PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 福井地裁で画期的な大飯原発再稼働の差し止めの判決、しかし関電は即時控訴。日本のエネルギーの未来は…? | トップページ | ウクライナのスホイ25のパイロット マレーシア機撃墜を認める(ロシアの声) »

2014年5月30日 (金)

闇の支配者に握り潰された世界を救う技術

白い!と思った方はクリックお願いしますm(_ _)m

フリーエネルギーを始めとする多くの画期的な技術が、闇に葬られている。理由は新しい技術が普及すると、商売が成り立たなくなる人間がいるから。例えて言えば、馬車で商売している者が、自動車の普及を邪魔するようなものだ。実際には自動車は馬車に取って代わったわけだが、強大な力を持つ石油メジャーなら、フリーエネルギーを完全に封じ込めることが出来た。事実、この100年、それは封じ込められてきたのだ。フリーエネルギーがあればエネルギーを奪い合っての戦争、貧困、飢餓…こうしたものは地球上から一掃出来ていたかもしれないというのに。

同じように、癌を完治させる医療技術はとっくに完成している。しかし、日本だけでも年間15兆円という「癌医療」というドル箱産業を守るために、それも封じ込められている。癌の治療は外科手術、放射線療法、抗癌剤…この3つ以外は存在してはならないのだ。どれも手遅れになれば癌患者は助からない、不完全な医療技術だ。この3つで手遅れの場合は、癌患者は苦しんだ挙句に死ぬしかない。そして苦しみが長引くほど、医者や製薬会社は儲かる仕組みになっている。簡単に癌を完治させる画期的な治療法が出現すれば、彼らのビジネスモデルは崩壊し、15兆円のドル箱産業は消滅し、そこで商売していた人間は皆失業する。…だから癌はいつまでも「不治の病」でなくてはならない…医療業界の利益のために。私達はそんな世界に住んでいる。

しかしもはや、そんな時代は長くは続かないだろう。

闇の支配者に握り潰された世界を救う技術

日本の政治家たちはこの事実を知っているのか?

電気よりも、ハイブリッドよりも究極のエコカー、「水で走る自動車」の技術が闇に葬り去られてしまったのは、なぜなのか?「ガンやエイズが完治する治療法」「電源もメンテナンスもいらない照明」といった偉大な発明を握り潰したのは、誰なのか?『闇の支配者に握り潰された世界を救う技術』が陰の権力者に挑む。

水から取れる画期的エネルギー「ブラウンガス」
地中から電気を取り出す技術
地震やハリケーンを人工的に引き起こす「HAARP」
ガン細胞だけを殺すことができる周波数
記憶力を飛躍的に高めるクスリ
海水を真水に変える装置
――こうした技術がすでに発明され、しかも一部ではひそかに実用化されていることを、みなさんはご存知だろうか?
「そんなバカな! SF小説でもあるまいし……」
ほとんどの方は一笑に付すのではないだろうか? しかし、これは紛れもない真実なのである。

白い!と思った方はクリックお願いしますm(_ _)m

マスコミでは決して報道されない、世の中の裏情報をもっと知りたい方はこちらをクリック!

Dsc00108

« 福井地裁で画期的な大飯原発再稼働の差し止めの判決、しかし関電は即時控訴。日本のエネルギーの未来は…? | トップページ | ウクライナのスホイ25のパイロット マレーシア機撃墜を認める(ロシアの声) »

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/59730643

この記事へのトラックバック一覧です: 闇の支配者に握り潰された世界を救う技術:

« 福井地裁で画期的な大飯原発再稼働の差し止めの判決、しかし関電は即時控訴。日本のエネルギーの未来は…? | トップページ | ウクライナのスホイ25のパイロット マレーシア機撃墜を認める(ロシアの声) »