PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 小沢民主党代表辞任 | トップページ | 小沢氏、辞意撤回 »

2007年11月 6日 (火)

小沢氏辞任問題追記

思えば参議院選挙で民主党が大勝した後、小沢氏の言動、表情の微妙な変化を僕は感じていて、一抹の不安を覚えていました。昔の小沢氏の「こわもて」が復活 し、態度に微妙な傲慢さが感じられるようになっていたのです。参議院選挙を大勝に導いた自分の「豪腕」で少々の無理は押さえ込んでみせる、という驕りが出 たのでしょう。「むしろ大連立を選んだほうが二大政党制を早く実現させる道」という主張も正直首をひねらざるを得ない…。

そうして強引な手法をとった結果、思い通りにならないのでプッツンしてしまった、一番肝心なところで「壊し屋」の悪い癖が出てしまった…というのが 大方のマスコミの論調ですが、それだけだと12年前に小沢氏が新進党を解党したときから、まったく学習していないということになってしまいます。果たして 小沢氏ほどの百戦錬磨の政治家がそれほど短絡的な行動をとるだろうか…という疑問も残ります。

かつての「一度言い出したら聞かない」と言われた小沢氏と異なるのは、民主党執行部の慰留説得に「ありがとう。昨日辞意表明したばかりなので、心の 整理の時間が欲しい」と、やや態度を軟化したかと思える返事をしているらしいこと。これなら代表残留もあり得るのでは、という見方も出てきています。最初 から慰留されることを計算した上での、小沢氏の大芝居だ…なんていう見方もあります。(次に同じような問題にぶつかった時「俺はやめると言ったのに、どう しても続けてくれと頼んだのはお前らじゃないか、文句を言うな」と言えるから)代表残留か、辞任か、今日(6日)中にも結論は出る見込みのようですが、果 たして…?

« 小沢民主党代表辞任 | トップページ | 小沢氏、辞意撤回 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/42797344

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢氏辞任問題追記:

« 小沢民主党代表辞任 | トップページ | 小沢氏、辞意撤回 »