PR

本日のつぶやき

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 売国奴政治家とまともな政治家を見分けるには | トップページ | 鳩山邦夫新党は信用出来るか? »

2010年3月14日 (日)

世界皇帝デイヴィッド・ロックフェラー

副島隆彦氏の著書、「世界権力者 人物図鑑」が届きました。(3月14日午後7時現在でもアマゾンのノンフィクション部門では1位ですね。)このところ忙しくてまだパラパラとしか読んでませんが、とりわけ目に飛び込んでくるのが10ページのこの写真。

Img20100223152930

今まで漠然と世界を牛耳っているのは「国際金融資本」…と書いてきましたが、こいつがその親玉、トップ中のトップです。子どもの頃見てたヒーロー物のテレビ番組の悪役、マグマ大使のゴアとか、仮面ライダーのショッカーとかは、お約束のように「世界征服」を目指していました。成長するにつれて社会の仕組がだんだんとわかってくると、そんなのはテレビの中だけの話で、民主主義の世の中ではありえない…そう思うようになりました。

でも…違ったんですね。事実はヒーロー物のテレビ番組より奇なり。「ゴア」や「ショッカー」は実在したんです。しかも、そいつらは世界征服をほぼ達成しています。その親玉がこのデイヴィッド・ロックフェラーです。

こいつが世界中の石油利権、麻薬利権を牛耳り、金融を支配し、911テロを捏造し、アフガニスタンとイラクを侵略し、日本では検察をはじめとする官僚、政治家、マスコミ、巨大カルト宗教を操って陰から支配し、小泉政権に命じて郵政民営化をやらせ、日本人の資産をかっさらおうとしたわけです。

でも、こいつらが世界を支配した時代はもう終わりです。なぜなら、「新しき、うれしき御世」が」もうすぐそこまで来ていて、闇の勢力は居場所がなくなりつつあるから。副島氏やリチャード・コシミズ氏、安部芳裕氏、ベンジャミン・フルフォード氏などが、10年前なら全くタブーだった真実をどんどんバラしても殺されずにすんでいるのも、もうヤツらが以前のように好き勝手できなくなっている証拠です。もう少し、あとちょっとで世界は激変するでしょう。

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

« 売国奴政治家とまともな政治家を見分けるには | トップページ | 鳩山邦夫新党は信用出来るか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事