PR

本日のつぶやき

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年11月

2014年11月19日 (水)

日本には民主主義が存在しない。しかも日本人自身がそのことに気づいていない。

白い!と思った方はクリックお願いしますm(_ _)m

2e72925fa12d7d17f381e31fd785bb2a88

解散風が吹く政界で山本太郎が咆える「日本の野党は第二、第三の自民党だ」(DMM NEWS)

俳優・タレントで、現在は参議院議員の山本太郎さんが上記の記事で次のように言ってる。

僕は、2013年の選挙で公約として「脱被曝」「TPP入らない」「飢えさせない」、この3つを掲げました。これ、すべて、今の政治は誰がコントロールしているのかということに繋がってくるんです。

政党でも政治家でもない。それは表舞台の人形であるに過ぎません。実際にコントロールしているのは大企業であり大資本なんです。

…ということだが、具体的には少なくとも「自民、公明、民主、維新、みんな」は同じ穴のムジナだな。そしてこれらをコントロールしているというのは、もちろん日本国内の大企業、大資本だけを指しているのではないだろう。世界を牛耳る国際金融資本…いわゆる金融マフィアがその黒幕の本体だ。特に日本は、アメリカを通じて国政を操られている。日本を操る黒幕はアメリカであり、そのアメリカを操るのは金融マフィアというわけだ。

つまり、「自民、公明、民主、維新、みんな」の各政党は、同じように金融マフィアに操られるAチーム、Bチーム、Cチーム…でしかないということ。これが政権交代が起きても、結局基本的なことは何も変わらない理由だ。

打倒安倍政権、TPP阻止、脱原発、消費税増税撤回、辺野古米軍基地移転阻止…などの個別の問題を解決していけば日本がいい国になるわけではないのだ。それらの問題は日本が抱える根本的な「闇」の結果でしかない。むしろそうした枝葉ばかりを見ていると、問題の根本原因がわからなくなる。根本は「日本には民主主義が存在しない。しかも日本人自身がそのことに気づいていない」ということなのだ。

こういう話を「そんな馬鹿な。陰謀論だろ」と思う人は、下記の本を是非読んでほしい。リンク先にあるPDFで100ページ以上無料で読める。読めば日本はアメリカの属国に過ぎず、本当の意味での民主主義は存在しないという、陰謀論などでは全くない「動かしがたい現実」があることがわかる。日本人は自分の国の肝心なことは、自分たちでは何も選択できないのだ。

Unknown_3


 日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

 矢部宏治・著

         

白い!と思った方はクリックお願いしますm(_ _)m

« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »