PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« ノルウェーのオーロラ | トップページ | ベンジャミン・フルフォード 熊本講演 8/27 »

2010年9月22日 (水)

前田検事逮捕の真相は?

ご存知のように、厚生労働省の村木元局長が無罪判決を受けた郵便不正事件の主任検事を務めた、大阪地検の前田恒彦検事が逮捕されました。この事自体は当然の結果で、いつかはこういう事になるだろうと筆者は今年2月の段階で予測していました。検察のデタラメぶりがついに表のメディアでも取り上げられ、刑事事件にまで発展したのは喜ばしい限りです。

ただ、筆者にとっても意外だったのは、これを「スクープ」したのが朝日新聞だったこと。本来大手新聞社、テレビ局は検察の子分のような存在で、検察にとって都合の悪い記事は書かないのが常識です。これは大手新聞社、テレビ局で作られた「記者クラブ制度」があるせいで、検察などの官公庁に取材ができるのは、原則この記者クラブに加盟している大手新聞社、テレビ局に限られるのです。その上、検察を批判するような報道をマスコミがすると、その社だけが村八分になって、検察への取材ができなくなるので、記者クラブに加盟した大手マスコミは、普通検察を批判する報道は出来ないのです。逆に「検察が報道したいこと」はリークという形でマスコミに流され、検察の言うなりに報道されるという、検察とマスコミの癒着関係が出来上がっています。これがフリージャーナリストの上杉隆氏などが執拗に批判している「記者クラブ問題」の構造です。

つまり、今回の前田検事の事件も、朝日新聞のスクープなどではなく、検察側の意図的なリークによる予定調和的報道であると見るのが自然なのです。おそらく、大手新聞社でなく、記者クラブに加盟していない週刊誌等が同じ内容の記事をすっぱ抜いたとしても、大手マスコミも検察も一切黙殺して、今のような大騒ぎにはなっていないでしょう。

さて、問題は検察はこの報道をなぜ意図的に許し、前田検事を逮捕したか…ですね。ネット上の大方の推測は、「すでに村木元局長が無罪になった時点で、検察の失態は明らかになってしまったのだから、その責任を前田検事一人になすりつけ、検察組織全体の責任問題は不問に付す、という落しどころを狙ったものだろう」…というものです。しかし、すでに問題のフロッピーディスクのデータ書き換えは、地検の幹部が事前に知っていたらしい、という報道が出始めています。つまり、証拠の改ざんは大阪地検の組織ぐるみで意図していたものだという可能性が浮上しているのです。

この報道にしても、検察の意図に逆らって大手マスコミが報道するとは考えられないので、検察内部にこの事を容認する動きがあると見るのが自然でしょう。…これは一体どういう事でしょうか?

ひょっとすると、戦後以来ずっと日本人を洗脳し、操る「愚民政策」を施してきたアメリカの日本に対する施策、その一環として存在してきた検察特捜部の存立基盤が崩壊しつつあるのではないでしょうか?そうした邪悪な意図によって存在してきた検察の実態が暴かれ、根本的に浄化されようとしているのかもしれません。

スピリチュアル系の情報、例えば「マシュー君のメッセージ」などでは、早くから「いずれ地球を支配してきた闇の勢力の一斉逮捕が始まるだろう」と予告されていました。特にこの夏以降、その浄化の作用がいよいよ本格的に進行していることが様々な情報から、あるいは筆者自身の直感、感覚的にも明確に感じられます。中山さんのお伝えにしても、この夏以降は徹底的に地上を浄化し、闇を退けようという、明確な「天界の意図」が感じられるのです。

とすれば、スピリチュアルな観点からも、そうした影響が検察内部にも作用し、根本的な浄化が進行しているのだと見ることも出来ます。果たして前田検事の逮捕は単なる「トカゲのしっぽ切り」なのか、あるいは根本的な検察の内部浄化が進行しているのか…?数ヶ月もすれば結論が見えてくるのではないでしょうか。もちろん、後者であることを願わずにはいられません。

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

« ノルウェーのオーロラ | トップページ | ベンジャミン・フルフォード 熊本講演 8/27 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
大阪地検は三井環さんて検事さんを無理クリ逮捕とかしてるんですね
かなり怖い所の印象があります
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/三井環?wasRedirected=true

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/49530033

この記事へのトラックバック一覧です: 前田検事逮捕の真相は?:

« ノルウェーのオーロラ | トップページ | ベンジャミン・フルフォード 熊本講演 8/27 »