PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 首相、県内移設を初めて表明 | トップページ | 鳩山首相の政治的自殺 »

2010年5月27日 (木)

マスコミ情報では真実は何も分からない

政治ネタが一段落して、「洗脳から目覚めよ!」という新しいテーマに移行すると言ってからずいぶん経ってしまいました。このところ多忙で、このブログ執筆まで手がまわらない状態です。ネタは沢山あるんですけどね。

とりあえず今旬の話題といえば、ジャーナリスト上杉隆氏が中心となり追求している官房機密費の問題でしょう。元自民党の野中広務氏が「自分が官房長官をやっていた時、大物政治評論家やジャーナリストたちに官房機密費から裏金を配っていた」と衝撃の暴露をしたことから始まったこの問題ですが、いま発売中の週刊ポスト6/4号には、「『世論誘導』と『人民裁判』の国ニッポン」と題された、上杉氏によるさらに衝撃の記事が掲載されています。ほとんどの大手新聞社、テレビ局では組織ぐるみでこの裏金を受け取ることが常態化していた・・・というのです。この記事は必見です。(こちらに内容の要約が出ています。)

これで大手マスコミが執拗なほど民主党バッシングをしてきた理由がはっきりしました。旧政権から買収されていたからなんですね。しかも民主党政権が続く限り、いつ自分たちの問題を暴露されるかわかりませんからね。そりゃ必死になるでしょう。こんな賄賂まみれの大手マスコミが「政治と金」の問題を追求してきたなんて、全くお笑い種です。筆者は当ブログで「大手新聞・テレビの政治報道は一切信用するな」と言い続けてきましたが、そのことが決して大げさでないことがこれではっきりと裏付けられ、お分かりいただけたと思います。上杉氏は裏金を受け取っていた著名マスコミ人を名指しで告発する準備を、今慎重に進めているようです。さすがに「そこまでやってしまって、上杉氏の身の安全は大丈夫か…?」と心配になってきますね。

このように、大手マスコミは権力者による大衆を洗脳する手段でしかないのです。マスコミの報道を見れば見るほど洗脳が進み、真実がわからなくなります。

それからもうひとつ旬のネタとしては、普天間問題があります。鳩山首相の「県内移設やむなし」の発言を受けて、当ブログでも「あとは一刻も早く退陣して下さい」と書きましたが、その後「あれは鳩山首相の大芝居ではないか?」という情報が浮上してきました。つまり、わざと沖縄まで行ってギブアップ宣言のようなことを言い、「県内移設反対」の世論を限界まで盛り上げさせて、ギリギリの土壇場で海外移設(あるとすればグアム・テニアン)の大どんでん返しにもっていく…それが本当の首相の「腹案」だというのです。今の首相は忠臣蔵の大石内蔵助のように「昼行燈」を演じているに過ぎない…というわけですね。

ツイッター上ではこの「大どんでん返し」に最後の望みを託す声がたくさん寄せられています。しかし、タイムリミットの今月末はあと残すところ5日。首相の大逆転はありうるのか?もしそうならもちろん筆者が書いた「退陣勧告」はもちろん撤回しますし、それどころか鳩山政権の支持率は一気に発足当時の水準に戻るかもしれません。

そう言われてみると、普天間問題がこのままいけば参議院選挙で不利になるのは目にみえているのに、小沢氏も鳩山氏もこれまで対策らしい対策を打ち出していません。首相のこれまでのこの問題に関する変節は、あまりにもわざとらしく、裏があるような感じもしますよね。…果たしてどうなりますか。泣いても笑っても、あと5日で結果が出ます。

P.S.
5/28夕5時、鳩山総理の記者会見がセットされたらしい。ここで最終結論が発表か?

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

« 首相、県内移設を初めて表明 | トップページ | 鳩山首相の政治的自殺 »

時事」カテゴリの記事