PR

本日のつぶやき

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月28日 (土)

引越終了!

諸事情で今後は神様系の話題は全て「アワの歌の会」の公式ホームページに移行する事とし、当ブログは「那須に生きる」と改題して、それ以外の話題や個人的な事を取り上げて行く事にします。一時同じタイトルの別ブログを立ち上げましたが、URLが変わってしまう事にはあまり意味がないと思い直しましたので、当ブログをリニューアルして再スタートする事にしました。今後ともよろしくお願いいたします。

さて、3日ほど前にようやく新居への引越が終了しました。といっても、とりあえず荷物を運び込んだというだけで、まだ全然片付いてませんけど。ともあれ、寝泊まりは新居になって三日が経ちました。引越当日(3月25日)は那須はなんと雪がちらつくあいにくの天気。もう暖かくなって来たので、新居に移って来てからはほとんど暖房はいらないかな、と思っていたら、さにあらず(^^;)。薪ストーブはまだ使えないので、石油ストーブとホットカーペットでなんとかしのいでいます。前よりもリビングがずっと広いので、ストーブ全開でもあまり効かない…春が待ち遠しい今日この頃です。

新居のある別荘地(バケーションランド)は光ファイバーのネット回線が使えない地域なので、ADSLでどの程度のスピードが出るか懸念していましたが、測定したところ下り6〜7Mbpsぐらいは出てますね。ADSLとしてはまずまずのスピードでしょう。通常のネットサーフィンなら、実用上ほとんど支障はなさそうです。上りは1Mbps程度。これはADSLの特性上仕方ないのですが、動画のアップなんかはちょっと遅くなるでしょうか…?

ネット環境については想定内でしたが、想定外だったのは携帯電話とテレビ。事前の家の前でのテストでは電波は弱いものの一応使えると思っていたiPhone(ソフトバンク)ですが、家の中で使おうとするとほとんど圏外か繋がってもすぐ切れてしまうという状態。これには困りました。仕事の連絡もほとんど携帯電話なので、これはなんとかしなければいけません。調べたところ、こういう場合に対処するためのホームアンテナの設置サービスというのをソフトバンクがやっている事が分かったので、それを早速頼みました。しかし工事は4月6日になるとのこと。それまでは金子の携帯電話は圏外で繋がらない事が多いかもしれませんが、必要な方は自宅の固定電話の番号をお知らせしますので、メールをください。

それともう一つ、ここはどうやらテレビの地上デジタル放送も入らないみたいなんですよね…。テレビ屋としては今更アナログに戻るのはつらいところなんですが、一応今度電気屋さんが来て本当に電波がとどいていないかテストしてくれることになりました。アナログのアンテナはついてるんですが、つないでみたところなぜかアナログ放送も映らない…??前オーナーがしばらくほったらかしだったそうなので、その間にアンテナがいかれてしまったのでしょうか?

電気屋さんが来てくれるのも4月に入ってからなので、それまではテレビも携帯も使えない、何とも静かな生活を送ることになります。まあ、こういうのもたまにはいいか…(笑)。

R0013108
ひかりちゃんは微笑むも、電話は繋がらず…。

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

2009年3月18日 (水)

小沢一郎の秘書逮捕事件は、やはりアメリカに依頼された「国策捜査」だった

ベンジャミン・フルフォード氏のブログに以下の記事が載っていました。

小沢一郎の秘書逮捕事件は、やはりアメリカに依頼された「国策捜査」だった

僕も全く同感です。この騒ぎが起きたとき、直感的にこれはアメリカの仕業だろうと思いました。政府自民党の幹部は「国策捜査ではないか」との批判に「この法治国家日本で、政権与党だからと言ってそんな権力の乱用が出来るわけがない」と反論していましたが、確かに政府にそんな力はないかもしれません。だけど、アメリカ(及びその背後にいるユダヤ金融資本)なら、それも可能でしょう。検察を操ることも奴らなら出来たでしょうね。なんせ、日本は事実上戦後ずっとアメリカの属国でしたから。

小沢一郎の「第七艦隊で十分」発言は、いわば「もはや日本はアメリカの属国でいる必要はない」という意思表示と言えますから、このことがアメリカを支配している権力にとって許せないものだったのだろうと思います。次の選挙で小沢民主党が大勝すれば、本当にその方向に行きかねないので、その前に潰しておこうということでしょうね。当初からこの事件の検察の動きは無理がある、ということが言われてましたが、奴らはなりふり構わず、何が何でも小沢の秘書を有罪にしようとするでしょう。しかし、アメリカを支配している権力も、かつての勢いは既にありません。こんな強引な手で小沢を陥れようとしたことに、彼らの焦りが滲み出ていると言えそうです。どこかでぼろを出すのではないか、と毎日のニュースに注目しています。

僕は別に小沢一郎と言う政治家が特に好きというわけでもないし、民主党に特別期待しているわけでもありません。(アメリカとユダ金の完全な「飼い犬」だった小泉「売国奴」純一郎よりはかなりましだとは思いますが)ですが、政治がまともになるためには、もっともっと政界の「揺さぶり」が必要だと思いますので、その意味で政権交代は必要だと思ってます。現状ではその可能性は民主党にしかありませんからね。どこかで今回の小沢秘書逮捕事件の「大どんでん返し」が起こることを期待します。

P.S.
オバマ大統領も暗殺されないまでも、このまま行くとこうした手法で陥れられる危険が大でしょうね…。

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

2009年3月17日 (火)

新居

那須に移住して7ヶ月あまり、ようやく本格的に腰を落ち着ける家を購入しました。今月の25日に仮住まいの借家から新居に引越予定です。

新居はこんな感じ…。

R0012638_2jpg
外観

R0012648jpg
リビング

R0012650jpg
キッチン

R0012653jpg
洗面所

R0012655jpg
お風呂

R0012643jpg
2階洋室

R0012644jpg
2階和室

…とまあ、築15年のかなりきれいな物件を格安で入手することが出来ました。若干リフォームが必要なんですが…。

R0012658jpg
一番の問題はこれ。薪ストーブの煙突部分から若干雨漏りしてました。

R0012661jpg
そのせいで真下にあった薪ストーブが錆びてしまっています。

R0013026jpg
煙突部分の外観。この傷んだ部分から雨水がしみ込んでました。

R0013099jpg
しかし煙突周辺の天井をぶち抜いてみたところ、思ったほど内部は傷んでおらず、佐賀からわざわざ来ていただいた建築士の勝河さんの診断では「これなら十分修復可能」とのこと。良かった良かった。

R0013104jpg
もう一つの問題は、家の前の斜面に立ったこのコンクリートのオブジェ。これが何かと言うと…。

Web_2
15年前の新築当時はこのようなウッドデッキが上にあったのです。この木の部分が朽ちて基礎のコンクリートだけが残っているのですね。今、これを生かしてここに倉庫を造るか、コンクリートを撤去して斜面を段々畑にするか、考え中…。

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

2009年3月15日 (日)

株価はなぜ持ち直したか?

日経平均7500円回復でも慎重論、4月以降に警戒(ロイター)

さて、新ブログのタイトルには似つかわしくない経済の話から入ります(笑)。乱高下する日経平均株価は、現時点(3月13日終値)ではなんと7569円まで回復してしまいました。しかし、ネット上を検索すると「株価が上昇する要素はない」という専門家の意見が大勢を占めているようです。

上昇する理由がないのに、なぜ株価は上がるのか?その理由が上記の記事に書いてあります。すなわち政府の株価対策、「公的年金による買い支え」によって無理矢理株価を上げているということです。以前はこんな話題を大手マスコミが取り上げることはなかったと思うのですが、マスコミも変化の波が来ているということでしょうか?同じような切り口で、数日前の「報道ステーション」でもこのことが伝えられていました。

しかし、こうして人為的な操作で株価を維持したとしても、当然ながらいつかは限界が来ます。上記記事でも指摘されていますが、限界が来て株価を下支え出来なくなった時は、大クラッシュになる可能性があります。そうなったら、株式市場につっこんだ公的年金資金はどぶに捨てたようなものです。どこかで株価が、政府による買い支えなしでも上昇に転じれば別ですが、まず無理でしょう。事実上、年金の破綻もこれで大幅に加速されることになったと言っていいと思います。

そもそも、皆の老後を支えるための公的年金を「株」などという不安定な、儲かるか損するか分からないギャンブルのようなものにつっこんでいいんでしょうか?当然政府内でも是非論はあるんでしょうが、そんなことを言っていられないほど、事態は切迫しているということなんでしょうね。僕は個人的には年金というものは10年ぐらい前から、いずれ破綻するものとして全く信用していませんでしたが、真剣に老後の生活の基盤としてあてにしていた方も多いはず。全く罪な話です。

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

2009年3月10日 (火)

日経平均続落、7054円

日経平均続落、終値31円安の7054円 連日のバブル後安値
NY株、ダウ終値79ドル安の6547ドル 12年ぶり安値更新(NIKKEI NET)

今日も日米とも株価は下がりましたが、日経平均は辛うじて7000円ラインを維持しました。

「信用収縮効果に断固立ち向かう」株価下落で与謝野財務相(NIKKEI NET)
7000円防衛の意味(Nevada Report)

本気なのかポーズなのか分かりませんが、いまだに政治家とその御用学者たちは今をなんとか乗り切れば、いずれ景気は上向くと言っています。その一方で「株式市場は既にメルトダウンして消滅しつつある」ということを指摘する専門家も少なくありません。もちろん、真実は後者だと思いますが。

どうする2009年度(藤原直哉の「日本と世界にひとこと」)

経済アナリストの藤原直哉氏が、インターネットラジオで面白いことを言ってます。アメリカのオバマ大統領のことですが「あの人は本当に戦っているという感じがする」と言うのです。何と戦っているかと言うと、アメリカを牛耳って来た大金持ち…すなわちユダヤ金融資本ですね。曰く「そもそもオバマのバックはロックフェラーですから。大金持ちが『次は黒人だ』と言って出して来たのがオバマですもんね。そのオバマがあれだけ激しく金持ちに抵抗するとは思わなかったでしょうね」…とのこと。

ネットを検索すると「オバマは所詮ユダヤ金融資本の飼い犬だから、本質的にはブッシュと何も変わらない。『チェンジ!』と言って実際は何も変えない、詐欺師のようなもんだ」と言う見方をする人も多いようです。しかしどうやら、そうではないのかもしれません。「なるほど、そう来たか」という感じです。オバマの戦略は、自ら「獅子身中の虫」となって旧体制を崩壊させるということでしょうか。しかし、そうなると次に危惧されるのはケネディと同様に、オバマの「暗殺」ですが…。もはやユダ金にそんな力は残ってないかな?

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

2009年3月 9日 (月)

日経平均7086円

日経平均、終値7086円 バブル後安値更新、26年5カ月ぶり低水準 (NIKKEI NET)

カウントダウンが始まったようです。7000円を切ると大手銀行の経営に火がつき始めると思われます。

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

2009年3月 5日 (木)

韓国語バージョン!?

当ブログが韓国語に翻訳されてる…?
これ、どういうこと???

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »