PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« SONY α700 | トップページ | α700試写(マクロ編) »

2007年12月29日 (土)

α700試写(続き)

昨日の続きでーす。昨日から少し画像サイズを大きめにしました。

Dsc00081

Dsc00089

Dsc00095

Dsc00105

Dsc00107

« SONY α700 | トップページ | α700試写(マクロ編) »

写真」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。風来坊です。
α700購入おめでとう御座います。
良い画を出しますね。
一枚目の花のピントが合っている処と以外の処のボケの具合い、2枚目の室内光のホワイトバランスや露出具合(雰囲気出てます。)。3枚目の夕日と空と建物の明暗差(潰れそうで潰れないこの階調の広さ)
4・5枚目は食べ物の立体感とリアルさ好い感じです。(5枚の中で酒場が一番好きです。良い雰囲気が出ています。)
やはり、テクニックと感性も良いからですね。それと、ファインダーは如何ですか?自分は以前友人からα807を半年くらい交換(T90)して使用したことがあります。ファインダーがすごく良くてピントのヤマが掴み易いのが印象に有ります。(アキュフォーマットでしたか?)

ありがとうございます。僕自身のテクニックはまるで素人のレベルですけど、自分のカメラの腕がいきなり上がったような錯覚をさせてくれますね(笑)。

酒場の写真は実際はもっとずっと暗いんですよ。肉眼の見た目に近づけるにはマイナス補正するべきなんですが、肉眼よりこの方がいい感じだったので、そのままにしました。天井画がいい雰囲気の店だったので、人間を無視して天井を撮りました(笑)。ISO800でこの質感ですから、立派だと思います。

ファインダーはすごく見やすいです!これは特筆すべきα700の美点だと思います。厳密に他メーカーのデジイチと比較したわけではありませんが、APS-Cサイズのデジイチの中ではダントツだと思います。ファインダーの良さはαは定評があるようで、α Sweet Digitalもエントリークラスの中ではすごくいいと言う評判でした。

アキュフォーマットでしたか?

す、すみません。アキュフォーマットって何ですか(^^;)?

アキュフォーマットでしたか?
す、すみません。アキュフォーマットって何ですか(^^;)?

勘違いしていて失礼しました。確か正式名称はスフェリカルアキュートマットと言ったような。フォーカシングスクリーンの事です。

凄く明るく見え、尚且つピントの山がつかみ易いスクリーンです。自分のミノルタα807の印象は、ファインダーが見やすくピントがつかみ易いカメラという記憶が有ります。

確かにα700のサイトには下記のような説明がありますね。

フォーカシングスクリーンには、ピントの山がつかみ
やすいスフェリカルアキュートマットを採用し、MF時
も快適なピント合わせができます。

理屈はよくわかりませんが、ファインダーの見え味が抜群であることは確かです。

おはようございます。

自分も詳しくは解りませんが、凄く見やすく、特にマニュアルでピントを合わせる時など鳥肌が立つくらいゾクゾクした時が有ります。(特に女性のポートレート撮影やマクロレンズ使用の時など)

持っていた、キャノンのシステムを売却してミノルタに変更しようと真剣に悩みましたが、入れ替えの費用を考えたらその時は諦めました。(NF-1 2台・T90 1台他3台、それと純正と社外合わせてレンズ15本位です。)

でも、その後マウントがFDからEFマウントに変更になって、結局現在のEOS(EFマウント)に変更しました。(あの時は後悔して、笑うしかありませんでした。)今は、EOSシリーズで好いかなと思えるようになりましたけど。

ふーむ、風来坊さんはかなりのベテランなんですねえ。僕はデジカメ時代になって初めてカメラにはまった新参者です。一眼レフなどは2年前に買ったα Sweet Digitalが最初です。

それにしてもレンズのマウントっていうのは罪ですよねえ。一度レンズをそろえてしまったら、マウントを乗り換えるのは清水の舞台から飛び降りる覚悟が必要です。僕も2年前かなり悩みましたが、(主にキャノンか、コニカミノルタかで)当時一眼レフでボディ内手ぶれ補正を実現していたのはコニカミノルタのαしかなかったので、それが決め手になりました。ところが、3ヶ月後ぐらいに「コニカミノルタがカメラ事業から撤退!」のニュースが流れて目の前が真っ暗になりました(笑)。ですが結果としてソニーがαを受け継いでこれだけがんばってくれているので、ほっとしています。

さて、今日は僕が持ってるαレンズの中でも特にお気に入りの100mmマクロで何枚か撮影してこようと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/42797358

この記事へのトラックバック一覧です: α700試写(続き):

« SONY α700 | トップページ | α700試写(マクロ編) »