PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« ずっと好きだった ~ ずっとウソだった/斉藤和義 | トップページ | 官房参与が辞任・記者会見資料を全文掲載します »

2011年4月12日 (火)

福島第一原発事故の深刻度、レベル7に引き上げ決定

深刻度、レベル7に引き上げ 福島第1原発事故(東京新聞)

 経済産業省原子力安全・保安院の関係者によると、福島第1原発の事故を、原発事故の深刻度を示す「国際評価尺度(INES)」でレベル7に引き上げることを決めた。
(共同)

最高レベルの警戒が必要な段階に来たと思います。今後考えられる最悪のシナリオは、メルトダウン→水蒸気爆発という流れですが、それが起きていない現段階で既にチェルノブイリ原発事故に肩を並べたことになります。

水蒸気爆発が起こると原子炉にはもう一切近づけなくなるだろうから、冷却作業ができなくなって、一つが爆発すると1号機~4号機全部が時間の問題で爆発すると思います。つまり最悪の場合、チェルノブイリ×4倍の惨事になるということでしょう。

先日原発から40キロの飯舘村では、チェルノブイリの強制避難地域の基準である55万ベクレルの36倍の2000万ベクレルの土壌汚染が計測されました。(IAEAの調査)それでも日本政府はIAEAの勧告を無視し、飯舘村を強制避難にしていません。これは狂気の沙汰だと思います。水蒸気爆発が起これば、少なくとも汚染の規模はこの数倍になるでしょう。

どこがどの程度汚染されるかは、風向きと雨次第で決まります。下の動画の京都大原子炉実験所の小出裕章助教は「本来なら原発から700kmまでが管理区域になる」と述べています。風下であればそのぐらいまで強い放射能が届く可能性があるということでしょう。もちろんもっと近くても大丈夫な地域もあると思います。だから自分が住んでいる地域が実際どのぐらい汚染されているかを正確に知る必要があるわけだけど、飯舘村の例を見ても、日本政府がそれをきっちりやってくれるとは思えません。どんなにひどい状態になってもお得意の「直ちに健康に影響は…」を壊れたレコードのように繰り返すだけで、全くアテにならないというのが僕の認識です。はっきり言って、情報隠蔽はチェルノブイリの時の旧ソ連よりひどいです。

         
Video streaming by Ustream

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

« ずっと好きだった ~ ずっとウソだった/斉藤和義 | トップページ | 官房参与が辞任・記者会見資料を全文掲載します »

時事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/51368006

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一原発事故の深刻度、レベル7に引き上げ決定:

« ずっと好きだった ~ ずっとウソだった/斉藤和義 | トップページ | 官房参与が辞任・記者会見資料を全文掲載します »