PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« The Police Live at Tokyo Dome | トップページ | 英、ノーザン銀を一時国有化 »

2008年2月15日 (金)

シンギング・リン・セミナーでの気付き

セミナーレポートはもう書かないことにしてましたが、先日の2/10(日)の東京でのマイスター講座(講師はシオンインクの最終兵器、Shin氏)では、個人的に重要な「気付き」があったので、そのことについて少し触れたいと思います。

セミナーの中で今までの人生の中でどんな幸福なことがあったか、年齢を少しずつさかのぼって行きながら思い出す、というワークがあったんですが、僕の場合は年齢をさかのぼるほど、その時代で体験した「幸福な出来事」を思い出すのが困難になって行ったんですね。子供の頃の家庭環境に色々わだかまりがあったせいかもしれませんが、どうもうまく行かなかったんです。ところが、現在に戻ると、楽しい思い、幸福な思いがたくさん出てくるんですね。で、「な〜んだ、僕は今までの人生の中で、今、現在が一番幸福なんだ!」と言うことに気付いたのです。しかも、ここ2ヶ月ぐらいが幸福のピークなんですよ、明らかに。これは僕の中ではなかなか劇的な「気付き」でした。講師のShinさんの想定とは違った反応だったのかもしれませんが(笑)。

現象としては別にここ2ヶ月で劇的に幸福な現象が現れたわけではないんです。別にお金持ちになったわけじゃないし、とりわけ仕事で成功したわけじゃないし、(仕事と金銭面で一番成功してたのは6〜7年前ぐらいでしょう。)相変わらず独身で恋人が出来たわけでもないし…(^^;)。でも、明らかに今が一番幸福なんですよね。

これは一体どういうことでしょうか?多分自分の中で何らかの「幸福を感じるスイッチ」が入ったんだと思います(笑)。竹下先生の言葉を借りれば「波動が上がった」と言うことになるんでしょう。それで、竹下先生に以前聞いたこんな話を思い出しました。

「みんな勘違いしている。お金持ちになれば、素敵な結婚相手が現れれば、仕事で成功して社会的地位が出来れば…こういうものが手に入れば、自分は幸福になれる…みんなそんな風に考えてるでしょ?でも、本当は違う。そんな風に考えている人は、なかなか幸福になれません。逆なんです。そうじゃなくて、まず波動を上げて「何もなくても幸福な心の状態」にするんです。すると『幸福な現象』が後からついてくるんです。これをみんな逆に考えているから、幸福になれないんです…」

理屈としては、このことは分かっていたつもりでした。だけど、以前は実感が伴っていなかった。だけど、ようやくこのことが実感として分かりかけて来たように思います。人間が幸福であるかどうかは、本質的には自分の外側にある「もの」や「条件」や「現象」とはあまり関係がないんですね。もちろん貧乏よりはお金はあった方がいいし、失恋するよりは恋が成就した方がいいし、仕事で失敗するよりは成功した方がいい。でも、より本質的なものはそこにはないんですよね。本質は自分の心に中にある。その「幸福の本質」がつかめれば、外側にある現象がどうなっても、さしたる影響は受けずに、「自分は幸福である」と言うベースの部分は揺らがないんですね。それがやっと、僕にも本当の意味で分かりかけてきたんではないかと思います。つい最近、その「スイッチが入った」ように思います(笑)。

シンギング・リンそのものとはあまり関係ないかもしれませんが、このことは僕にとってとても大きな気付きでした。

<おまけ:懇親会にて>

※Photo with SONY α700 + TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II (クリックで拡大)
Dsc00218

講師のShinさん(シオンインク)

Dsc00219

受講生の皆さんと。

« The Police Live at Tokyo Dome | トップページ | 英、ノーザン銀を一時国有化 »

シンギング・リン」カテゴリの記事

コメント

金子様

先日は、シンギング・リンヴォイスセミナーにご参加いただきありがとうございました。

過去に退行して幸せだった体験を思い出すワークに関してですが、ポイントは二つあります。
ひとつは、外部に幸せを求めるのではなく、自分の内面に幸福を求めることこそが大切であることに気づくということです。

お金、地位、名声によって得られる快楽ではなく、自分が生き、生かされてきた中で体験した様々な喜び、愛された体験、神聖さを感じた体験などを思い出す事で、幸せは自分の心の中にこそあるものだし、自分の心を掘り下げていく事で幸福の源泉にたどり着くことができるということを実感して欲しいという意図があります。

もうひとつのポイントは、時間というものが一体何なのか、ということを探求してほしいという意図があります。
過去を思い出し、幸福の感情を思い出すことができるということは、過去というものがひとつの幻想に過ぎないかもしれないということです。
実際、過去は記憶に過ぎません。そして、未来は妄想に過ぎません。時間というものは、すべて幻想に過ぎないということを実感してもらいという意図があります。
先日のセミナーでは、そこまで深くは説明していませんが、そのような方向に繋がるようにワークを組み立てています。

ですから、金子さんが今に幸福を感じることができるというのは、時間という幻想から覚めつつあるということで、とてもすばらしいことだと感じます。


ぼくが本当に心からやりたいことは、ヴォイスワークを通して、愛や調和、神聖さ、無執着などを体験してもらうことであり、僕自身もそのような中から少しずつでも学び成長したいと願っています。

もちろん、まだ未熟で学ばなければならないことは無限にありますが、皆様と一緒に学んでいくことができればありがたいなと思っています。

今後ともよろしくお願いいたします。

おお、これはこれは、まさか講師自らコメントしてくださるとは…恐縮です(^^;)。

ところで、僕が気付いたことは想定外どころか、Shinさんの狙い通りだったようですね。まいったな〜、すっかり術中にはまってしまったか(笑)。

でも本当にいい気付きを与えてくれて、感謝してますよ。こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。竹下先生と出会い、リンと出会い、Shinさんとも出会い、たくさんの贈り物をいただきました。僕も何かの形で、誰かに贈り物が出来るようにがんばりたいと思ってます。

あ、そうそう、僕と同じことを感じて、驚いたって言う人がメールくれましたよ(^^)。

竹下先生は本当の幸福は外側の物質世界にはないと、いつも講演で言われますね。それは頭では理解しているのですが、
裏を返せば物質世界に執着(一粒の砂粒の執着でも)があるのであればラーマクリシュナ様から見れば「苦楽の経験が足らん」ということになるんでしょうね。

だから重要なのは60億、もしくはそれ以上の道があり、たとえ教えがいくら正しいものであっても、思想の押し付けはよくないということだと思います。

べつにJoeさんがそういうことをしている、というんじゃないですよ。ただこの記事を読んで自分が思った感想を書いているだけです。

>だから重要なのは60億、もしくはそれ以上の道があり、たとえ
>教えがいくら正しいものであっても、思想の押し付けはよくない
>ということだと思います。

実際には思想を押し付けることはまず不可能ですよね。いわゆる「洗脳」と言われるものだって、洗脳される側にそれを受け入れようという意志がないと効かないですし。

ぼくがシンギング・リンを知ったのは、このブログがきっかけでした。
これほどの奇跡のような楽器に巡り会え、その楽器を使ったヴォイスワークを開発できることに、大変な喜びと使命感を感じています。金子さんにも感謝しております。

幸福は物質世界にはない。その通りだと思います。

快楽は、物質世界にはあります。富を集める、贅沢、性、権力・・・
しかし、人生を終えるときに、それらはすべて奪い取られます。
そして、背後には病気があり、陰謀があり、人間不信と虚しさがあります。

ぼくは芸能の世界に関わっていましたが、多くの有名人が人間不信と虚しさに悩んでいました。
それは、金、名声、権力といった、この人生の終わりにすべて失うことが分かっている儚い物に執着しているからだと思います。

だから、心は絶えず不安で、人を信用できず、集めても集めても虚しいのです。

このようなことは、思想ではなく、この世の中の事実をありのままに直視すれば、誰にでも理解できることだと思います。

私たちは、この世の事実を直視するのではなく、まさしくこの時代という思想に洗脳されています。
いかに遺伝的に優位な立場に立つか、富、名声、権力を得てより良い遺伝子を残すかといった、肉体の原理に基づく文化を築いています。

もうそのような文化ではなく、内なる魂、内なる神性を感じ、それに基づいた価値観と文化が形成される時代へと変化していくと思います。

金子さんのブログも、そのような新しい時代への役割を果たしているのだと思います。

Joe、さん確かにそうでした。意志とか、その人が持つ波動によって引きつけられるのですね。ですから、喧嘩両成敗です。

SHINさん、素晴らしいコメントですね。まったく同感です。

これから人類の黄金時代来ると思うとほんとにわくわくします。

>SHINさん

>ぼくがシンギング・リンを知ったのは、このブログがきっかけでした。
>これほどの奇跡のような楽器に巡り会え、その楽器を使ったヴォイスワークを開発できる
>ことに、大変な喜びと使命感を感じています。金子さんにも感謝しております。

ありがとうございます。そうでしたね。
僕も何らかの貢献が出来て、光栄です。

>ぼくは芸能の世界に関わっていましたが、多くの有名人が人間不信と虚しさに悩んで
>いました。それは、金、名声、権力といった、この人生の終わりにすべて失うことが
>分かっている儚い物に執着しているからだと思います。

僕もテレビ業界という近いところにいますので、よくわかります。
お世辞にも波動が高い世界とは言えませんが、考えようによっては反面教師として重要な学びを与えられているとも言えそうですね。

>私たちは、この世の事実を直視するのではなく、まさしくこの時代という思想に洗脳されて
>います。いかに遺伝的に優位な立場に立つか、富、名声、権力を得てより良い遺伝子を残す
>かといった、肉体の原理に基づく文化を築いています。

>もうそのような文化ではなく、内なる魂、内なる神性を感じ、それに基づいた価値観と文化が
>形成される時代へと変化していくと思います。

そうですね。問題はそのことに早めに気付いて心を転換させる人がどれだけいるかと言うことですが、それが少ないほど新しい時代へ移行する際のショック、軋轢が増えてハード・ランディングになってしまうでしょう。目覚める人が増えれば増えるほど移行はスムーズに行くと思います。

ふわああっっdash

HPを開いたら、自分の顔がどアップで出ていたので、か~なりびっくりしました。昨日、今日と、竹下先生のセミナーのことで頭がいっぱいで、まったくパソコンに触れていなかったので、今はじめてみましたsweat01

そう言えば、写真載せていいですか?って聞かれて、いいですよーって答えてましたね。忘れてました(笑)

中山さんに、金子さんのHPに公開されていたけど良かったの?と質問されて、てっきりコメントのことだと思っていたけど、このことだったんですね~~

でも大丈夫ですよー。神さま(光)にまもられていることを知っていたので。

10日のセミナーもすばらしかったです。内面で書き換えが起こったみたいです。わたしも気づいたんです。過去のつらく苦しい体験を超えて余りあるほどの、恩寵や祝福を受けていたことに。

今日のセミナーもとてもよかったです。また一つ、幸福へ一歩近づいたようですheart

おお、僕とほぼ同じような体験をした方多かったみたいですね〜。

昨日の竹下先生の講演は出れなかったので、早くDVD化して欲しい…。村岡さん、お願いしますm(_ _)m。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/40133346

この記事へのトラックバック一覧です: シンギング・リン・セミナーでの気付き:

« The Police Live at Tokyo Dome | トップページ | 英、ノーザン銀を一時国有化 »