PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 9.11テロ なぜ自作自演が可能なのか | トップページ | 生方氏の暴走が止まらない »

2010年3月24日 (水)

大山鳴動して鼠一匹、生方解任騒動のバカバカしい内幕

昨日(23日)は一度解任が発表された民主党の生方副幹事長が、一転して留任することになったというニュースが報じられましたが、これについてフリー・ジャーナリストの上杉隆氏がその内幕をラジオ番組で暴露しています。

2010年3月23日(火) ジャーナリスト 上杉隆さん(小島慶子 キラ☆キラ)

なんと、もともと小沢氏は生方氏を解任する意志は全くなく、23日の段階でこうなることは予めわかっていたのです。それをわかっていながら、マスコミが「小沢が強権発動!」というニュアンスで報じたいがために、まるで生方解任が決定事項であるかのようにでっちあげて騒ぎを大きくした、というのがどうも真相のようです。上杉氏は「完全に世論誘導。はっきり言って小沢幹事長からすれば生方さんの問題などはどうでもいいことで、最初から『辞めさせる必要はない』と再三言っている」と断言しています。

いや〜、参りましたね。僕も少々熱くなってしまって、「生方解任は当然だ」なんて書いてしまいましたが、当の小沢幹事長はまるで問題にもしていなかったのです。マスコミが事実をねじ曲げることは重々承知していたにもかかわらず、これについては上杉氏の話を聞くまで真実を見ぬくことができませんでした。いやはやお恥ずかしい限り…。

関連情報として、鈴木宗男氏は「ムネオ日記」の中で次のように言っています。

 小沢幹事長は生方氏に対して副幹事長を辞めろと言っていないのに、一方的に小沢幹事長を批判する様な話は、子供じみている。小沢幹事長と生方副幹事長は、肩書、ポスト以上に人間的に大きな差がある。
 生方副幹事長は、小沢幹事長の広い心に救われたことを忘れず、これから仕事でしっかり返すべきであると思うのは、一人私だけではないだろう。

また、植草一秀氏は自身のブログ「知られざる真実」の中でこういってます。

 民主党副幹事長の生方幸夫氏を解任するとの民主党の方針決定は、本来、大きく取り扱われるような案件ではなかった。小沢氏を攻略したい利権複合体の走狗である一部マスメディアが大騒動に仕立て上げたものだ。

(中略)

 悪徳ペンタゴンは検察とマスゴミをコントロールして、鳩山政権攻撃を展開している。この情勢を払拭できるまでは、鳩山政権は慎重運転、安全運転を余儀なく迫られる。
 こうした妨害工作を乗り越えて、参院選での勝利を手中にしなければならない。参院選で勝利して政権基盤が盤石になれば、大胆な日本政治刷新が可能になる。トロイカ体制は何としても、ここまで辿り着かなければならない。
 生方副幹事長問題を小沢一郎幹事長が見事に処理した。悪徳ペンタゴン連合よりも、小沢氏の方が一枚上手であった。

生方氏自身もこのことを認識していたにもかかわらず、わざとマスコミの煽りに乗っかって次々とTV出演などを繰り返し、小沢批判を繰り返したのはなぜか?… という疑問が残りますが、上杉氏の推測では「この騒ぎに乗じて名前と顔を売ろうとしたんじゃないか」とのこと。だとすれば、あまりにもセコすぎる・・・(^^;)。

…というわけで、この問題は生方氏のセコさと小沢幹事長の器の大きさが印象に残る出来事でした。ただし、問題なのはこれほどはっきりした事実があるにもかかわらず、マスコミは相変わらず民主党と小沢氏を貶めるためのねじ曲げた「印象操作」の報道を続けているということです。以下の通り・・・。

小沢氏、世論反発に逆らえず=求心力低下を露呈-生方氏続投(時事通信)
小沢氏批判の生方副幹事長、民主が解任 党内に反発の声(朝日新聞)
生方氏の解任撤回 小沢氏も支持率低下、世論の批判にたえられず(MSN産経ニュース)
小沢氏、参院選に危機感…生方氏の解任撤回(読売新聞)

いやはや全く、よくもまあここまでデタラメが書けるもんだ。やっぱりどうしようもない「マスゴミ」ですね・・・。

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

« 9.11テロ なぜ自作自演が可能なのか | トップページ | 生方氏の暴走が止まらない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事