PR

本日のつぶやき

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 「保守 vs リベラル」「右翼 vs 左翼」「改憲 vs 護憲」…これらの昔ながらの政治的対立軸は、本当に重要な論点から注意を逸らすための「猫じゃらし」に過ぎない。 | トップページ | 最近の山本太郎議員の演説・発言は本質を突いている!山本議員の演説をネタに、世界の支配構造を考察してみよう。 »

2015年8月17日 (月)

白井聡と宮台真司が迫る戦後の正体!日本は今の体制のままでは、永遠にアメリカのケツを舐め続けるしかない!?戦後日本にとっては「天皇=アメリカ」

昨日の記事で「日本はアメリカの『属国』であり、言いなりになる便利な『財布』であり、まともな主権国家とは言えない『奴隷』なのです」ということを説明しました。では、なぜそうなってしまったのか?同じく第二次大戦の敗戦国であるドイツはそうはなっていません。ドイツは戦後、国土を東西ドイツに分断され、日本よりも厳しい状態に追い込まれたと言えます。

実は、そこに問題の鍵があります。逆に言えば、なぜ日本はドイツのような厳しい状況に追い込まれなかったのか?本来なら最高責任者である天皇制の解体まで踏み込まれていてもおかしくなかったはずです。また、現在でも日本では8月15日を「終戦記念日」と呼ぶのが一般的です。実際には「敗戦」だったのに、なぜそれを「終戦」と呼ぶのか?

つい最近、このテーマを掘り下げた政治学者の白井聡さんと社会学者の宮台真司さんの対談が、ラジオ番組で放送されました。題して「終戦か?敗戦か?宮台真司と白井聡が迫る戦後の正体」大変興味深い内容になっていますので、是非お聞きください。

【白井聡と宮台真司が迫る戦後の正体!日本は今の体制のままでは、永遠にアメリカのケツを舐め続けるしかない!?戦後日本にとっては「天皇=アメリカ」】

« 「保守 vs リベラル」「右翼 vs 左翼」「改憲 vs 護憲」…これらの昔ながらの政治的対立軸は、本当に重要な論点から注意を逸らすための「猫じゃらし」に過ぎない。 | トップページ | 最近の山本太郎議員の演説・発言は本質を突いている!山本議員の演説をネタに、世界の支配構造を考察してみよう。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/62100121

この記事へのトラックバック一覧です: 白井聡と宮台真司が迫る戦後の正体!日本は今の体制のままでは、永遠にアメリカのケツを舐め続けるしかない!?戦後日本にとっては「天皇=アメリカ」:

« 「保守 vs リベラル」「右翼 vs 左翼」「改憲 vs 護憲」…これらの昔ながらの政治的対立軸は、本当に重要な論点から注意を逸らすための「猫じゃらし」に過ぎない。 | トップページ | 最近の山本太郎議員の演説・発言は本質を突いている!山本議員の演説をネタに、世界の支配構造を考察してみよう。 »