PR

本日のつぶやき

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« アジア記者クラブ定例会「三井環×植草一秀×青木理」 | トップページ | 小沢一郎強制起訴 »

2010年9月30日 (木)

UFOが核兵器に強い関心!?

昨日紹介したサ・ルー・サのメッセージの補足です。昨日のメッセージの最後の部分に注目して欲しいのですが…。

私はシリウスのサ・ルー・サ、私たちは地球を旋回しながら、何も見逃すことのないようにモニターを続けています。そして私たちは、状況が必要とした場合は現在の場所からすみやかに行動を起こす準備を整えています。自然的・人工的変化の影響には限度を設けていますが、多くの変化は母なる地球のために必要があって起きています。親愛なる皆さん。あらゆる出来事はそれが皆さんにどう見えようとも、良好なプロセスなのです。はっきりと皆さんには感じられないままに、進歩は順調に進んでいるのです。

…このように光の存在は地球と人類をアセンションに導くために、水も漏らさぬ体制で見守っているようです。サ・ルー・サだけでなく、そのことはあらゆるメッセージからうかがい知ることが出来ます。

そのことを具体的に示す、表側のニュースを見つけたので、ご紹介します。

UFOが核兵器に強い関心!? 元米軍大佐らが会見で異常体験語る

 宇宙からの未確認飛行物体(UFO)は、地球の核兵器に興味津々-。米軍の核兵器施設で勤務していた元空軍大佐ら7人が27日、ワシントンのナショナル・プレスクラブで記者会見し、「皿形の飛行物体」や「説明のつかない光」の飛来と同時に核兵器の管理システムに異常が起きたとの体験を語り、米政府はUFOに関する情報を公開すべきだと訴えた。
 会見では、1967年3月、モンタナ州の空軍基地にUFOが飛来、核弾頭を載せた大陸間弾道ミサイル(ICBM)のシステムが一時、発射不能の状態になったことなどが紹介された。
 司会を務めたUFO研究家ロバート・ヘイスティングズ氏は、UFOや地球外生命体は地球での核開発の状況に強い関心を持っていると指摘。「時々干渉しながら、核兵器で『火遊びをするな』との警告メッセージをわれわれに送っているのではないか」との見方を披露した。(共同)

闇の勢力は人間の恐怖心を煽り、人間を覚醒させないように、何時までも自分たちにとって都合のいい、奴隷状態の意識レベルに縛り付けておこうとしているわけですが、(現在問題になっている日中間の尖閣諸島のトラブルもそのひとつでしょう。)光の勢力はそれが決定的な破綻に繋がらないように、一定の介入をしているわけですね。その中には上記のように「核兵器が使用不能になる」などということも含まれるようです。

さらに9月29日付のサ・ルー・サの最新メッセージもアップされています。

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

« アジア記者クラブ定例会「三井環×植草一秀×青木理」 | トップページ | 小沢一郎強制起訴 »

UFO・宇宙人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/49603760

この記事へのトラックバック一覧です: UFOが核兵器に強い関心!?:

« アジア記者クラブ定例会「三井環×植草一秀×青木理」 | トップページ | 小沢一郎強制起訴 »