PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 政府の発表、マスコミの報道を信じてはいけない! | トップページ | 福島第一原発 現状と今後とるべき対応策(大前研一ライブ580) »

2011年3月31日 (木)

チェルノブイリ原発事故の真実・現場で何があったのか?

チェルノブイリ原発事故発生から10年後の1996年に、テレビ朝日「ザ・スクープ」で放送された特集です。このころは民放の報道番組も、まだ骨のある内容のものがありました。

注目すべきはパート3の4分30秒ぐらいからの、キャスター鳥越俊太郎氏のコメント。「住民の放射能被害の許容基準を従来値の10倍、50倍に引き上げた、という記録がある。つまりそうすると、被害がだんだん少なくなっていくんです。被害隠しなんですね」と発言しています。

これ、今日本で進行していることと全く同じです。

放射性物質:食品や飲料水、規制値緩和へ 食品安全委(毎日新聞)

  食品や飲料水に含まれる放射性物質について、内閣府の食品安全委員会は25日、暫定規制値の根拠となっている健康への安全性の許容範囲を広げる方針を固め た。これを受け、厚生労働省は現在より緩やかな規制値を策定する見通し。暫定規制値は厚労省が17日に急きょ策定。原子力安全委員会の「飲食物摂取制限に 関する指標」を用い、水や食品から1年間に摂取するヨウ素を50ミリシーベルト以下、セシウムを5ミリシーベルト以下としている。
【小島正美、中西拓司】

その他にも「デジャヴか?」と思うほど、チェルノブイリと現在の福島原発事故で起こっていることには共通点があります。

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

« 政府の発表、マスコミの報道を信じてはいけない! | トップページ | 福島第一原発 現状と今後とるべき対応策(大前研一ライブ580) »

時事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/51265368

この記事へのトラックバック一覧です: チェルノブイリ原発事故の真実・現場で何があったのか?:

« 政府の発表、マスコミの報道を信じてはいけない! | トップページ | 福島第一原発 現状と今後とるべき対応策(大前研一ライブ580) »