PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 安保法案反対の抗議行動に12万人が集結!しかし、その結果が安倍政権を退陣に追い込むだけならほとんど意味は無い。敵の本体は安倍政権ではなく、アメリカの金融マフィア、戦争屋なのだから。 | トップページ | 不正選挙は本当に存在するのか?もしこれが本当なら、安倍政権は存在していなかったのかもしれず、特定秘密保護法や、今審議中の安保法案も、原発再稼働も、TPPも、防衛装備移転三原則も…全てが幻と消える »

2015年8月31日 (月)

今安保法案阻止の一点で野党4党が共闘するのは結構。しかし、下手に深入りして足元をすくわれないように小沢、山本「生活の党…」共同代表にはくれぐれも気をつけて欲しい。いつか、山本太郎総理が実現する日のために。

面白い!と思った方はクリックお願いしますm(_ _)m

Image1_r5

野党4党首 国会前集会で安保法案成立阻止を訴え

民主党、共産党、社民党、生活の党と山本太郎となかまたちの、野党4党の党首が、国会前で開かれた安全保障関連法案に反対する集会であいさつし、法案に反対する世論と連携しながら、法案の成立阻止に全力を挙げる考えをそれぞれ示しました。

この中で、民主党の岡田代表は安全保障関連法案について、「憲法違反の法案であり、国会を通すわけにはいかない。国民が危機感を持って怒っていることを、安倍政権に分からせなければならず、一緒になって法案を廃案にしよう。10年、20年がたってあの時、あなたたちは、何をしていたのかと言われないように、われわれも徹底的に頑張る」と述べました。

共産党の志位委員長は、「審議をすればするほど安倍政権が追い詰められ、まっとうな答弁ができなくなっている。ここまでぼろぼろになった『戦争法案』は廃案にするしかない。安倍政権を羽交い締めにして採決させず、必ず廃案に追い込もう」と述べました。

社民党の吉田党首は、「国会審議では大臣の発言がころころ変わっていて、まさに憲法違反の欠陥法案だ。平和憲法の理念を生かした安全保障政策こそが、今、求められており、政党の立場を越えて、『戦争法案』の廃案に全力を挙げていく」と述べました。

生活の党と山本太郎となかまたちの小沢代表は、「いい加減で馬鹿げた危険な法案を阻止するために、みんなで力を合わせないといけない。法案の成立を阻止して、安倍内閣を退陣に追い込むため最後の最後まで戦い抜く」と述べました。

…まあ、この場で「安保法案反対」の一点で野党4党が共闘するのはいいと思う。この場で「お前らとは考えが違う」などと言ってみても始まりません。

ただし、この中で僕が「信頼に足る政治家」と認めるのは小沢氏だけです。特に民主党は信用出来ない。小沢氏だってほんの数年前、民主党在籍時に身内のはずの民主党議員から袋叩きにあって離党したことを忘れたわけではないでしょう。それでも「そんなことは水に流して、協力できる部分に関しては協力する」ということなんでしょうが…これを小沢一郎という政治家の器の大きさと見るべきかどうかは、正直複雑なものがあります。

一昨日の記事に書いたように、小沢氏が離れてからの民主党は、野党とは名ばかりの「対米隷属政党」であって、自民、公明、民主、維新の四党は与党と野党に分かれてはいても、中身は「同じ穴のムジナ」に過ぎません。民主党内でクーデターでも起きない限り、僕としては小沢氏や山本太郎氏が長期的に今の民主党と協力していくのはちょっと考えられませんね…残念ながら。

正直いって、今の極めて不利な状況では、対米自立派の政治家が圧倒的多数の対米隷属派を数で逆転して主導権を握る…などということは夢物語でしょう。唯一の望みは、世界経済が大恐慌によって破綻し、資本主義の根幹が崩壊することです。金融マフィアの牙城が崩壊するシナリオはそれしかないでしょう…こちらの方は決してあり得ない話じゃない。

日本も財政破綻して、経済的には一度戦後の焼け跡のような状態になるでしょう。その後に再建される「新生日本」でこそ、彼らに思う存分腕をふるってもらいたい。そして、その時にこそ「山本太郎総理」の姿を見てみたい。山本議員には、今のうちに小沢氏から吸収できるものを存分に吸収して力をため、その日のために政治家として大きく成長して欲しい。…そんなことを夢見る今日このごろです。

« 安保法案反対の抗議行動に12万人が集結!しかし、その結果が安倍政権を退陣に追い込むだけならほとんど意味は無い。敵の本体は安倍政権ではなく、アメリカの金融マフィア、戦争屋なのだから。 | トップページ | 不正選挙は本当に存在するのか?もしこれが本当なら、安倍政権は存在していなかったのかもしれず、特定秘密保護法や、今審議中の安保法案も、原発再稼働も、TPPも、防衛装備移転三原則も…全てが幻と消える »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 安保法案反対の抗議行動に12万人が集結!しかし、その結果が安倍政権を退陣に追い込むだけならほとんど意味は無い。敵の本体は安倍政権ではなく、アメリカの金融マフィア、戦争屋なのだから。 | トップページ | 不正選挙は本当に存在するのか?もしこれが本当なら、安倍政権は存在していなかったのかもしれず、特定秘密保護法や、今審議中の安保法案も、原発再稼働も、TPPも、防衛装備移転三原則も…全てが幻と消える »