PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« GX100の弱点 | トップページ | 真の「意識の転換」とは? »

2007年12月10日 (月)

まいった…

数ヶ月前から断続的に続いていためまいの症状が数時間前から急にひどくなってきました。過去最悪の状態です。こりゃもう一回医者に行くしかなさそう。今までめまいと言っても日常生活や仕事に支障を来すほどではありませんでしたが、今は椅子に座っていてもつらい状態なので、さすがにヤバいかも…。明日の仕事が終わったら病院に行ってきます。今日もこんなときに限ってまだ仕事が終わらないんだよなあ…。

結局なんでこうなっているかは未だにはっきりしません。自転車事故の後遺症か、その他の病気か?(一度は検査も受けて異常は見られなかったのですが)、地獄に向かって堕ちているのか、神様に近づいてるのか?いったい何がどうなっているんでしょう???

※11日朝7時追記
一晩寝たらかなり楽になりました。とりあえず一安心。
でも、病院には行ってきます。

« GX100の弱点 | トップページ | 真の「意識の転換」とは? »

自分自身について」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
先日からJoeさんが目眩を感じていたと書いておられた時、殆ど同じく僕も目眩を起こしていました。(実は昨日もです。今もすこしおかしいです。)

少し長くなりますがお許しください。
僕は18才の時に東京の音楽大学に出てきて、その5月に生まれて初めてメニエルになりました。それはそれはすごいもので、目眩という言葉の域を超えたもので、三日三晩寝たきりでした。それもまっすぐ上を向いて寝ていないと、、、数センチ左右に傾けるだけで天井がグルグル回りものすごい吐き気をともないました。
初めて親元を離れ、アパート暮らしでした。それでそのような初めての症状の病気にかかり死への恐怖がありました。
それでも2日目になり大家さんに病院を聞き、死ぬ思いで自転車にのり病院に行きましたが、医者も(立川あたり)分からずじまいで、「昨日何食べた?」『、、、チーズ』「う〜ん、それが腐っていたんでしょう」と苦い飲み薬をくれましたが、家に戻りそれを飲んでもすぐに吐く始末でした。
3日間、寝て過ごしますと、何もなかったようにケロっと治ってしまいました。学校へ久しぶりに行き、友達に話すと、鹿児島から来てた女の子が、それはメニエル症候群といって私もなった。やはり3日間寝たきりだった。症候群と付くものは治せない奇病に付く名前だと教えてくれました。
そしてそれからならなかったのですが、28才の時にまた起りました。今度は夜中だったのですが、救急車を呼び病院へ運ばれました。しかし、やはり医者はメニエルといっても分からず、点滴の処理をして一晩入院して、翌日、ふらふらの僕を歩いて帰らせました。それからまた家でまっすぐ上を向いて寝て、3日たった日に日大病院の耳鼻科へ行きました。やはりメニエルといわれ、いろんな検査室でいろんな検査をされました。そしてその後診察室へ呼ばれ、言われた事が「現代の医療では治せない」でした。それで支払った代金が15000円くらい。それこそ検査の実験台、データ集めのために15000円も払って協力したようなもんでした。(結局、三半規管がおかしくなりやすい体質なわけですが)

自分は10年に一度これが来るんだ。音楽の仕事をしてるのに、いやな病気持ちになったもんだと思いました。
で、それからどうなったかというと、(現在48才ですが)また38の時にくるのかな〜と心配していたのですfが、少し変わってきて、体が年を取ったのか、36才の時になったのですが、前のより軽いのがきたのです。しかし、2週間くらいぐずぐず続くのです。
それ以降、精神、肉体的に疲れた時に、軽いのが(軽いといっても立派な目眩)きて、横になっている状態です。

音大の友人は大人になってから(30代)初めてなったものもいます。岐阜のものですが、2週間入院したそうです。で、治せない病気だと言われただろうと聞いてみると、「いや、少しずつよくなって退院できたよ」っていうので2週間も寝てたら自然と治るんだよと教えてやりました。

とにかく、寝ることです。

僕は元々、このようにメニエル持ちなので目眩が起る事はめずらしくなく、目眩ぐらいは軽いぶるいで、また来たか、、ぐらいの感覚なんですが、最近、Joeさんがめまいがしたと書いてる日に同じく僕もそうなので、ちょっと??と感じてる次第です。長々となりましたがそういったわけで書きたくなりました。失礼しました。
お大事に。

病院に行ってきました。僕の場合はメニエル病ではないそうです。脳梗塞の前兆のような、命に関わる病気でもないようです。とりあえずホッとしました。

では何かと言うと、三半規管の機能が何らかの原因でうまく働かなくなっているのではないかと思われるが、詳しくはMRIなどの詳しい検査をしてみないとわからない、ということでした。と言うわけで、来週MRI検査を受けにまた病院に行ってきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/17334284

この記事へのトラックバック一覧です: まいった…:

« GX100の弱点 | トップページ | 真の「意識の転換」とは? »