PR

本日のつぶやき

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« ブログのタイトル変えました | トップページ | 11月農イベントのお知らせ »

2009年10月21日 (水)

菊池太母さん

Photo中山さんも共感したという、菊池太母(たも)さんのビデオをみました。これが撮影された時(1992年)で84歳、既にお亡くなりになっていますが、このビデオの中では年齢を全く感じさせないエネルギッシュな講話を聞かせてくれます。僕は友人にDVDを見せてもらったのですが、スピリチュアルTVで無料版が公開されているので、良かったらご覧になって下さい。太母さんの娘の菊池静流さんのサイトには、太母さんのコーナーもあります。

とにかく、太母さんから出て来る言葉すべてに「そうだよね〜」と納得してしまいました。僕とは50歳以上年齢差があるはずだけど、そんな事は関係なく「真実は真実」と感じさせてくれます。まあ、太母さんが言ってる事を僕がここでくどくど代弁してもしょうがないので、是非上記の動画をご覧になって下さい。

最近、こうしたスピリチュアル系の情報に触れる時、自分が共感出来るものとそうでないものの区別が、すぐに明確につくようになってきました。その基準は簡単な事で、神と自分も含めた人間、そしてその他の森羅万象が一体である、というベクトルのものはOK、それらをバラバラに分離させてしまうものはNG…という事ですね。すなわち当ブログのタイトルにもある「We are all one...皆々、一つなり」という事です。太母さんは間違いなく前者で、本物だと思います。

太母さんは「人間が頭で考えて作ったものにろくなものはない、わたしは一つも欲しいと思わない」と言い切ります。自然農の神様、故・福岡正信さんなんかも同じようなことを言ってますね。この点だけはデジタル・ガジェット好きの僕としては「うーん、でもパソコンやネットがなくなったらつまんないかも」と思ってしまうんですが(^^;)、これは何も今すぐ文明の利器を全部捨てて原始人のように生活しろ、という事ではないと思うんですよね。「○○があれば便利だし面白い。だけど、これがなくなっても自分は大丈夫」っていうスタンスでいればいいんじゃないでしょうか。「○○がなければ絶対ダメ」になってしまうとそれは「依存」になってしまい、自然な生き方からどんどん離れてしまうのでしょうが、「好きだけど、なくても大丈夫」という、依存でなく「趣味、好み」として利用し、必要があればいつでも手放せるのなら、問題はないと思います。こうして17年前の太母さんの話が聞けるのも、ビデオやインターネットのおかげですもんね。ただし、それよりも大切な、本質的な事があるということをわかっていれば…ですけど。

人気ブログランキングへ←1日1クリック、お願いします。m(_ _)m

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

« ブログのタイトル変えました | トップページ | 11月農イベントのお知らせ »

おすすめサイト」カテゴリの記事