PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« カリフォルニア州の財政破綻 | トップページ | 那須のスイカ »

2009年7月18日 (土)

ゴリラの気持ちを感じてみよう

筆者が音響効果を担当した番組の紹介です。

Img022_2 2009年7月19日 (日)
午前8時25分〜8時54分放送
NHK総合テレビ

課外授業 ようこそ先輩
「ゴリラの気持ちを感じてみよう」
東京都国立市立国立第三小学校
山極寿一(霊長類学者)

<山極寿一氏プロフィール>
1952年、東京都生まれ。京都大学理学部卒、理学博士。日本モンキーセンター研究員、京都大学霊長類研究所助手を経て、現在、京都大学大学院理学研究科教授、国際霊長類学会会長。1970年代後半から約30年間にわたり、アフリカ熱帯雨林でゴリラの生態調査を行っている。フィールドワークに基づいた実証的な学術研究は世界的にも高く評価されている。

<内容>
 永年、アフリカでのフィールドワークを通してゴリラと向き合ってきた山極さん。後輩の子どもたちにも、ぜひゴリラの気持ちを肌で感じ取って欲しいと思っています。山極さんは、実際に子どもたちにもフィールドワークを体験してもらおうと考えました。
 授業のテーマは、ズバリ“ゴリラの気持ちを感じる”こと。子どもたちは、上野動物園に暮らすゴリラの中から担当する1頭を決めて、そのゴリラを1日かけて観察します。でも一筋縄には行きません!これまで経験したことのない動物との向き合い方に子どもたちも少し戸惑っている様子。まず自分の担当のゴリラを見分けるのにひと苦労です。「全部同じに見える!」と嘆く子どもたち。でも1頭のゴリラを見続けるうちに、ゴリラに対するイメージもだんだん変わってきたようです。
 果たして、ゴリラの気持ちは彼らに届いたのでしょうか?

<筆者の感想>
ゴリラの様子を見ていると、人間よりもゴリラの方が賢明に生きているんじゃないか、と言う気がしてきます。山極氏が番組中で語っている「言葉を持ったことによって人間は便利になったけど、同時に本心とは違う嘘をつくこと、『フリ』をすることを覚えて不幸にもなった」という言葉が印象に残りました。

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

« カリフォルニア州の財政破綻 | トップページ | 那須のスイカ »

映画・テレビ」カテゴリの記事