PR

本日のつぶやき

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 世界皇帝デイヴィッド・ロックフェラー | トップページ | 生方副幹事長解任の顛末 »

2010年3月16日 (火)

鳩山邦夫新党は信用出来るか?

鳩山邦夫議員が自民党を離党しましたね。新党を結成すると宣言していて、同じ自民党の舛添氏や与謝野氏に呼びかけていくんだとか。さて、この動きは何を意味するのか?これはなかなか解釈が微妙なところです。リチャード・コシミズ氏は次のような見解を述べています。

さて、独立党は邦夫新党を支援できる事態になるだろうか?(richardkoshimizu's blog)

以下引用。

邦夫新党は、第二清和会みんな野盗が「第三の局」を偽装して馬鹿層の票を集めることの歯止めになるのではと期待しています。?みんな野盗の票の半分でも奪ってくれればありがたいです。「落選運動」の観点から邦夫さんを支持できる事態となるか?「かんぽの宿」事件、「小泉政権批判」などでのご活躍ぶりも国民の脳裏にしっかりと残っています。ここで、統一教会渡辺喜美と野合でもすれば、国民の落胆失望を呼ぶだけです。それだけはやめてください。

そのあたりが整理されれば、リチャード・コシミズ独立党は邦夫さんを支援するかも。今後の展開次第です。

…ということで、独立党としてはしばらく様子見ということですね。確かに邦夫氏が昨年総務大臣をやってた時の「かんぽの宿問題」に対するこだわり、そして大臣を辞任するまで妥協しなかったことはなかなかやるじゃないか、という感じがしました。

しかし、こんな見方もあります。

鳩山邦夫と坂本龍馬(ライジング・サン)

以下引用。

以前の郵政かんぽの宿問題で「正義」「正義」とわめき立ててヒーロー気取りであったが、ただ単にあれはデヴィッド・ロックフェラーと繋がる読売ナベツネにそそのかされてやった茶番である。
郵政の貯金や保険、不動産を米国に垂れ流す役目を負った小泉と竹中が、デヴィッドと敵対するゴールドマンサックス(オーナーはジェイ・D・ロックフェラー)にまんまと引っ掛かり、元三井住友銀行頭取西川善文社長を郵政の社長に就かせた。(三井系は昔からロスチャイルド系である)  デヴィッドが手に入れようとしていた郵貯や簡保保険、不動産をジェイに横取りされる事を阻止するために、多少損することと引きかえに「かんぽの宿」問題を全面に出しゴールドマンサックスと繋がる西川元社長を引きずり降ろそうとしたのだ。

(中略)

「みんなの党」と「邦夫新党」の共通点は、清和会+読売ナベツネ=親米(デヴィッド・ロックフェラーの犬)と言う事であり非常に解りやすい。  結局はバラバラのように見えて同じ組織なのである。
表向きは、国民に対して新鮮味や民主党に代わる対抗馬として影響を与えようとしているのだろうが、飽きられた自民党一党で民主党を攻めるのではなく、ウィルスが分裂するような形でカモフラージュ従米党としていくのだろう。 邦夫が述べた「接着剤的な役割」とは、国内においてみんなの党のような隠れ自民党(親米清和会)との連携と、それを元にして過去64年間同様、米国(デヴィッド・ロックフェラー)と繋がるという事だろう。
しかし鳩山邦夫も坂本龍馬と同じく、使われるだけ使われて用済み、もしくは使いものにならなかったら捨てられるだけだ。

…ここでは「かんぽの宿問題」での邦夫氏の動きはロックフェラー家の内紛の影響で、どっちにしろ「ロックフェラーの犬」であることにはかわりない、と断じています。

これは判断が難しいですね〜。やはりしばらく様子を見ないとなんとも言えません。今の政界で日本をアメリカの属国、国際金融資本の言いなりの状態から抜け出させようとしているのは間違いなく現民主党政権、そして国民新党です。(同じ与党でも社民党にそこまでの意識があるかどうかは疑問)自民党、公明党、みんなの党ははっきりと売国奴勢力。邦夫新党がこのどちらに接近するかで、彼の立ち位置がはっきりしてくるでしょう。

鳩山邦夫氏は兄由紀夫氏に対するコンプレックスが強く、政権交代で由紀夫氏が総理になったことに激しい嫉妬を感じていると聞きます。民主党の結党時のメンバーでありながら後に袂を分かったのも、それが原因ではないかとも言われます。「かんぽの宿問題」で郵政民営化の胡散臭さに気がついたのはいいけど、とっくにその本質を見抜いていた亀井静香氏や小沢一郎氏に比べれば、遅すぎる、鈍すぎるという感じもします。兄との確執が、彼の政治家としての目を曇らせたのではないでしょうか。

ここはひとつ「兄貴、昔のことは水に流して、協力させてくれないか。また一緒にやろう!」と由紀夫氏に言えるぐらいの度量を見せてくれれば、邦夫氏の株はうなぎのぼりだと思うんですけどね…。

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

« 世界皇帝デイヴィッド・ロックフェラー | トップページ | 生方副幹事長解任の顛末 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事