PR

本日のつぶやき

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 小沢氏辞任問題追記 | トップページ | 葉隠料理写真 »

2007年11月 7日 (水)

小沢氏、辞意撤回

小沢氏、辞意撤回 「ぜひ、もう一度がんばりたい」(asahi.com)

…ということで一件落着のようですね。今回のことで小沢氏は求心力が落ちた、今後の党運営は厳しい、という報道も多く、民主党の議員の中には「辞めるというものをなぜ引き止めるのか」「茶番だ」という批判もあるようです。が、昨日書いたように、ある種小沢氏に「逆らえない」状況が出来上がったとも言えます。反小沢派の議員がどれだけ反発したとしても、では小沢氏以外に強い求心力をもって自民党に対抗出来るリーダーが党内にいるのか…と考えると全く見当たらない状態。だからこそ、執行部は必死になって慰留したわけですから。腹の中で反小沢派の民主党議員が何を考えていたとしても、事実上「小沢支持」でまとまる以外に彼らに選択肢はないと言っても過言ではないでしょう。…さて、この状況が今後の民主党にとって吉と出るか、凶と出るか?

小沢氏はここ一番になると、イチかバチかで大勝負に出る「ギャンブラー政治家」ですね。その点は慎重にことを運ぶ調整型の福田首相とは正反対のようです。ひょっとすると、大連立構想が浮上した時点から現在まで、全て小沢氏のシナリオ通りだったのではないか…なんて推測もありますが、そうだとするとギャンブラーの上にシナリオライターで役者でもありますね(笑)。本当のところは小沢氏本人のみが知るところですが、少なくとも言えるのは、12年前新進党を解党したときの小沢氏と今の彼は違うということです。単なるギャンブラーで失敗したらそれっきりではなく、二枚腰三枚腰のしたたかさと柔軟性をプラスしてると思います。

民主党内の求心力はともかく、一般の民主党支持者に対する影響はどうでしょうか?反自民の受け皿として消極的ではあるが民主党を支持する僕は、民主党がバラバラの野合集団になる寸前で踏みとどまったことは良かったと思ってますが、今回のことで特により強く小沢民主党を支持するとか、逆に「茶番だ」とみてしらけるとか、そういう変化はありません。全てはこれからですね。大連立にはやはり反対です。小泉・安倍政権の徹底した対米追従路線とはやや違う方向に向かっているのかと思われる福田政権は、自民党政権としてはましかなとは思えますが、今ひとつ何を考えているのか分からない、のらりくらりしたところがどうもねえ…(^^;)。やはり健全な二大政党制を確立してほしいですね。それを実現できるかによって今回の騒動の評価も変わってくるでしょう。

それと小沢氏自身から参議院選挙以降感じられた「傲慢さ」が、続投会見では全く消えていたのは大きな収穫かもしれません。しきりの反省の弁を口にし、涙ぐむ場面もありましたね。今回のことがなければ、肝心の次期総選挙で小沢氏の慢心が原因で失敗していたということもあり得たと思います。そういう意味では小沢氏本人にとってもいい薬だったのかも。あの神妙な態度が本心なら、何から何まで小沢氏の計算ずく、というわけではないと言うことになるでしょう。逆にあれも演技だとしたら、たいした役者だわ(笑)。

« 小沢氏辞任問題追記 | トップページ | 葉隠料理写真 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/42797345

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢氏、辞意撤回:

« 小沢氏辞任問題追記 | トップページ | 葉隠料理写真 »