PR

本日のつぶやき

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 野田聖子氏は自民党総裁選出馬を断念。しかし、野田氏以外にも安保法案に疑問を持っている自民党議員は少なくないという。自民党はいつから自由な議論ができない政党になってしまったのか? | トップページ | ついに日本のエリート層が米金融マフィアに反逆の狼煙を上げた!?国際協力銀行の前田匡史代表取締役が「ロシアに対しドルに代り円での決済を提案している」と発言! »

2015年9月 9日 (水)

金融マフィアとは何者か?リビアのカダフィ大佐、「生活の党…」の小沢代表の定例会見、そして警察の裏金問題。一見関係ない3つの話を取り上げることによって、その実態を浮き彫りにしてみる。

面白い!と思った方はクリックお願いしますm(_ _)m

今回は当ブログで頻繁に使っている「金融マフィア」という概念について、参考になる話を書いてみようと思います。一間バラバラの話のように思えますが、密接につながっています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最初はアフリカのリビアの話。リビアのカダフィ大佐がリビア戦争で亡くなって、既に4年以上が過ぎています。皆さん、カダフィ政権下のリビアがどんな国だったか、知っていますか?こちらにそのことをまとめたブログ記事があります。


リビアがどんな国だったか、内容をちょっと引用させてもらうと…

・教育費は無料
・医療費も無料
・電気代はなんとタダ!
・ガソリンはリッター10円
・税金がゼロ!
・ローンに利子は無し!
・全国民に家を持たせた
・新婚夫婦には5万ドル(500万円)の住宅補助金を支給
・失業者には無償で家を支給
・車を購入する際は、政府が半額負担
・農業を始めたい人には土地、家、家畜、飼料など全て支給
・薬剤師になりたい人には必要な経費は全額無料
・子どもを産んだ女性には5千ドル(50万円)を支給
・学校卒業後、仕事に就けない人は、仕事に就けるまで国が相応の給与を支給
・国民の25%が大卒資格者
・石油の売上の一部を、全国民に現金で支給

どうでしょう、信じられますか?カダフィといえば、西側のマスコミでは「独裁者」とか「アラブの狂犬」というイメージで伝えられています。確かに40年間政権を握っていたのですから、独裁者であるとは言えるでしょう。しかし、実際は国民を苦しめるどころか、誰よりもリビア国民のことを思う英雄だったわけです。リビアはアフリカ最大の産油国ですから、もちろんその豊富な資金でこうした国民に対するサービスが可能だったという面はあるでしょう。特に「ガソリンがリッター10円」「税金ゼロ」などは国の経済が石油で潤っていなければ不可能でしょう。

しかし、国民一人あたりのGDPで比較すれば、日本はリビアよりもはるかに豊かな国です。リビアの2000年以降の一人あたりGDPは、二千米ドル台前半〜三千ドルで推移していますが、2014年の日本の一人あたりGDPは、その10倍以上の三万六千ドルを超えています。「ガソリンがリッター10円」「税金ゼロ」は無理としても、その他の面でも日本でカダフィ政権下のリビアのような国民サービスが全く行われないのは、明らかにおかしいのです。…なぜだと思いますか?

そのヒントが下の動画の中にあります。リビア戦争、カダフィ殺害の真実を告発した動画。僕が当ブログで金融マフィアと呼んでいる連中が何をやっているかがよくわかります。

つまり簡単にいえば、金融マフィアたちはこのようにして資源が豊かだったり、自分たちに都合の悪い政策を取るリーダーのいる国の民主化を支援するふりをして侵略し、それらを奪い取り、叩き潰してきたわけです。イラク、シリア、アフガン、ウクライナ…全部金融マフィアにとって邪魔な政権を排除し「民主化」の美名のもと自分たちの奴隷として働く政権を樹立、巧妙に植民地化する…これが彼らのやっていることです。もちろん、日本も第二次大戦以降ずっとその状態にあります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

…さて、話変わって現在の日本。昨日開かれた「生活の党と山本太郎と仲間たち」の小沢代表と山本代表の定例記者会見の動画もご覧頂きたいのです。20分以上の動画なので、時間のない方は11分ちょうどのところからだけでも見てください。

小沢代表が「復興予算としていっぱいお金つけましたといって、10兆円くらい?それがみんな役所の、特会(特別会計)の懐にたまって使われずにある。それなのにメディアでも話題にならない」と述べています。

…そういうことなんです。こんなことがまかり通っていることが、日本でカダフィ政権下のリビアのような国民サービスが実現しない理由です。国富に手を突っ込み、横流しするシステムが確立していて、ダダ漏れ状態になっているのです。そのシステムが存在するブラックボックスとなっているのが「特別会計」という闇です。国会による審議を通さず、事実上官僚が自由にできる予算…しかも80〜90兆円ほどの一般会計の予算の4倍ほどもある330兆円規模ともいわれています。

ここから日本の国富を吸い取っているのが官僚機構であり、そのバックに居る金融マフィアであることはほぼ間違いないでしょう。2002年に暴漢に刺殺された民主党の石井紘基議員は、この「特別会計の闇」を暴く決定的な証拠を掴んでいたとも言われています。彼は「明日の国会で日本がひっくり返るほどの情報を暴露する」と言って、その当日の朝殺されました。その時石井議員が持っていたカバンは、握りしめていた指を切断して奪い去られたそうです。果たしてこの時石井議員が握っていた情報は、どこまでこうした秘密に迫っていたのでしょうか…?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、さらに話は変わって、日本の警察の裏金の話。下記の動画は僕が市民メディアの活動を熱心にやっていたころの2年あまり前に撮影した、警察の裏金問題を告発した愛媛県警の元警察官、仙波敏郎さんのインタビュー動画です。

この時点で仙波さんは「告発以来、警察の裏金は40%(金額にして200億円)ぐらい、裏金に伴う冤罪は半分ぐらいに減った」と語っています。つまりは、告発前は警察は年間500億円ほどの裏金を組織的に横領していたということです。予備知識のない方はまさかと思われるかもしれませんが、これも裏がとれている間違いのない現実です。

しかも、仙波さんが告発した当時の2005年、更に定年退職した2009年当時はかなりマスコミでもこのことは取り上げられたのですが、その後警察によるメディアに対する圧力が強くなり、この警察の裏金問題が取り上げられることはなくなったた、と仙波さんは語っています。このインタビューから既に2年以上が経過していますが、あるいは警察は反省することもなくまたぞろ裏金を増やそうと画策しているかもしれません。

年間500億円という金額は、何百兆円といわれる「特別会計の闇」に比べれば小さな金額かもしれませんが、あえてここでこの動画を取り上げたのは「法の番人であるはずの警察ですら、ここまで腐敗している」ということをお伝えしたいからです。「官僚機構が日本の国富を吸い取っている」というと、信じられないと思う人もいるかもしれませんが、それを取り締まる側の警察ですら、この体たらくなのです。(この動画に関するより詳しい情報は、こちらの過去記事にあります。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

リビアのカダフィ大佐殺害の真実、小沢一郎氏の定例会見での発言、そして警察の裏金問題と、一見バラバラの話題を並べてみましたが、真剣にこれらの情報を受け止めてくださった方には、その関連性から見えてくる恐ろしい現実がご理解いただけたのではないかと思います。

つまり、以前に紹介した映画「スライヴ」の言い回しを借りれば、私達が生活している資本主義をベースとした社会には、巨大な「サナダムシ」のような寄生虫が取り付いていて、富・資源・エネルギーを吸い取っているのだということです。そのサナダムシのことを当ブログでは「金融マフィア」と呼んできました。

日本ももちろん例外ではありません。いや、むしろ寄生のされ具合は世界有数の酷さかもしれません。なにせ、この国の官僚機構はほぼこのサナダムシ(=金融マフィア)が支配していますからね。わずか9ヶ月で辞任した鳩山元総理は「自分が現役の総理だった時、官僚たちは総理である自分ではなく、別の者に従っていた」と述べています。そのからくりはこういうことなのです。

鳩山元総理が辞任する原因となったのは沖縄の普天間基地の移転問題ですが、外務省を始めとする日本の官僚は、むしろ積極的に「沖縄から出て行かないでくれ」と米軍に働きかけたといいます。米軍に出て行かれては、その権威をバックに成り立っている自分たちの権益もなくなってしまうからです。つまり日本の官僚機構は、米国金融マフィアの権威を借りた「虎の威を借る狐」なのです。基本的な構造がそうなっているから、警察、検察、裁判所までもが憲法や法律を無視してでもサナダムシの意向に従ってしまいます。政治家も大半はそうです。

だからサナダムシ=金融マフィアはどんどん肥え太り、その宿主である日本国民はますます痩せ細る、という結果になるのです。世界有数の経済大国である日本は、先進国中で国民の貧困率はなんと世界第4位!韓国や、先に経済破綻したギリシャよりも下なのです。(OECD2000年代半ばの統計)つまり、世界で4番目に貧乏人が多い経済大国、それが日本という国なのです。ちなみに日本より貧困率が高い経済大国がありますが、それはもちろんアメリカです。アメリカは金融マフィアに世界一支配された国ですから、もちろん当然のことでしょう。「グローバル企業や国の支配層はどんどん豊かに、一般庶民はどんどん貧しく」それが金融マフィアのやり口です。だから小泉政権が押し進めた新自由主義政策以降、日本もどんどん貧富の格差が広がり、貧困率が上がってきたのです。今も安倍政権がますますそれに拍車をかける派遣労働法の改定などを進めています。

いかがでしょうか。「金融マフィア」の今まで当ブログで呼んできた存在のことを「なにそれ?」と思っていたみなさんも、今回の記事でその実像がなんとなく見えてきたのではないでしょうか?

« 野田聖子氏は自民党総裁選出馬を断念。しかし、野田氏以外にも安保法案に疑問を持っている自民党議員は少なくないという。自民党はいつから自由な議論ができない政党になってしまったのか? | トップページ | ついに日本のエリート層が米金融マフィアに反逆の狼煙を上げた!?国際協力銀行の前田匡史代表取締役が「ロシアに対しドルに代り円での決済を提案している」と発言! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

名前を広めて全国制覇を主張するため『愛媛県今治市 バイクの中島』と印刷された十円玉を全国に広めて暴走していたところ、
裏切りによって『愛媛県今治市波止浜169 中島大士』という十円玉を広められてしまいました。
最終的には、全国 制覇の落書きをした『恒心教大師 中島大士』として有名になってしまいました。
また、調子に乗って元関東 連合の皆様のご家族に極めて重大な危害を加えると宣言したことも反省しています。
ついでに、暴力団関係者の皆様のご家族に極めて重大な危害を加えると宣言したことも反省しています。
反省している証拠として、『中島大士』という名前が印刷されたナカシマタイシコインを買い取りたいと思っています。
つきましては愛媛県今治市波止浜169まで持ってきて頂ければ、1枚1万円で買い取らせていただきます。
この情報はどんどん拡散してください。よろしくお願いします。

住所: 愛知県 春日井市 神領町 414-3
電話番号: 0568-52-1100

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 野田聖子氏は自民党総裁選出馬を断念。しかし、野田氏以外にも安保法案に疑問を持っている自民党議員は少なくないという。自民党はいつから自由な議論ができない政党になってしまったのか? | トップページ | ついに日本のエリート層が米金融マフィアに反逆の狼煙を上げた!?国際協力銀行の前田匡史代表取締役が「ロシアに対しドルに代り円での決済を提案している」と発言! »