PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 帰省中 | トップページ | 経済ウォッチング »

2008年1月 3日 (木)

大恐慌の兆し…?

新年から不吉な…いやいや、これは来るべき新しい時代への「産みの苦しみ」と前向きに考えるべきでしょう。このブログでも何度か触れてきましたが、僕は時間の問題で十数年前のバブル崩壊以上の世界的大恐慌が来ると予想しています。ここに来て、いよいよ来るべきものが来たか…というニュースが出ております。

米国株、大幅下落・ダウ終値220ドル安の1万3043ドル(NIKKEI NET)
NY原油、史上初の1バレル=100ドル突破(asahi.com)
ダウ急落、原油は99ドル台に NY市場、波乱の幕開け (asahi.com)

ダウ平均は過去最大の下げ幅で、下落率では1983年以来の大きさだそうです。東証暴落も必至か?そろそろ非常事態に備えた方がいいかもしれません。

« 帰省中 | トップページ | 経済ウォッチング »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

初めまして。過去に共産主義の崩壊を的中させたラビ・バトラ
博士の予言が某掲示板に張ってありました。2008年が資本主
義終焉の年になるのかもしれません・・・。

「どんなに遅くとも2000年までに共産主義は断末魔の苦しい革命を経て崩壊し、2010年までに資本主義は崩壊する。
私のこの予測は『経済60年周期説』に基づくものである。貧富の格差が拡大する社会はまともではない。」

「原油価格は投機バブルによって1バレル=100ドルを超える。しかしその後この『原油バブル』は崩壊する。」

「資本主義の崩壊(世界同時大恐慌)はアメリカ住宅バブル・原油バブルの2つの投機バブルのW崩壊から始まるだろう。
NYダウは大暴落するだろう。搾取的資本主義は花火のように爆発する。」

「世界同時大恐慌によって日本と世界は同時に崩壊する。大恐慌による混乱期を経てプラウト主義
経済による共存共栄の社会が実現するだろう。光は極東の日本から。」
 (ラビ・バトラ インド人経済学者 米国サザン・メソジスト大学教授)

ラビ・バトラ博士のことは僕もよく知ってます。今のところ全部博士が予測した通りの流れになってますよねえ…。日本人の経済アナリスト藤原直哉氏もほぼ同じことを言っています。

でも逆に言うと、今の資本主義経済がずっと続くとすると、確実に環境破壊で地球は破滅です。ですからこのまま大恐慌に陥って資本主義が崩壊するとしても、僕はそれを「福音」だと受け止めています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/42797361

この記事へのトラックバック一覧です: 大恐慌の兆し…?:

« 帰省中 | トップページ | 経済ウォッチング »