PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« また増えた国の借金 | トップページ | 米AIG、サブプライム損失1.5兆円 »

2008年2月29日 (金)

日本人カメラマン 野生に挑む

僕が音響効果を担当した番組の紹介です。1月〜2月はこの番組の制作に追われててんてこ舞いでした…。

ハイビジョン特集 シリーズ「日本人カメラマン・野生に挑む」
飯島正広  幻の動物 ジャガーに迫る  ~ブラジル・パンタナール湿原~
放送:NHK  BS-hi   3月4日(火) 午後8:00~9:50

 好評を博してきた「日本人カメラマン 野生に挑む」シリーズの三回目。躍動する地球の生命。その輝く瞬間を切り取る、日本人カメラマンたち。独自の視点とさまざまな方法を駆使して野生に挑む動物カメラマンの目を通して世界の自然の今を見つめる。

Prog_080302_cameraman  動物カメラマン飯島正広さんが、ブラジルのパンタナール湿原で、出会うことさえ難しいと言われている幻の動物「ジャガー」の撮影に挑む。飯島さんは、アジアの熱帯地域、ヒマラヤ、アフリカなど厳しい自然環境の中で写真やビデオの撮影に挑む行動派カメラマンとして活躍中。ライオン、ベンガルトラ、ユキヒョウなど、数々の大型ネコ科の動物を撮影してきたが、ジャガーは今回が初めて。今まであこがれ続けてきた動物である。飯島さんは、道なき道を進み、雨や風、毒虫の攻撃にも負けず、ジャガーを探索する。撮影に訪れたのは2007年の10月。乾期のピークを迎えたこの時期、湿原はほとんど乾燥し、限られた水場しか残っていない。そこへ、水を求めていろいろな動物が集まってくる。それを狙ってジャガーもやってくるはずと、飯島さんは水場での待ち伏せ作戦も決行。昼夜を問わず撮影に臨む。さらに、水場の周辺に無人の仕掛けカメラを設置し、警戒心の強いジャガーの自然な姿をとらえる計画も実行する。飯島さんが、幻の動物ジャガーの姿を撮影するまでの苦闘を、もう一台のカメラが克明に追いかける。

ハイビジョン特集 シリーズ「日本人カメラマン・野生に挑む」
尾崎幸司  オーストラリア・沈船の怪魚を撮る 
放送:NHK BS-hi   3月5日(水) 午後8:00~9:50

Prog_080305_cameraman  オーストラリアの大サンゴ礁群、グレートバリアリーフ。海底に眠る豪華客船・ヨンガラ号は、嵐に襲われて122人の全乗員もろともに非業の最期をとげた「オーストラリア版タイタニック号」である。事故から98年。ヨンガラ号は、いま、他では見られないような、生きものの楽園となっている。異様なまでに多くの小魚が群れ泳ぎ、珍しい大魚が多数徘徊しているのである。特に、この船に潜む巨大なハタの仲間、タマカイは、人を襲って頭を丸のみにしたことさえある「怪魚」である。世界遺産グレートバリアリーフの中でも、なぜ、ヨンガラ号周辺だけが特別に豊かなのだろうか? 探っていくと、そこには、大自然と人の営みとの、絶妙な相互作用があった。
 海洋国家・オーストラリアの沿岸には、多数の船が沈み、「怪魚」と呼ぶにふさわしい魚のすみかとなっている。オーストラリアが第二の故郷という潜水カメラマン・尾崎幸司さんが、ヨンガラ号など3か所の沈船を探訪。スリル満点の船内探索や、ロマンをかきたてる歴史発掘などを交え、タマカイのほか、天女のような羽衣をまとった青い怪魚ブルーデビルや、道化師のように派手な怪魚ハーレクインフィッシュの撮影に挑む。

ハイビジョン特集 シリーズ「日本人カメラマン・野生に挑む」
平野伸明  オオタカ・狩りの瞬間をとらえる 
放送:NHK  BS-hi   3月6日(木) 午後8:00~9:50

Prog_080306_camera  武蔵野の面影が色濃く残る埼玉県南部の田園地帯。ここで畑や住宅の間に点在する小さな雑木林にひかれ、通い続ける人がいる。動物カメラマン平野伸明さんだ。平野さんは高校時代に初めてカメラを手にして以来、鳥を中心に身近な自然の魅力を独自の視点から切り取り、発表してきた。近年はロシアの大自然や日本のブナ林など、雄大な原生の自然を相手に撮影を行ってきた平野さんが、今回、幼い頃から慣れ親しんだ原点ともいえる自然を再び見つめ直す。
 撮影に挑むのは雑木林の生きものたちの頂点に立つ猛きん・オオタカだ。平野さんが子どものころにはめったに見ることのできなかった幻のタカ・オオタカが、近年なぜか都市近郊の小さな雑木林で繁殖するようになっているのだ。一体なぜ、そしてどのようにしてオオタカはこれほど人の生活に近い場所で暮らしているのか? 平野さんは四季を通じて雑木林の自然とそこに暮らすオオタカを見つめ、その謎を追う。そこから見えてきたのは、流れる時間の中で人の生活とともに変化してきた雑木林。そこで新たな暮らしの場所や狩り場所を開拓してたくましく生き抜いていたオオタカの姿だった。人里近くの自然の中でたくましく生きる生きものたちの姿を追う平野さんの挑戦を描く。

« また増えた国の借金 | トップページ | 米AIG、サブプライム損失1.5兆円 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!!番組の制作大変そうですね!!これからも、頑張ってくださいねぇcoldsweats01NHKで、宣伝CMしていた、日本人カメラマン 野生に挑む放送するから、録画して~、と頼まれまして昨日、録画しました!!しかし、まだ、見てませんが三日間放送忘れずに見たいですね!!

見てもらえたかな?

まだ、見てないんですよねweep
録画しておりましたDVDの機械が突然、壊れたのよcrying
今回の日本人カメラマン・野生に挑むは壊れる前に一回録画DVDに入れてますが機械が治ったら見ますね!!

あ、そうですか、わざわざどうも…。
早く直るといいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/42797405

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人カメラマン 野生に挑む:

» 野生 動物まとめさいと [野生 動物調査隊]
野生 動物のリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 [続きを読む]

« また増えた国の借金 | トップページ | 米AIG、サブプライム損失1.5兆円 »