PR

本日のつぶやき

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 山本太郎議員の言動から目が離せない!ついに国会でジャパンハンドラーの言いなりになっている日本政府の現状を徹底暴露! | トップページ | 「イラク戦争に派遣された自衛隊員は35人死んでいる」…これを全ての日本人が知っていたら、安保法制の議論も全く違うものになっていたのでは?先の山本太郎議員の国会質問に限らず、マスコミは重大ニュースをスルーすることで大衆を洗脳している! »

2015年8月20日 (木)

山本太郎議員の画期的な国会質問は、マスコミでは唯一東京新聞が報じた。しかし、ラジオでは以前から多くの言論人が、山本議員の指摘と同じ内容を語っていた!

山本太郎議員の昨日の画期的な国会質問のニュースは、ネット上ではかなり大きな話題になったものの、残念ながらほとんどのマスコミで黙殺されました。こうやって「重要だけど、権力にとっては都合の悪いニュース」を黙殺して「無かったこと」にして情報操作するのが、マスコミの常套手段です。

そんな中、唯一の例外があの東京新聞でした。これがその記事です。

Cmzd7xqucaiambl

まあ、内容は十分とはいえませんが、それでも唯一マスコミで取り上げてくれただけ、マシというものでしょう。他に夕刊紙で期待できるのが日刊ゲンダイですが、今回はダメだったかな…。週刊誌も取り上げて欲しいですね。

さて、山本議員が指摘した「日本はアメリカの属国状態で何でも言いなりになっている」「安保法制はアーミテージ・ナイ レポートの完全コピー」「砂川判決はアメリカの要請を聞いてその通りの判決を出したもので、その当時から日本の司法は腐っていた」という内容ですが、ジャーナリスト・言論人でこのことを以前から指摘していた人は何人かいます。

僕は結構ラジオをよく聞くのですが、その理由はラジオはテレビよりもはるかに自由度が高く、テレビでは言えないことも、ラジオなら本音を出す人が多いんですよね。ですから、基本的にラジオはテレビよりも信頼できるメディアだと言えます。

この人なんかはその典型じゃないですかね(笑)?ジャーナリストの田原総一朗さんです。この番組の中ではっきりと「安倍政権が安保法制をゴリ押ししているのは、アメリカに命じられたからだ」と断言しています。

田原さんはもしこれがテレビ番組だったら、このことは言わなかったんじゃないかなw?テレビで言えること、言えないことを熟知した筋金入りのテレビ人ですからね。

更にジャーナリストの青木理さん。この方は砂川判決を「この判決は日本の主権を米国に売り渡した売国行為だ」と言い切っています。


それからもう一つ、これは元外務官僚の孫崎享さんの発言です。

はっきりと「砂川判決を出した田中裁判長は、どんな判決を出すかについて、事前に米国と打ち合わせしていた!」と述べています。

…こんなふうにラジオではテレビ・新聞では隠されている本質的な部分が結構伝えられています。テレビを見る暇があったら、ラジオのニュースをチェックしたほうが本当のことがわかるかも…?

« 山本太郎議員の言動から目が離せない!ついに国会でジャパンハンドラーの言いなりになっている日本政府の現状を徹底暴露! | トップページ | 「イラク戦争に派遣された自衛隊員は35人死んでいる」…これを全ての日本人が知っていたら、安保法制の議論も全く違うものになっていたのでは?先の山本太郎議員の国会質問に限らず、マスコミは重大ニュースをスルーすることで大衆を洗脳している! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

山本太郎氏は非常におもしろい存在だと思っていました。
このような直球の発言を国会したことは賞賛に値します。
おもしろい存在だと感じたきっかけは、イスラム国の誘拐事件の時です。
山本氏が「2億ドルの支援を中止して、人質を救出してください」と安倍首相のツイッターにツイートしたとき、正直「余計なことを」とは思いました。
しかし、よくよく検証してみると、かなり意味のある、有意義なものだとわかりました。(多くは非難しておりましたが)
当時の世論ではそのような選択肢は敵に利を与えることにもなりかねない、とのこともあり、議論すらされておりませんでした。
つまり、社会でその議論が消化されないままだったのです。
敵に利を与える、という考えもありましたが、現実に考えれば非常に限定的です。
それよりもそのことが社会で消化されないまま事件にあたり、終えることのほうがより危険なことでした。このことで社会から様々な反応が返り、実際にそれも踏まえてどうするか、というようなことが考えられました。また、社会の分析も可能となりました。
山本氏はそれ以外でも議論が避けられてきたものをはっきりと発言していました。その内容は疑問符がつくものもあったかと思いますが、議論すべきものが多く、私自身が脱原発派だからか、個人的に正しい指摘だと思うものも多かったです。
山本氏は非常におもしろい存在です。彼は代弁者であり、自身の信条がある熱血家です。
ネットを中心に非難されることが多いように感じますが、国会や国において必要な存在になってきていると感じます。むしろ、積極的に支持していくべき存在だというのに同感です。
それにしても、何故これを他の議員は指摘できてこなかったのか。
どこまで本当に支配されているのか、心配にもなります。
ただ、このような存在もありますし、国会でもアメリカ追従法案であることは散々指摘されております。
このことは多かれ少なかれやはり多くの人が考えるべきだと思います。
まず、大手が事実を報道し、知ってほしいですね。

2013年に私のブログに書いた記事ですが、当時の予想通りの進展になりました。

http://satoshi.blogs.com/life/2013/02/csis2.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/62122696

この記事へのトラックバック一覧です: 山本太郎議員の画期的な国会質問は、マスコミでは唯一東京新聞が報じた。しかし、ラジオでは以前から多くの言論人が、山本議員の指摘と同じ内容を語っていた!:

« 山本太郎議員の言動から目が離せない!ついに国会でジャパンハンドラーの言いなりになっている日本政府の現状を徹底暴露! | トップページ | 「イラク戦争に派遣された自衛隊員は35人死んでいる」…これを全ての日本人が知っていたら、安保法制の議論も全く違うものになっていたのでは?先の山本太郎議員の国会質問に限らず、マスコミは重大ニュースをスルーすることで大衆を洗脳している! »