PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

原発推進反対!

活断層の上の鳩山政権(きっこのブログ)

以下引用。

現時点で、あたしたちは、ぜんぜん電力には困ってない。そして、政府は、あたしたちの血税である国家予算を投じて、太陽熱発電や地熱発電、風力発電や波力発電を推進してる。その上、ニポンの人口はどんどん減少してる。こうした状況を総合的に見れば、現在の原発の数を減らしてくのが当たり前だろう。それなのに、ハトポッポ内閣は、すべて電力会社と癒着してる官僚どもの言いなりになって、新しい原発を次々と造ろうとしてる。そして、さらには、それを正当化するために、原発のことを「クリーンエネルギー」だなんて言い出す始末。

大気中や海に放射性物質を垂れ流すようなものが「クリーンエネルギー」だなんて、お前はクルクルパーか?それとも、ハトポッポは、ママからもらった莫大な子ども手当てで、実は秘密裏に国会議事堂の地下で「宇宙戦艦ヤマト」を造ってて、イザって時には、14万8000光年の彼方のイスカンダル星まで、「放射能除去装置コスモクリーナーD」を取りに行ってくれるとでも言うのか?

今のところ民主党支持の僕も、この原発政策の点だけはきっこ氏に同感。小沢環境大臣、情けないぞ。社民党もしっかりせんかい!

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

2010年2月26日 (金)

権力とメディア 世論誘導の実態

BS11の"INsideOUT"という番組に元大阪高検の公安部長の三井環さんが出演して、検察の裏金作りの実態、世論操作の実態を赤裸々に語っています。地上波のテレビはこういう事は全く報じませんが、BSにまでは検察の圧力も及ばないようですね。三井さんは公安部長という立場でありながら、検察が不正に裏金を作っている実態を内部告発するためにテレビ出演しようとしたその日の朝に、逆に微罪で逮捕、勾留されて口を封じられてしまったという経歴の持ち主です。

これを見れば検察とマスコミの癒着関係、なぜ大手マスコミは検察の提灯持ちのような記事ばかりを流し、検察にとって都合の悪いことは一切報じないかがよくわかります。

現在原口総務大臣が官庁の裏金問題を調査することを明言していますが、この三井さんを証人として呼べば一発で検察は終わりでしょう。社会保険庁のように解体して新たな組織を立ち上げるしかなくなるでしょうね。

三井さんは自身のホームページでこのように述べています。

私が“悪徳検事”三井です。こんなホームページをつくる悪徳
検事がどこにいましょうか?

昨年4月22日、私は大阪地検特捜部に逮捕されました。

逮捕されたその日の午後、かねてから懇意にしている週刊朝日の記者からの紹介で、テレビ朝日の取材を受ける予定でした。

鳥越俊太郎さんという、ジャーナリストがお見えになるとのことでした。

私は、検察庁が国民の血税である年間5億円を越える調査活動費の予算を、すべて私的な飲食代、ゴルフ、マージャンの「裏金」にしていることを、現職検察官として実名で告発する決意を固めていました。

その収録が、この日だったのです。

しかし、告発は実現しませんでした。

その日の朝、二人の検察事務官が、私の自宅にやってきて任意同行を求めました。

大阪地検特捜部に連れて行かれる車中で、かつては私の部下だった検察事務官が、つぶやきました。

「部長、へたうちましたな」

そして、私は逮捕されました。

生まれてはじめて、かけるばかりの手錠をかけられました。

検察が暴力団に助けを求め、逮捕容疑をでっちあげたのです。

でっちあげというのは、小説、ドラマの世界のものと信じていた私は驚きました。

命をかけて、調査活動費や検察の闇を白日の下にさらし、徹底的に戦う。

私は、そう決意したのです。

そこで、このたび、検察の裏金問題などさまざまな問題を追及、広く皆様方にご理解をいただこうと、ホームページをつくりました。

ご覧ください。

検察の裏金作りの実態を実名あるいは匿名で話していただける方がいらっしゃれば是非ご連絡下さい。

検察の巨悪が暴かれるのは、もはや時間の問題でしょう。これを見て「こんなこと、初めて聞いた」と思った方、あなたはずっとマスコミの報道に騙されてきたんです。

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

2010年2月25日 (木)

大阪地検特捜部デッチ上げ起訴の実態

先日もお伝えしましたが、、現在公判中の「郵便不正事件」の裁判がとんでもないことになっているらしいのです。まずこのラジオ番組のポッドキャストを聞いてみてください。

大竹まこと ゴールデンラジオ「大竹紳士交遊録」(文化放送Podcast QR)

内容は2月23日に放送された、週刊朝日の編集長、山口一臣氏をゲストに迎えた時のもの。山口氏はかなり興奮気味に「郵便不正事件」は大阪地検によるとんでもないデッチ上げだったようだ、と伝えています。

ちょうど2月24日はこの裁判の公判が大阪地裁で開かれた日で、ジャーナリストの江川紹子さんが大阪地裁で傍聴して、ツイッターでレポートしてくれていましたので、その記録をご紹介します。

午前中の審理は終わりました。証明書を偽造した上村勉被告が「全部自分一人でやった」と涙ながらに村木厚子被告との共謀を否定しました

上村被告は、偽造証明書は凛の会の河野被告に自分が手渡した、と証言。村木被告から受け取ったという凛の会の倉沢被告の証言について「ウソです」とキッパリ。「どうしてそんなウソを言うのか分からない」とかさねて述べました

本日の審理終了。上村証人は、真実と異なる調書が出来上がった経緯も証言しました。詳細は、のちほど。今から新大阪に向かます

公的証明書を偽造した上村証人は、厚労省の村木元局長との共謀について書かれている自らの検察官調書について「それは検事の作文。いくら自分が単独でやったと言っても聞いてもらえなかった」と証言しました。

上村証言によれば、記憶のないことも、検察官から「他の人はこう言っている」と言われ、取り調べの中でだんだんと「そうだったのか」と新たな記憶が構築されていった部分もある、とのこと

上村証人を取り調べた國井検事の態度は紳士的で言葉も普通。暴力もなかった。けれども、「僕の話したことを聞いてくれない。(調書に)書いてくれない。信じてくれない」とのこと。「(國井検事は)自分の興味のあること、都合のいいことしかメモしなかった」

上村証人は、取り調べの時に、調書の内容が事実と違うと述べたこともあった、とのこと。「でも、他の関係者はこう言っている、と(言われた)。上村さんはよく覚えていないようだから、周りの言うことを聞いた方がいいんじゃないか」と検事に説得されたと証言

上村証人は「『想像の話みたいになっちゃうけどね』と言って國井検事が話したことが、調書では私が話したことになっちゃう。悔しくてならない」と泣く

なぜ取り調べで真実を貫かなかったのか、という点について、検事に逆らうと、取り調べが厳しくなったり、勾留期間が長くなったり、再逮捕もちらつかされて、「有形無形の圧力があって耐えきれなかった」と上村証人。「とにかくおとなしくしてなきゃダメだと思った」と

上村証人は「村木さんが事件に関与してない絶対の自信があるのか」と聞かれ、「あります」ときっぱり。ちなみに彼は検察側の証人で、以上はすべて検察官の質問に答えたもの。これで検察側は、どういう論告を書くつもりなのだろうか……

上村証人は「検事は、今回の事件が厚労省の組織的犯罪であるということを(調書に)書きたかったんじゃないか」と検察の意図を感じたと証言しました RT @oncook どうして検事はそこまで上村証人を誘導したのでしょう。

上村証人は、取り調べ担当の國井検事が「厚労省のウミを出したい」と口癖のように言っていた、とも証言。要するに、一人の不心得な役人がついついやってしまったような事件ではなく、中央官庁の組織犯罪という大きなものにしたいという意図があったように思えます

もう一つ上村証言より。「村木課長(事件当時)の逮捕は、検事総長が了解したと、(國井検事が)言っていました」

まさにその通り! 検察の説明責任を問いたい! RT @oncook すごく傷ついた人がいるわけですから、きちんと説明をしてほしい

さて、この大阪地検のデタラメぶり、さらにはここ数日お伝えした異常とも言えるマスコミの民主党政権、小沢一郎幹事長への攻撃的な報道を見て、皆さんはどう思うでしょうか?先日も書いたように、郵便不正事件は民主党の大物議員、石井一氏を狙い撃ちにしたものと思われます。おそらく、政治資金規正法違反で起訴された石川議員(小沢幹事長の元秘書)の公判も、この郵便不正事件と五十歩百歩ではないかと見ている専門家の意見も目にします。

どう考えても、これらの検察、マスコミの異常な行動は、事実をねじ曲げ、明確な意図をもって「民主党政権つぶし」をやっていることは明らかです。しかも、新聞・テレビの報道を見ているだけではこうした事態は全く報道されないので、知ることができないのです。先日「新聞やテレビをいくら見ても、肝心の真実は何もわかりませんよ。どんどん頭がバカになるだけです」「検察はこうやって情報操作、世論操作をしてるわけです」と書きましたが、これで僕が言ったことがオーバーでないことがお分かりいただけたのではないでしょうか?

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

2010年2月23日 (火)

朝日新聞の暴走

どーも体調が優れないので、一言だけ。

首相と与党幹事長を殺すべきと主張する老漫画家

これはひどい。朝日はテロを肯定するのか?現総理と与党の幹事長を暗殺すべきだと?見識を疑います。マスコミの狂気もとうとうここまで来たのか…。

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

2010年2月22日 (月)

2/21のつぶやき

masason
悩んではいけない。己の魂の叫びを聴くべし。RT @kzk7: @masason 孫さん、iPhone買おうか悩んでいます。僕にあとひと押しを!
29分前 Echofonで
あなたと57人がリツイート

悩めるユーザーにソフトバンクの孫正義(masason)氏がアドバイス。ずいぶん高飛車なセールストークだ(笑)。

officemaggot
村木厚子厚労省元局長の公判 どうみても検察のほうがおかしいと思う http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2010022100128 「村木厚子さんを支援する会」サイト>http://bit.ly/csnuGN
約8時間前 Tweenで
あなたと6人がリツイート

iwakamiyasumi
検察ファッショは、すぐそこに。RT @gaitifujiyama パックインジャーナルでテレ朝の川村記者が今の政治状況は検察政局だ、検察が勝手にアジェンダ設定している危険な状況だと指摘。川村記者は自局の政治部報道にも疑問があるそうで政治部のキャップにたまらず意見したそうだ
約1時間前 webで
あなたと5人がリツイート

テレ朝にコメンテーターでよく出る川村記者、20年以上昔に何度か仕事したことがあります。

iwakamiyasumi
長崎知事選の結果が、検察とマスコミが強引に吹かせた「風」のせいならば、勝者となった自民党は心から喜べるのか? 証拠が無くても、官報複合体は、勝手に風を吹かせることができる。誤報であろうと、冤罪であろうと、お構いなし。獰猛な牙はいずれ自民党側にも向けられる。それでも、喜べるのか?
約2時間前 webで
あなたと22人がリツイート

911nuke
映画マトリックスとイメージが被ってしまう。大部分の人類は搾取のための奴隷であると。 RT @applecider52 @souun_udoku:ここの処の早雲さんのつぶやきは値千金です。プリントアウトして毎日只管音読すべきですなw http://bit.ly/bz9qUI
約2時間前 Twitで
あなたと1人がリツイート

ホント、この世界は映画「マトリックス」にそっくり。多くの人が自分が奴隷化されていることに気付かず、虚構の世界の中にいる。

erakugo
@iwakamiyasumi 全く同感。どうして今まで誰もこの事をいわないのだろうと思っていました。小沢問題と痴漢冤罪問題は同根。目をつけられたら、誰でも犯罪者にされてしまうということです
約16時間前 Echofonで iwakamiyasumi宛
あなたと13人がリツイート

tosa_suigei
田中角栄元首相とロッキード事件への見直しと、立花隆氏の評価の暴落が平行して起っていることが、時代が確実に変りつつあることを実感させる。
約14時間前 webで
あなたと11人がリツイート

nasukoB
@kharaguchi  「世論調査」偏向手法の分析です。ご一読下さい RT @matsuhaji JNN世論調査は偏向報道の可能性があります。詳細に分析してみました。 (1)http://bit.ly/cYLDve
約15時間前 webで
あなたと2人がリツイート

先ほどの地震は震源が福島県沖、M4.8でした。
約15時間前 webで

地震だ〜!
約15時間前 Echofonで

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

【人民裁判】マスメディアによる「小沢一郎叩き」がさらに加熱http://bit.ly/cZGvYS
約17時間前 Echofonで

uesugitakashi
  今週の週刊朝日は特典付きです。なんと石川さんのインタビュー動画付きです。発売日以降にアップ予定。詳しくは誌面でどうぞ。 http://www.wa-dan.com/
12:11 AM Feb 21st webで
あなたと16人がリツイート

さて、今日はつぶやき以外に以下のブログを紹介したい。

対小沢一郎氏激烈メディア攻撃黒幕「三宝会」
小沢一郎攻撃メディア談合組織「三宝会」②
小沢一郎攻撃メディア談合組織「三宝会」③(植草一秀の『知られざる真実』)

「三宝会」は竹下元首相の指示で1996年につくられたもので、新聞、テレビ、週刊誌、政治家、官僚、評論家が集まり、自民党にとって最大の脅威だった小沢一郎氏をメディアの力で抹殺する作戦が行われたのである…とのこと。

要するに政治家、メディア、検察が裏でグルになって小沢一郎を陥れるための作戦会議をやっていた事が暴露されているのです。その結果が今の異常な小沢バッシング現象です。これを読めば、メディアの情報操作で「小沢こそ日本を牛耳る巨悪だ!」と思い込まされていた人たちも、騙されたことに気づくでしょう。

2010年2月21日 (日)

2/20のつぶやき

このところブログをかく時間がないため、せめてその日にツイッターに書いたつぶやきで面白いものをこちらに転載しようと思います。

iwakamiyasumi
よくご存じで。RT @igabin @iwakamiyasumi 記者は警察検察のことを、オフレコでは我々よりボロクソにこきおろしますよ。朝日新聞社会部も「日本の裁判? あんなものインチキですよ」言い切りました。TV記者「あいつら(警察検察)いつもこんなことやってますよ」。
約2時間前 webで
あなたと10人がリツイート

iwakamiyasumi
「断固、戦う」と言っていた小沢氏が、不起訴処分前後から、全面対決のトーンを弱めたことについて、取り引きでもあったのではないか、という疑いが一部で囁かれている。私も、同様の懸念について、不起訴発表直後にツィートしたが、今は懐疑的。というのは、検察側の攻撃的な姿勢に変化がないからだ。
約3時間前 webで
あなたと18人がリツイート

iwakamiyasumi
  拘留中の石川議員が、小沢氏の関与を自供したといくつものマスコミが報じましたが、蓋をあけてみれば真っ赤な嘘。検察は虚偽リークをしていたのです。でも、虚偽情報に踊らされた側にも「騙された!」という痛憤はなし。RT @medamin_charge 捏造だと過熱や漏洩よりも酷い。
約3時間前 webで
あなたと38人がリツイート

上の三つはフリージャーナリストの岩上安身( iwakamiyasumi )氏のつぶやきをリツイート(自分のフォロワーに他の人のつぶやきを紹介する事)したもの。岩上氏のつぶやきは非常に面白いので、よくリツイートします。

matsudadoraemon
谷川次席検事と戦う週刊朝日に検察にとどめの原稿書きました。次の火曜発売。RT @10mato 明確な証拠のないまま捜査内容をマスコミに漏らし実質的ダメージを与える。一般人ならそれだけで懲戒処分で、会社を辞めざるを得ない状況。誰もが小沢さんの立場を自分に置き換え考えるべき。
約10時間前 webで
あなたと33人がリツイート

鳩山内閣の現職閣僚の元政策秘書で、現在はフリージャーナリストの松田光世(matsudadoraemon)氏のつぶやきをリツイート。火曜発売の週刊朝日に要注目。

世界全体の金融・経済破綻が近い!http://takeyama-y.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-1c35.html
約8時間前 Echofonで

大阪地検特捜部が「愛知県の民主党衆院議員」を逮捕かhttp://alcyone.seesaa.net/article/141665394.html
約8時間前 Echofonで

@kharaguchi 裏金問題解明の件、非常に期待しています。抵抗にめげず、頑張ってください。三井環氏の証言を是非取り上げてください。
約12時間前 Echofonで kharaguchi宛

原口総務大臣(kharaguchi)宛に僕の要望をつぶやいてみました。返事は来なかったけど、直後に僕をフォローしてくれました。つまり、今後は僕が何かつぶやくと、原口大臣が読んでくれるという事です。ただ、膨大な人数なので、本当に大臣の目に止まるかは分かりませんけど。でも、こうやって国民の声に耳を傾けようとする原口大臣の姿勢はいいと思います。

日刊ゲンダイ「これがリーク世論誘導だ メディアと権力の癒着」http://alcyone.seesaa.net/article/141653061.html
約13時間前 webで

してました。RT @ngttks: しかし民主党政権になったら前政権の悪事が次々暴露されると期待してた人も多いんじゃないかな。
約16時間前 Echofonで

このリツイート、共感を読んだようで、たくさんの人からさらにリツイートされました。

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

2010年2月19日 (金)

メディア/リチャード・コシミズ

なかなかブログを書く時間が取れないのですが…それまでこれでもご覧下さい。

リチャード・コシミズ【メディア】独立党東京学習会(YouTube)

日本の主要メディアがいかに真実を隠しているかがわかります。テレビ・新聞の報道を見てそれだけを信じていると、完全に騙されて真実がわからなくなります。

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

2010年2月15日 (月)

お知らせ

次の本論に入る前にお知らせを…。
当ブログのコメント欄、トラックバック機能を廃止しました。政治ネタを掘り下げるとこうなることは予想していたけど、意見の合わない人のコメントをいちいち相手するのは時間の無駄だと判断しましたので。当分は政治ネタを中心に扱おうと決めたので、効率的に情報発信するためにもその方がいいと思うのです。僕がやりたいのは、僕の言うことが理解出来る人に重要な情報を届けたいということで、理解できない人と「朝まで生テレビ」のような議論がしたいわけじゃないですから。

今までついたコメントまで消さなくても良かったんだけど、ココログは過去のコメントは残し、これから先のコメントだけをOFFすると言う設定ができないみたいなんで、仕方ありませんでした。今まで理解あるコメントしてくれた方のものまで消えちゃったけど、ごめんなさい。お許しを…。

ツイッター始めて思いますが、比べるともうブログって古臭いメディアになりつつあるのかもしれませんね。ツイッターだとあっという間に共感の輪が広がって、すごいスピードで情報が伝わるべき人に伝わっていくけど、それに慣れるとブログはなんともドン臭い。スパムも多いし、不毛なコメントを処理するだけでうんざりしちゃう…。ブログは140文字で収まらないことを書くときだけの、ツイッターを補完するためのツールとしてあれば十分かな。

さて、次の本論は「日本の権力構造の現実」と言うタイトルで書いてみます。今ちょっと忙しくてなかなか書く暇がありませんので、今しばらくお待ちを。

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

2010年2月11日 (木)

ネットこそが最高権力/リチャード・コシミズ

前エントリーで検察の腐敗した実態を暴く様々な情報を紹介しましたが、これが決定版かもしれません。かなりショッキングな内容が語られますので、心臓の弱い方は要注意。

リチャード・コシミズ【ネットこそが最高権力】独立党大阪学習会(YouTube)

日本は民主主義国家ということになっていますが、実態は北朝鮮とそう変わらないのかもしれません。さらにもう一つ…

大阪地検特捜部~ズサン捜査ボロボロ発覚(ゲンダイ的考察日記)

特捜部の狙いは民主党の石井一議員だったようで、そのための「捨て石」として元厚労省局長の村木厚子被告を無理やり逮捕・起訴した…というのです。人権無視、目的のためなら手段を選ばない検察のやり方にはあきれ果てるばかり。もはや公判維持さえ危うい状況だそうです。

おそらく石川知裕衆院議員の公判も同じような状態になるのではないでしょうか。

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

2010年2月10日 (水)

検察はヤクザ以下のゴロツキ集団

ちょっとネットを調べれば、検察がいかに腐り切ってるかを示す情報がいくらでも出てきます。

「小沢辞任すべきが7割」の世論調査はマジメに受け止めない方がいい (ゲンダイ的考察日記)
精神的拷問を受けた石川議員の女性秘書はいまだ職場復帰できず(低気温のエクスタシー)
ラジオの世論調査では、小沢続投支持、64%なんですが(richardkoshimizu's blog)
腐敗した検察もう一つの重大犯罪と全面可視化(植草一秀の『知られざる真実』)
小沢幹事長問題ではっきりしたメディアと国家権力の危険な関係(ダイヤモンド・オンライン)
民主・石川議員が報道内容を全面否定(きっこのブログ)
検察が癌患者(その後病死)を逮捕した例(低気温のエクスタシー)

上杉隆氏「週刊朝日」東京地検の「抗議」に抗議する(朝日ニュースター)

特に以下の日刊ゲンダイの記事は余りにもひどいので、全文引用します。あなたはこれでもまだ検察の捜査・取り調べが「公正」であると思いますか?こんな検察と記者クラブ制度で癒着している新聞・テレビの報道を信じますか?

「ごみ野郎、くず野郎」検察の拷問・血だらけの紙オムツ1枚で取り調べを受けた屈辱は絶対忘れない[ゲンダイ]
投稿者 feel 日時 2010 年 2 月 10 日 00:14:45: /berAdga6DXu.

日刊ゲンダイ 2010年2月10日(9日発行)
小沢捜査を斬る!
大阪府枚方市元副市長 小堀隆恒氏

血だらけの紙オムツ1枚で取り調べを受けた屈辱は絶対忘れない
保釈後に呼んだ自分の新聞記事のデタラメには驚いた

 東京地検による小沢捜査の狙いのひとつが、「取り調べの可視化」潰しであったことは言うまでもない。足利事件の菅家さんの告発で高まった検察批判をかわすために検察が仕掛けた小沢捜査でもあるのだ。

 だが、今日登場の小堀隆恒氏(63)の実体験を聞けば、検察の取り調べがいかに野蛮で過酷かが分かる。

 小堀氏は、大阪府枚方市の副市長だった。濡れ衣の談合事件で逮捕・起訴に巻き込まれたものの、裁判で無罪判決を勝ち取った人である。

 私は小沢事件の真相はよく分からない。しかし、政権交代後の初めての通常国会で、まともな政策論議ができない状態をつくり出すほど、重大な事件なのか。検察は本当に根拠があるのか。最初から「悪い」と決め付け、その筋書き通りに捜査を進めているのではないか。自分の体験を振り返るとそう感じざるを得ません。

 3年前の平成19年5月31曰の午後6時ごろでした。数人の検事が突然、副市長室に乗り込んで来て「事情を聴きたい」と言われました。当時、市の清掃工場をめぐる談合報道があり、責任者だった私の元にも捜査機関が訪ねて来ることは予想していました。
 ただ、単なる事情説明で済むと思っていた。ところが、午後10時ごろに逮捕状が執行されたのです。驚いて「私が何をしたのか」と聞いても、検察は「談合の共犯や」と言うだけ。訳が分からず、一睡もできずに大阪拘置所で夜を明かしたのを覚えています。

 翌日朝から取り調べです。私は当時、腎臓がんで右腎を摘出し、前立腺肥大で手術を控えていました。それを検事に告げても無視です。7、8時間ぶっ通しの取り調べが続きました。案の定、排尿障害になり、医務室で処置を受けたのですが、これが乱暴だった。カテーテルを強引に尿管に入れたため、内部が傷つき、血尿が出るようになったのです。検事に訴えると、与えられたのは介護用の紙オムツ。それもたった1枚だった。家族らが代用品を差し入れても手元に届かず、保釈されるまでの約1ヵ月間、血だらけの紙オムツ1枚を繰り返し乾かして使いました。

 不衛生だから当然、尿管などから雑菌が体に入ります。しばらくすると高熱が出て、取り調べ中も頭がボーッとなった。コップ1杯の水も与えられず、便所で手を洗う際に□を湿らせてしのぎました。「生きて出られるのか」。私は強い恐怖を感じましたが、取り調べは容赦なく続きました。

 取調室はコンクリートの小さな部屋で、声や物音が響きます。東京地検から応援に来たという大柄の検事はパイプイスを思い切り壁に向かって蹴り付けたり、ドアを思い切り閉めたりして”威嚇”する。大声で私のことを「ごみ野郎、くず野郎」と怒鳴り、「白状しろ。カネはどこに隠したのか」と尋問するのです。こんな調子が深夜まで続くから、ある曰、拘置所の近隣住民から「うるさい」とクレームが来ました。私が否認を続けていると「カミさんを調べてデキが悪かったら逮捕する」とか、介護施設に入所している90歳の母親を「ストレッチャーで連れてきて調べる」と言う。「これが法治国家の日本なのか」と心底思いました。

 マスコミに対しても強い不信感を抱きました。保釈後に緊急入院した病院の中で、事件を報じた新聞各紙を取り寄せて読んだのですが、すべてデタラメ。一切否認なのに、新聞では逮捕2回目から「容疑認める」 「1000万円もらった」などと報じられているのです。愕然とすると同時に、検察からのリーク情報を垂れ流すマスコミの姿勢に呆れました。小沢事件でも、すべての報道を信じる気持ちはありません。

 無罪となっても、検察やマスコミからの謝罪はありません。非人道的な取り調べを受けた体験者として、こんなことは二度と起こしてはならない。取り調べの可視化は絶対に必要です。

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

2010年2月 7日 (日)

アミ in Twitter

ツイッターの中に「アミ 小さな宇宙人」のアミがいた(笑)。
アミのアニメ化プロジェクトっていうのもあるんですね。

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

2010年2月 6日 (土)

陸山会問題その後

「小沢氏辞任を」72% 共同通信全国世論調査(共同通信)

検察の情報操作に見事にはまり、洗脳された人がこれだけいるってことですか。情けない…。これでは闇権力の支配はまだまだ終わりませんね…。でも、この数字自体が嘘で「情報操作の一環」って可能性もあるな。

立花隆が緊急寄稿(1) 異例の再聴取の裏を読む「小沢はもう終わりだ」
立花隆が緊急寄稿(2) 「小沢不起訴」の先を読む
立花隆が緊急寄稿(3) 小沢と検察、両者の会見から読み取れるもの(Yahoo!ニュース)

あ〜あ、立花隆って以前は好きなジャーナリストだったんだけど…これでこの人も「闇権力の犬」だということがわかってしまいました。終わってるのは立花さん、あなたの方ですよ。

おそらく検察経由の小沢、民主党攻撃がもう限界と踏んだ闇権力の連中が、子飼いのジャーナリストを使った攻撃にシフトしたんでしょう。が、ある意味この問題について何を言うかで、その言論人のバックがどんなものかが透けて見えるのが、面白いといえば面白い。

当ブログの読者の皆さんは、間違っても騙されないでくださいね〜m(_ _)m。

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

2010年2月 5日 (金)

Twitter革命

もう一昨日のことになりますが、こんな事件がありました。

東京地検、週刊朝日に抗議 記事に「虚偽の点がある」(J-CASTニュース)

簡単に言うと、週刊朝日が掲載した東京地検を批判する記事「子ども"人質"に女性秘書『恫喝』10時間」に対して地検が週刊朝日編集部、及び朝日新聞本社に対して圧力をかけてきたのです。ジャーナリストの岩上安身氏は、ツイッター上でこの事件の顛末を次のように報告しています。

重要! 検察から、週刊朝日編集部に、出頭要請があったのは、事実だった!、情報が二転三転して申し訳ない。以下が真相。今日の午前中、検察から週刊朝日に対して、文書が届き、すぐに来てくれ、捜査妨害だ、話を聞きたいと。明白な出頭要請が

重要!2
この出頭要請情報は、たちまち外部にも流れたが、これに対して、検察は記者クラブを通じて、朝日新聞本社に圧力。なんと朝日新聞本社は、この圧力に屈して、週刊朝日編集部トップに対し、抗議文が来たことだけにして、出頭要請は伏せろと指示。

重要!3
本社の圧力に対して、週刊朝日編集部トップは抵抗したが、本社側の強い圧力に押し切られた。編集部の平部員や、外部に対しては、出頭要請はなかった、抗議文だけだったということにして、山口編集長は、明日、出頭することになるという。

重要!4
検察の異常な強権発動、それに唯々諾々と従う記者クラブ、権力に屈して、身内を売り、出頭がなかったことに偽装を強要する朝日新聞社、それらすべてに、断固として、抗議する!

…実は、僕はこの事件の経過を関係のジャーナリストたちがツイッター上で次々と「実況中継」するのをずーっと「観戦」してました。(その時の記録はここに残ってます。ずーっとさかのぼれば見れるはず。)いや〜、面白かった(笑)。テレビや新聞のニュースの100倍ぐらい。というか、こんなことがあったこと自体、テレビ・新聞を見ていただけじゃ分からないですよね?

なぜそうなるかというと、官庁や業界団体には「記者クラブ」というものがあって、そこに加盟した会社のジャーナリストだけが取材することが出来るんですよね。で、検察にとって都合の悪い批判的な記事を書いたりすると、たちまち記者クラブから除名されるんです。すると次から取材させてもらえなくなるので、大手マスコミの記者たちは皆おとなしく検察の「大本営発表」をそのまま記事にしているんです。

さらにいえば今回の「陸山会問題」などは、取調べ中の石川議員が何を言ったとか、絶対に出て来るはずのない情報が次々とマスコミにリークされてたでしょ?あれはおとなしく「言いなり」になる記者クラブの記者に向けてだけ、検察が内部情報を流してるんです。それをバラしたり、批判するとたちまち記者クラブを締め出されて情報がもらえなくなるので、大手マスコミは皆おとなしく言われたことをそのまま記事にしてるんです。だから記事の情報源は必ず「情報筋によると…」とか「関係者の話では…」と曖昧な書き方してるんですよ。だから原口総務大臣はマスコミがこういう記事の書き方をするのを批判したんです。長年テレビ業界で仕事してた人間として本当に情けないんですけど、これが日本の大手マスコミの現実です。検察と大手マスコミは慣れ合い、もたれ合いのズブズブの関係です。だから皆さん、新聞やテレビをいくら見ても、肝心の真実は何もわかりませんよ。どんどん頭がバカになるだけです。

つまりは、検察はこうやって情報操作、世論操作をしてるわけです。幸い小沢幹事長は逮捕、起訴されるまでは行きませんでしたが、もし立件されていて民主党が致命的なイメージダウンになっていたら、彼らの「思うつぼ」でした。要するに今政権を握っている民主党がこれ以上力をつけて、今度の参議院選挙でも勝ってしまっては困る「黒幕」が検察の背後にいて、彼らを操り、小沢幹事長や鳩山総理を「狙い撃ち」しているのです。

このような状況に風穴を開けたのが、前述の週刊朝日の記事であり、ツイッターなのです。普通なら検察の「大本営発表」が報道されて終わりのところが、気骨のあるフリー・ジャーナリストたちが、次々とツイッターのリアルタイム実況中継で内情を暴露し続けたんですね。しまいには週刊朝日の記事を書いた当人の上杉隆氏が「皆さん、明日東京地検にどんなふうにして出頭するのがいいですかね?アイディア募集します!」なんて言ったものだから、「ツイッターとユーストリームで全部生中継してくれ」とか、「裁判で判決出た時みたいに『無罪』と書いた紙を持って突撃しろ」とか、悪ノリ気味のコメントが殺到してツイッターは大炎上の「祭り」状態になりました。最高に面白い「筋書きの無いドラマ」でしたよ。もちろん99%は「検察の横暴許すまじ!」という意見でしたね。

僕はマスコミの閉塞状況に風穴をあけるのはインターネットしかない、とずっと思っていましたが、ツイッターのリアルタイムの情報伝播力は中でもダントツにすごいです。これは僕もやってみるまでわかりませんでした。このまま行くと大手マスコミのニュースなんて、誰も見なくなるんじゃないかな?ツイッター、みなさんにもお勧めします。是非体験してみてください。自分が興味を持った人物、共感を感じる人物を4〜50人もフォローすれば、人生が変わりますよ。そしておそらく、みんながこれを知れば、世界も変わるでしょう。

というわけで、東京地検という組織が腐りきってるということは、今回のことでますますはっきりしました。別に民主党や小沢幹事長の肩をもつわけではなく、小沢さんだって叩けばホコリは出ると思いますが、それを遥かに超えて東京地検の方がズブズブに腐敗しているということです。試しに「東京痴犬(ネット上ではこういう字を書いて地検を揶揄してるんです)」という単語でグーグル検索してみてください。いかに腐っているか、その実例がいくらでも出てきますから。特にこれこれこれあたりがおすすめかな。

まあ、こうしたことが明るみに出てきつつあるのも、今までの古い世界の秩序が崩れ、新しい世界に移行しつつあることの顕れでしょうね。これはもう、「天のシナリオ」ですから、誰にも止められません。これまで「権威」とされていたものが、次から次へと崩壊していくのを我々は目撃することになるでしょう。今後ますますこうした流れは加速していくでしょうね。

Tanigawa_danatsu

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »