読み解く世界経済と世界情勢の行方。大変に示唆に富む内容なので、ぜひ注目していただきたい。 »