PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月28日 (月)

Free Tibet!

知人から転送されてきた情報、転載自由とのことなので、こちらにも転載させていただきます。(一部に以下の内容が筆者自身の体験だと勘違いした人がいるようですが、そうではありません(^^;)。アリさんという人が書いたmixiの日記を転載したものです。お間違えなきよう…。)

聖火リレー、行ってきました。
まず皆さんにお願い。
この日記を転載、リンクして頂いてかまいません。
動画3つまでしか載せれないため、
動画ありと書かれたものは僕のメインページの動画にあります。

4/26日を振り返ります。

早朝、善光寺へ向かった。
Mちん、Tさん、F君、Yちゃんと5人で。

町には何台もの大型バスが乗り入れ、中国人が降りてくる。
僕らがそれぞれ旗を作り、プラカードを作り、前日からカラオケボックスで寝ていたのに対し、
彼らは中国大使館から支給された巨大な旗と、チャーターバスで堂々登場した。

善光寺参拝が終わり、街中へ。
とりあえず聖火リレー出発地点へ向かった。
ここで日本とは思えない景色を目にした。

出発地点に、中国の旗を持った人は入場できるが、チベットの旗を持った人は入れない。
警察の言い分。
「危険だから」
じゃあ、何で中国人はいいんだ?
「......ご協力お願いします。」

は?
それやらせじゃん。
中国国旗しかない沿道って、警察が作ってるんじゃん。

その時の抗議の様子
(動画)

この後TBSの取材が来た。
チベットサポーターの1人が、
「日中記者交換協定があるから映せないのか?」とアナウンサーに聞いた。
アナウンサーは「は?勝手に叫んでれば?」
と吐き捨てて消えた。

街中に行くとどこに行ってもFREETIBETと叫んでいる。
そこに中国人が押し寄せ、罵声を浴びせてくる。
(動画)

交差点で中国人と僕らが入り乱れた。
突然Mちゃんが顔面を殴られた。
僕は殴った中国人のババアを捕まえて、目の前の警察に言った。
「こいつ殴ったぞ!!」
警察は何もしなかった。

ババアが俺の手を噛んだ。手から血が出た。
警察と目が合った。
警察は何もしなかった。

ババアが僕の顔面を殴ってきた。
周りのチベットーサポーターが、
「おい、警察、現行犯だろ、捕まえろよ!!!!」
と言ったのに、
警察は何もしなかった。

これが抗議活動中じゃなかったら、普通にブチ切れて乱闘になってる。
でも非暴力を貫く為、ひたすら耐えた。

Mちゃんが1日かけて一生懸命書いたプラカードを、
中国人が叩き落とした。
拾おうとするMちゃん。踏みつける中国人。
「おい、てめー何やってんだよ!」と制止に入った。
2mくらいの距離に警察がいたが、何もしなかった。

街中いたるところで抗議合戦。
救急車が来たり大騒ぎ。
僕らはひたすら抗議活動をした。
(動画あり)

雨が降ってきた。
それでも誰も抗議を辞めなかった。
中国人がかたまってる交差点を、
Tさんと旗を振りながら渡った。
沿道の中国人は蹴りを入れてくる。
とても沿道に入れず、車道を歩いていた。
警察が来て言った。
「早く沿道に入りなさい!!」
は?今入ったらボコられるじゃん。
なんで日本人の安全を守ってくれないの?
「じゃあ、あいつらに蹴りいれるの辞めさせろよ!!」と僕は叫んだ。
警察は「ご協力お願いします」と言った。

雨の中、聖火リレーのゴール地点へ向かった。
何故か中国人とチベットサポーターに分けられた。
警察は、「後で聖火の方に誘導するから。」と言った。
嘘だった。
ゴールの公園の外の何も無いスペースにチベットサポーターは閉じ込められた。
聖火なんか、どこにもなかった。
目の前には警察が何十人も取り囲んでいた。
こんな場所じゃ、声すら届かない。
数百人のチベットサポーターは、泣きながら警察に向かって叫ぶだけだった。
国境無き記者団もこちら側に来させられていた。
代表がマスコミのインタビューに答えていた。
(裏から撮影した動画あり)

聖火リレーがいつ終わったのかも分からないまま、
土砂降りの中僕らは叫び続けた。
この声を、伝えることすら出来ないのかと思ったら涙が溢れてきた。
MちゃんもF君も泣いていた。
こんなのってあんまりだ。
せめて伝えて欲しいだけなのに。
この叫びを聞いていたのは目の前に並んだ警察だけだった。
(動画)

チベット人の代表が弾圧の現状を訴えた。
涙が止まらなかった。
内モンゴルの代表が弾圧の現状を訴えた。
涙がとまらなかった。

伝えたい。ただ伝えたいだけなのに、国家権力によって封殺された。
悔しい。悔しい。

日本は最低な国だ。
平和だ、人権だと騒ぐ割には、
中国の圧力に負けて平気でこういう事をする。
警察を使って。

帰りに携帯でニュースを見た。
「聖火リレーは無事終了。沿道は大歓迎ムード。」
「聖火リレーで日本人5人逮捕。中国人留学生に怪我。」

僕は愕然とした。
この国のマスコミは終わったと感じた。

あの怒号は、
僕らが受けた痛みは、
彼らの悲痛な叫びは、
どこに反映されたのだろう。

警察によって意図的に中国人のみの沿道を作り、
そこをマスコミは撮影し、
中国人の暴力を黙認して、日本人を逮捕する。
これが日本のやることか?
ここは本当に日本なのか?
中国の旗を持たないと歩けない沿道って何なんだ?

この国は最低な国です。
チベット人は泣きながらありがとうと言っていたけれど、
僕は彼らに謝りたかった。
初めて日本人であることを恥じた。

帰り道、僕らは泣いた。

これが真実です。
僕は日本政府は中国以下だと思った。
弾圧にNOを言えずに、言いなりになって彼らの叫びを封殺したこの国は、もう民主主義国家ではない。

4/26日長野。
そこには言論の自由はなかった。
歩行の自由すらなかった。
中国人を除いて。

追記:どなた様も、転載の許可必要ありません。
報告だけしていただけると、反応が見れて嬉しいのでお願いします。
動画が消えたりするるみたいですが、また報告していただけたら何度でも載せなおします。
マスコミの嘘つき。大嫌い。
FREE TIBET!!

以上、オリジナルはmixiの日記なので、mixi会員はこちらで 動画付きのオリジナルを見ることが出来ます。僕個人としては、テレビ業界の人間なので、ある程度マスコミの裏側というものを見てきているので、「ああ、そ んなもんだろうな」という感じで、驚くというほどのことはありませんでした。結局のところ、権力に逆らえるほどの「言論の自由」なんて日本にはないという ことですね。いや、世界中どこにもないでしょう。先日国債急落の話題で「日本のマスコミはなぜこの重大ニュースを報じないん だ?」と書きましたが、まあ昔からそんなもんなんです、日本のマスコミは…。権力の前では、我々庶民は飼いならされた「家畜」のようなもんです…日本も含め、今の世界の本当の現実はね。この世界に本当の民主主義なんて、存在しないんです。

2008年4月25日 (金)

国債急落

国債急落で初の一時取引停止、「VaRショック」再来の声も(ロイター)

先週の株暴落の危機はなんとか保ちこたえたみたいですが、違うところで赤信号が出ています。今の日本の国家予算の半分は国債でまかなっていますから、国債の信用が崩れたらこれまた財政破綻まっしぐらです。

※4/26 午後2時半追記
しかし日本の大手マスコミがこの重大なニュースを全く扱わないと言うのはどういうことだ?(ロイターはイギリスの通信社)真っ先に報じるべき日経新聞も全く無視している。残念だけど、日本のマスコミは常に権力によってコントロールされ、バイアスがかかった情報しか流せないと言うことの一つの証拠でしょうね。

2008年4月24日 (木)

「アワの歌館」に行ってきました

ユニティ・デザインでも既に紹介されていますが、アワウタフフルウミノオンカミ様(中山博氏)の新居である通称「アワの歌館」に行ってきました。今回(4月21〜23日)は僕の那須移住にあたっての下調べとして、サトルエネルギー学会の神尾先生をはじめとするグループの皆様と一緒に那須入りしたのですが、僕にとってとても有意義な、転機となる旅でした。

「アワの歌館」に到着して敷地に入ると、波動の高い神社を訪れたときと同様の清々しさが全身に感じられ、さすがに中山さんの住居として神様が指定された場所だと思いました。お部屋を拝見していると、中山さんから「金子さん、こっちに来てください。何か言いたいことがあるようですから」と促され、早速神様からのメッセージをいただきました。プライベートなことなので詳細は控えますが、どうやら僕も神様から招集がかかっていることは間違いないようです。ふとしたことから突然那須移住を決めたものの、「本当にこれでいいのかな?」という一抹の迷いもなきにしもあらずでしたが、これでそれもなくなりました。あとは前に進むだけです。今回「那須で暮らすには運転免許は絶対に必要」と言うことがよく分かりましたので、(僕は運転免許持ってないのです(^^;)。)今後の予定としては出来れば5月中、遅くとも6月までには合宿で免許を取り、その後出来るだけ早い時期に那須に移住するつもりです。(すぐに家を買うわけではなく、当初は賃貸で住む予定。)

それからもう一つ僕自身に関して、不思議な体験をしました。しばらく前に自転車で転びそうになって無理な姿勢で着地した時、腰をひねって軽い腰痛になっていたんですが、それが重い荷物を肩に担いで行ったせいで、この時悪化してしまったのです。那須に到着する頃には前屈みでないと歩けないほどひどくなっていたのですが、中山さんが「せっかくですから、見てあげましょうか」とおっしゃってしばらく手を当てていただくと、だんだん背筋がまっすぐ立つようになってかなり楽になったのです。おかげでその後の行動にはさほど支障が出ませんでした。さらに一晩寝て翌日にはほとんど痛みはなくなっていて、さらに翌日の最終日には宿泊した神尾先生の別荘の大掃除の手伝いをしても問題ないほど、ほぼ完治と言ってもいいほどまでに回復していました。ギックリ腰を一度でも経験したことがある方ならお分かりでしょうが、普通は一度なると安静にしている以外治す方法はなく、そう簡単に治るものではありません。それがたった2日でほぼ完治してしまいました。中山さんも僕の回復の早さに驚いておられましたが、おそらく中山さんの施術と、那須という土地(特にアワの歌館)の高い波動、それから呼ばれてやってきた僕に対する神様の助け、これらの相乗効果があったのではないかと思います。本当にありがたいことです。

2日目の22日には福島県の昭和村で行われた御神事に同行させていただいたのですが、その時撮った写真をいくつかご紹介します。

080422_122901_2

これは「五社頭山ノ神神社」での神事の後、御神木(??…ちょっと正確な表現ではないかもしれませんが…詳しいことはユニティ・デザインにいずれ掲載される竹下先生の解説をお待ちください)に抱きついている僕です。亀谷ひろみさん(神尾先生のお姉様)に撮影していただきました。

※Photo with RICOH Caplio GX100(クリックで拡大)
R0011580

これが五社頭山ノ神神社。お社自体はとてもこぢんまりとしたものです。

R0011589_2

これは中山さんが前々日の「アワの歌の会」の時にビジョンで見た泉を探し当てたもの。飲むと様々なご利益がある…らしいです。もちろん、たっぷり飲んできました(笑)。とてもおいしい水でした。

R0011593

この日は三カ所の神社を回ったのですが、これは最後に行った神社がある山の遠景です。見事なまでの円錐形をしていますね。一瞬ピラミッドかと思うほど…。ところで写真の左手上空をみてください。なんか妙なものが映っていますよね?雲でもないようですが、一体なんだろう?

R0011592

連続して撮ったもう一枚の写真には写っていません。何なんだ、一体…?

それから、写真は撮れなかったのですが、この日の帰りの車中から、美しい夕日とともに、見事な龍の形をした雲が、私たちを祝福してくれるかのように空に現れました。中山さんも「今日は大サービスですね」と笑っておられました。

その後温泉に行って中山さんをはじめ皆さんと裸の付き合いも出来たし(笑)、なんと温泉につかりながらアワの歌を歌っていただくと言う、贅沢なひとときも体験させていただきました。僕にとって本当に今回の旅は貴重な体験でした。ますます早く那須に移住したくなりましたよ(笑)。

2008年4月16日 (水)

米企業業績は「ひどい状態」

発表された米企業業績は「ひどい状態」、株式は下落へ=ゴールドマン(ロイター)
米ベアー・スターンズの第1四半期決算、79%減益(ロイター)
米アナリスト、第1四半期の米企業決算予想をさらに下方修正(ロイター)
15日から米ハイテク企業決算本格化、下方修正見通し相次ぐ可能性(ロイター)

「今週半ばが危ない」というのはこういうことが懸念されたからですが、現実化の方向に向かっているようです。16、17日の動向に特に注目すべきでしょう。

4/15 金銭欲・物欲を下げる光

日付が変わってしまいましたが、昨日の光は強烈でした!光が降りている12時〜13時の間は特にどうということはなかったのですが、13時を回ってすぐ、頭がくらくらと目が回ったような状態になり、椅子に座っているのもつらくになったので、2時間ぐらいベッドに横になりました。横になりながらも「一体何が起こったんだ!?」と気が動転していましたが、波動が落ちたときに特有のズーンと体が重くなり、気分が沈んでしまう感じはなかったので、ムーラーダーラに波動が落ちてしまったわけではなさそうだな、とも思いました。

15時ぐらいになったら落ち着いてきたので、仕事に戻りました。ついさっきまで仕事をしていたのですが、その後は特に変わったことはありませんでした。念のためにさっき「浄化の祈り」をやってみたのですが、いつも通り波動が上がった感覚があったので、どうやら「落第」ではなかったようです…ホッとしました(^^;)。最近は「桜台の家がいくらで売れるかな」なんてことも多少気にしていたので、もしや…とも思ったんですけどね。

おそらく、あまりにも光のエネルギーが強かったために、目が回ったような状態になったんだと思います。中山さんに初めてアワの歌を歌ってもらった時もこれに近い状態でした。今後、自分にどういう変化が出るかはある程度の期間観察しないと分からないでしょうね。また何か気付いたことがあったら、改めて報告したいと思います。

↓写真も一応撮りました。12時20分頃の太陽です。真っ昼間の太陽はNDフィルタがないとつらいな…。でもなんとなくエネルギーの強さのようなものは感じられるように思うのですが、どうでしょう…。(写真なのにまぶしい感じがしませんか?)
Dsc00287
※Photo with SONY α700 + TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II (クリックで拡大)

追伸:経済の専門家の「今週半ばあたりが危ない」(株式市場の大暴落が始まる恐れがある)という発言がチラホラ聞かれますが、現実にこういうニュースが流れ始めてます。

発表された米企業業績は「ひどい状態」、株式は下落へ=ゴールドマン(ロイター)
米ベアー・スターンズの第1四半期決算、79%減益(ロイター)
米アナリスト、第1四半期の米企業決算予想をさらに下方修正(ロイター)
15日から米ハイテク企業決算本格化、下方修正見通し相次ぐ可能性(ロイター)

もしや、15日に降りた光と連動してるのでしょうか…?16、17日の経済ニュースの動向に要注目です。

2008年4月14日 (月)

世界の資金調達130兆円減

世界の資金調達130兆円減・1―3月、サブプライム響く(NIKKEI NET)
日経平均、406円安・1万3000円割れ(NIKKEI NET)
世界の金融市場、不安定さが増している=IMFC声明(ロイター)

噂レベルの情報ですが、各所で今週半ばが危ない(大暴落のスイッチが入る)とささやかれてますね。

2008年4月13日 (日)

葉隠三題

R0011504

R0011512

R0011573

コメント&トラックバック復活

当ブログのコメント機能、トラックバック機能をいったんOFFにしていましたが、その後メールで有用な情報が寄せられ、多くの人の参考になりそうな情報が埋もれてしまうのは惜しいと感じましたので、コメント機能とトラックバック機能を復活させることにしました。

ただし、以前と違って、誰でも何でも書きたいことが書けるわけではありません。コメントを書いてもすぐには表示されず、管理者である僕が目を通し「これはOK」と判断したものだけが公開されることになります。インターネットは諸刃の剣で、思ってもいなかった有用な情報が得られることもあれば、無秩序な状態に陥り、波動を落としてしまうこともあります。そこでこのような「苦肉の策」を取らせていただくことにしました。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

2008年4月12日 (土)

4/7以降の変化

4/7の祝福の光の当日は体調を崩したりしてよく分かりませんでしたが、ここに来てなんとなく変化が感じられるようになってきたみたいです。毎朝ガヤトリーマントラを3マラ唱えていますが、以前は唱え終わったあとググッと波動が上がる感覚があっても、しばらくするとその感覚は消えていましたが、ここ数日はそれがずっと持続しているようなのです。波動が上がった感覚は3マラ唱えた直後が一番強いことは確かなのですが、その後時間が経っても何となくサハスラーラ周辺が上に引っ張り上げられるような、何となくジーンとするような、フワフワと浮き立つような…表現が難しいですが、そんな感覚がずっと続いています。もちろん今も。

これが4/7に光が降り、日本全体が聖地になった影響なのか、それとも二十日ほど前から続けている「毎日3マラ」のガヤトリーマントラの効果なのか、そこははっきりしないのですが、ここ数日は「いい感じ」で来てるな…と思います。

2008年4月 9日 (水)

サブプライム損失、全世界で96兆円

サブプライム損失、全世界で96兆円…IMF試算(NIKKEI NET)
クレジット問題は09年にかけ一段と悪化、米銀破たん増加へ=RBC(ロイター)

3/18の段階では78兆円でしたから、ひと月と経たないうちに18兆円膨れ上がったことになりますね。

2008年4月 8日 (火)

その後

今朝ガヤトリーマントラを三マラ唱えた後は、いつものように波動が上がった感覚がありました。ですので、前回のように「救済の段階」から転落してしまったわけではなさそうです。ですが、昨日の祝福の光を受け取れたかどうかは結局良く分かりません。2/22の時のように、何かが劇的に変わった感覚も今のところ感じられません。

ただ、昨日夕方まで鼻風邪がひどくて、くしゃみ鼻水が止まらなくてぐったりしてしまったと書きましたが、2時間ぐらい睡眠を取ったらその後は嘘のように治ってしまいました。これも不思議と言えば不思議…。やはり祝福の光の時間だけ、何らかの妨害を受けていたのでしょうか…?謎です…。

2008年4月 5日 (土)

那須に移住決定!

移住先は栃木県の那須に決定です。このところ関連の情報を集めまくってます。で、浮上してきたのが100坪ぐらいの土地を買って、そこに半セルフビルドでログハウスを建てること。中古住宅を買うのもありですが、ログハウスはなかなかないし、こっちの方が夢があるでしょ?普通に業者に施工してもらっては予算的に苦しいので、半分ぐらいはセルフビルド(自分の手で建てること)で建てようと思っています。色々調べたら、キットなら意外と素人でもログハウスは建てられるみたいなのです。現在候補に挙がっているログハウスのベンダーは以下の二社。

キートス
とにかく安さならここ。この中のGP-76というキットに目を付けています。84.6㎡という建築面積で、440〜480万という価格のログハウス・キットは他では見当たりません。新潟の会社だけど、「セルフ・ビルダーを応援します」「直輸入で直接施主に販売することで中間マージンをカット、その他にも価格を抑えるために、派手な宣伝は一切やってません」「ログハウスは高い、とあきらめかけていた人も夢を実現出来ます」という姿勢に好感が持てます。もちろん施工の指導もしてくれますが、セルフビルドに力を入れているので、ノウハウは豊富ではないかと期待出来ます。主にフィンランド製の部材を使用しています。

那須ログハウス.NET
那須の地元のログハウスベンダー。キートスほど安くはないけど、那須と言う土地を知り尽くした、きめ細かいノウハウが売り。狙い目はWARABIと言うキットあたりか…。地元の会社なので、何か困った時はすぐに相談出来るのが良さそう。キートスのキットの部材は「マシンカット」と言って、ログと言っても四角く切った「角材」に近いものだけど、こちらは「ハンドカット」という、よりログハウスらしい「丸太」の部材のものもほぼ同じ値段で選べるらしい。また、「パッケージ価格」の中に含まれる付属品が豊富なので、キートスより高いと言っても意外とそれほどの差はないのかもしれない。価格はカナダドル建てなので、今後円高が進めば結果としてもっと安くなることも期待出来る。カナダ製の部材を使用。

…てな感じですが、もしもっと他にもお勧め情報があったら教えてください。

昨日は池袋まで自転車で出かけ、那須関連、ログハウス関連の本をいくつか仕入れてきました。

※昨日の走行記録
走行時間:1時間30分35秒
最高時速:37.4km/h
平均時速:14.1km/h
走行距離:21.29km
積算距離:1235.4km

2008年4月 4日 (金)

米経済は停止状態

米経済は「実質的に停止状態」、欧州・新興国にも影響=IMFエコノミスト(ロイター)
米消費者ローン延滞率、15年9カ月ぶり高水準に・10―12月期(NIKKEI NET)
UBS、1兆9000億円追加損失・1―3月期、サブプライム問題(NIKKEI NET)

日経平均は一時的に持ち直していますが、その裏ではこのような事態が確実に進行しています。

2008年4月 3日 (木)

桜台の桜

…って、本当は氷川台だけど(笑)。石神井川の川辺はなにげに桜の名所だったりする。

※Photo with RICOH Caplio GX100(クリックで拡大)
R0011475

R0011491

R0011493

R0011495

R0011500

R0011502

R0011474

桜って他の花と違い、日本人には何か特別の感情を呼び起こさせるような気がするんだけど、どうしてなんでしょうね?

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »