PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 朝日新聞の暴走 | トップページ | 権力とメディア 世論誘導の実態 »

2010年2月25日 (木)

大阪地検特捜部デッチ上げ起訴の実態

先日もお伝えしましたが、、現在公判中の「郵便不正事件」の裁判がとんでもないことになっているらしいのです。まずこのラジオ番組のポッドキャストを聞いてみてください。

大竹まこと ゴールデンラジオ「大竹紳士交遊録」(文化放送Podcast QR)

内容は2月23日に放送された、週刊朝日の編集長、山口一臣氏をゲストに迎えた時のもの。山口氏はかなり興奮気味に「郵便不正事件」は大阪地検によるとんでもないデッチ上げだったようだ、と伝えています。

ちょうど2月24日はこの裁判の公判が大阪地裁で開かれた日で、ジャーナリストの江川紹子さんが大阪地裁で傍聴して、ツイッターでレポートしてくれていましたので、その記録をご紹介します。

午前中の審理は終わりました。証明書を偽造した上村勉被告が「全部自分一人でやった」と涙ながらに村木厚子被告との共謀を否定しました

上村被告は、偽造証明書は凛の会の河野被告に自分が手渡した、と証言。村木被告から受け取ったという凛の会の倉沢被告の証言について「ウソです」とキッパリ。「どうしてそんなウソを言うのか分からない」とかさねて述べました

本日の審理終了。上村証人は、真実と異なる調書が出来上がった経緯も証言しました。詳細は、のちほど。今から新大阪に向かます

公的証明書を偽造した上村証人は、厚労省の村木元局長との共謀について書かれている自らの検察官調書について「それは検事の作文。いくら自分が単独でやったと言っても聞いてもらえなかった」と証言しました。

上村証言によれば、記憶のないことも、検察官から「他の人はこう言っている」と言われ、取り調べの中でだんだんと「そうだったのか」と新たな記憶が構築されていった部分もある、とのこと

上村証人を取り調べた國井検事の態度は紳士的で言葉も普通。暴力もなかった。けれども、「僕の話したことを聞いてくれない。(調書に)書いてくれない。信じてくれない」とのこと。「(國井検事は)自分の興味のあること、都合のいいことしかメモしなかった」

上村証人は、取り調べの時に、調書の内容が事実と違うと述べたこともあった、とのこと。「でも、他の関係者はこう言っている、と(言われた)。上村さんはよく覚えていないようだから、周りの言うことを聞いた方がいいんじゃないか」と検事に説得されたと証言

上村証人は「『想像の話みたいになっちゃうけどね』と言って國井検事が話したことが、調書では私が話したことになっちゃう。悔しくてならない」と泣く

なぜ取り調べで真実を貫かなかったのか、という点について、検事に逆らうと、取り調べが厳しくなったり、勾留期間が長くなったり、再逮捕もちらつかされて、「有形無形の圧力があって耐えきれなかった」と上村証人。「とにかくおとなしくしてなきゃダメだと思った」と

上村証人は「村木さんが事件に関与してない絶対の自信があるのか」と聞かれ、「あります」ときっぱり。ちなみに彼は検察側の証人で、以上はすべて検察官の質問に答えたもの。これで検察側は、どういう論告を書くつもりなのだろうか……

上村証人は「検事は、今回の事件が厚労省の組織的犯罪であるということを(調書に)書きたかったんじゃないか」と検察の意図を感じたと証言しました RT @oncook どうして検事はそこまで上村証人を誘導したのでしょう。

上村証人は、取り調べ担当の國井検事が「厚労省のウミを出したい」と口癖のように言っていた、とも証言。要するに、一人の不心得な役人がついついやってしまったような事件ではなく、中央官庁の組織犯罪という大きなものにしたいという意図があったように思えます

もう一つ上村証言より。「村木課長(事件当時)の逮捕は、検事総長が了解したと、(國井検事が)言っていました」

まさにその通り! 検察の説明責任を問いたい! RT @oncook すごく傷ついた人がいるわけですから、きちんと説明をしてほしい

さて、この大阪地検のデタラメぶり、さらにはここ数日お伝えした異常とも言えるマスコミの民主党政権、小沢一郎幹事長への攻撃的な報道を見て、皆さんはどう思うでしょうか?先日も書いたように、郵便不正事件は民主党の大物議員、石井一氏を狙い撃ちにしたものと思われます。おそらく、政治資金規正法違反で起訴された石川議員(小沢幹事長の元秘書)の公判も、この郵便不正事件と五十歩百歩ではないかと見ている専門家の意見も目にします。

どう考えても、これらの検察、マスコミの異常な行動は、事実をねじ曲げ、明確な意図をもって「民主党政権つぶし」をやっていることは明らかです。しかも、新聞・テレビの報道を見ているだけではこうした事態は全く報道されないので、知ることができないのです。先日「新聞やテレビをいくら見ても、肝心の真実は何もわかりませんよ。どんどん頭がバカになるだけです」「検察はこうやって情報操作、世論操作をしてるわけです」と書きましたが、これで僕が言ったことがオーバーでないことがお分かりいただけたのではないでしょうか?

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

« 朝日新聞の暴走 | トップページ | 権力とメディア 世論誘導の実態 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事