PR

本日のつぶやき

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月 1日 (水)

食品に関するリスクコミュニケーション~食品中の放射性物質対策に関する説明会 in 福岡

2012年1月31日に福岡天神で開かれた、厚生労働省主催の「食品に関するリスクコミュニケーション~食品中の放射性物質対策に関する説明会」を中継しました。

さて、内容は正直いって、今までもさんざん繰り返されてきた、政府の「安全バイアス」がかかったプロパガンダ洗脳情報で、傾聴する価値はないと思いました。始まって10分で「こんなもの、中継する価値があるのか…?」と思ってしまいましたね。まあ、政府は相変わらずこんなプロパガンダを繰り返しているということを再確認する意味はあるかも知れませんが。

説明自体もあまりに駆け足で、プロジェンクター画面には専門用語だらけの文字の羅列、それが読み切れないうちに次々と切り替わり、言葉は用意してきた原稿を棒読みするだけ…という「理解させよう」という努力、誠意が全く感じられないものでした。「素人にもわかりやすく理解させよう」と心を砕いてくださった、小出裕章先生の講演とは雲泥の差です。「とにかく説明はしたぞ、市民の声も聞いたぞ」というアリバイ作りでしかない…と言われても仕方ないですね。

しかし、終盤の質疑応答は、僕とも面識のある市民グループの皆さんが頑張って色々質問・追求をしていたので、それなりに見る価値があると思います。

それから、この説明会の参加者募集に関しても、大いに疑問があります。僕の知るかぎり、厚労省のホームページでプレス向けの告知が出ただけで、一般への告知はないに等しかったにもかかわらず、あっという間に定員の200人がいっぱいになり、締め切りになってしまいました。僕の福岡市民の知人には、参加したかったけど入れなかった人が何人もいました。

会場を見渡してもごく一部の友人・知人を除けば、背広姿のおじさんが目立ち、「この人達は一体どこから来たのか?」と思うような、ふだん脱原発、放射能関連の催しでは会ったことがない、知らない人がほとんどで、「動員?サクラ?」と疑念を抱かずにはいられない印象でした。(あくまで僕の個人的な主観で、証拠はありません。)

そんなわけで、政府のやってることは相変わらず信用出来ない、という印象が深まるばかりの説明会でした…。

マスコミでは決して報道されない、世の中の裏情報をもっと知りたい方はこちらをクリック!

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »