PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 体調不良 | トップページ | α700試写(続き) »

2007年12月28日 (金)

SONY α700

物欲に負けてSONYの一眼レフデジカメα700を購入しました。今まで使っていた一眼レフはKONICAMINOLTA α Sweet Digital。KONICAMINOLTAがカメラ部門をSONYに売却してしまったため、一眼レフシリーズの「α」はSONYブランドとして再出発しました。これは資金力のある大メーカーに買収されてむしろ良かったと思います。一眼レフはメーカーによってレンズの規格が違い、独自のレンズ資産がありますので、おいそれと違うメーカーに乗り換えるわけには行きません。α700はαシリーズのユーザーにとっては待ちに待った、SONYブランドになってからは初めてのミドルクラスの新鋭機です。

最近はどちらかと言うとコンパクトなGX100の方に入れ込んでいましたし、2ヶ月前にα700が出たのは知ってましたが、出来るだけ情報を見ないようにしていました。見れば欲しくなるに決まっているので(笑)。でもこの記事を見てしまって、もうノックアウトでした…。

とりあえず試し撮りをいくらかやってみました。第一印象は、とにかくファインダーが見やすい、そして出てくる画像にびっくり、と言う感じです。

Dsc00004

Dsc00017

Dsc00018

Dsc00031

Dsc00036

Dsc00041

Dsc00051

どうでしょう?最初のレンズキャップの写真が、このカメラで何気なく撮った最初の1枚でしたが、逆さまになった「TAMRON」の文字がなんだか異様にリアルに感じられて、ちょっと驚きました。被写界深度を浅く設定出来る一眼レフは、コンパクト・デジカメに比べ立体感のある写真を撮りやすいのですが、このα700は今まで使ってたα Sweet Digitalにもない、手を伸ばせば触れられそうに錯覚してしまうほどのリアリティを感じさせてくれます。α Sweet Digitalだって出てから2年しか経っていませんが、いやはや技術の進歩はすごいですね。いや、老舗カメラメーカーだったコニカとミノルタの資産に、SONYの先端エレクトロニクス技術が合体した賜物かな?

いずれにしてもSONYは一眼レフに本気で、ものすごく気合いを入れてこのカメラを作った、ということを十二分に感じさせてくれます。現在カメラ業界は、シェアとしてはキャノンとニコンの二大メーカーが圧倒的に強いですが、そこにどこまで食い込めるか…?見物ですね。僕も当面このα700でいろんなものを撮りまくってみたいと思います。

« 体調不良 | トップページ | α700試写(続き) »

写真」カテゴリの記事

コメント

ネオデジ一眼とコンデジしか持ってないので・・・欲しいです。。
SONYは使いやすいですか??

操作性は使いやすい方だと思います。僕は前身のα Sweet Digitalを持っていたので、ほとんどマニュアルを読まずに使えてます。あとどこかの評価記事に「使い始めてから手になじむまでが早い」と書いてありました。

ぼくは、CANON のIXY DIGITAL 910IS を買いました。

PowerShot S2 ISがメイン機なのですが、ポータブルなのが1こ欲しかったのよねん。

でも、年初に池袋でNikonのデジタル一眼レフいじってたら、次はこれだ!!!と思いました。

キャノンのデジカメはどれもよくまとまってますよねえ。だけど、なぜかワイド端が28mmから始まってるのがこのIXY DIGITAL 910ISしかないんですよね。なので広角派の僕としては手が出しにくいのです…。

一眼レフを買う時注意した方がいいのは、ボディの善し悪しもさることながら、それ以上に「自分が使いたいレンズがあるかどうか」を中心に考えた方がいいと言うことです。レンズがボディの周辺機器なのではなく「レンズを使うためにボディがある」といっても過言ではないですから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/42797357

この記事へのトラックバック一覧です: SONY α700:

« 体調不良 | トップページ | α700試写(続き) »