PR

本日のつぶやき

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 検察、警察の腐敗暴露に続いて、裁判所の腐敗も…? | トップページ | 空飛ぶ車 »

2010年11月14日 (日)

カリフォルニアのミサイル型UFO、ニューヨークの謎の光

小松英星氏のサイトによると、11月9日の夕刻、米国カリフォルニアで大きなミサイル発射の軌道のような軌跡が広い地域で目撃されています。ところが、カリフォルニア州にあるヴァンデンバーグ空軍基地からのミサイル発射は、前週の金曜日(11月5日)に行われていますが、それ以降はなく、次の発射予定は12月になってからとのことで、軍当局はこの件について「まったく関知しない」と言っているそうです。以下がこの出来事を伝えるニュース映像です。

小松氏によれば、「明らかにミサイルや人工衛星の発射シーンと違うのは、まだ噴出が続いているのに燃料を詰めた長い胴体がなく、かなりの大きさを持つ『丸いもの』が何かを噴出させていることです。この噴出物は、ロケット燃料が燃焼した排気ガスなどではなくて、それに似せた全く無害の物質でしょう」…とのことです。

さらにIn Deepによれば、翌11月10日には、ニューヨークでも不思議な火のような光のラインが目撃されていたことがCBSテレビで報道されていたようです。

CBSニュースでは「11月10日の夕暮れ・・・その時、マンハッタンの上空を移動していたその光は、非常に奇妙な赤い線だった。CBS 2 では、天文学者に動画を見てもらって話を聞いた。その天文学者は、これは非常に美しいものだが、あくまで飛行機雲に過ぎないだろうと述べた。商業飛行機か、あるいは軍用ジェットなどのものだろうという」…と伝えています。

いずれもアメリカのメディアは「見間違い、錯覚、トリック」で片付けているようですが、そうと言い切れる確証を示しているわけではありません。また、小松英星氏の言うように「銀河同盟のデモンストレーション」だとしても、まだミサイルに似せるなど(筆者の住む那須でも、飛行機に似せたUFOを目撃したと言う例がたくさんあります。)、中途半端なデモンストレーションになっています。おそらく、一度に全部見せてしまったのではショックが大きすぎるので、少しずつ小出しにして、ある程度浸透したところで、一つ前の記事の「巨大UFOの常時滞空」のような、決定的な事件を起こそうというのではないでしょうか?果たしてXデーはいつか?…今後が楽しみですね。

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

« 検察、警察の腐敗暴露に続いて、裁判所の腐敗も…? | トップページ | 空飛ぶ車 »

UFO・宇宙人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/50029697

この記事へのトラックバック一覧です: カリフォルニアのミサイル型UFO、ニューヨークの謎の光:

« 検察、警察の腐敗暴露に続いて、裁判所の腐敗も…? | トップページ | 空飛ぶ車 »