PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 打ち合わせ | トップページ | めまいと頭痛 »

2007年10月17日 (水)

ファーブル昆虫記

このところずっと不眠不休で取り組んでいた番組の紹介です。

※クリックで拡大
_4c

ハイビジョン特集  ファーブル昆虫記  〜南仏・愛しき小宇宙〜
10月22日(月)〜24日(水) 午後8:00〜9:30  NHK BS-hi

永遠のベストセラー、ファーブルの「昆虫記」が書かれて100年。10巻に渡るこの本は、今読んでもみずみずしい驚きに満ちあふれている。なぜ「昆虫記」が100年もの間人々をひきつけてきたのか。 そこにはどんな魅力が秘められているのだろうか?
フランス南部の山深い寒村に生まれ、貧しい境遇から独学で学問を修めたファーブルは生活のために南フランス各地を転々としながら、昆虫記の構想を練り上げていった。ローマ時代の名残を今にとどめる南フランスの都市アヴィニョン。ヨーロッパ・アルプスを望むプロヴァンスの最高峰ヴァントゥー山。アフリカの風が吹く地中海の島、コルシカ。
今、昆虫記の完訳に挑んでいるフランス文学者、奥本大三郎さんが、南フランスで波乱に満ちたファーブルの生涯をたどりながら、「昆虫記」の魅力を改めて探る。また、昆虫記には当時誰も知らなかった虫たちの驚くべき生態が記されている。小さな体で糞の玉を転がすスカラベの仲間たち。寸分の狂いもなく針を刺して獲物をまひさせるカリバチのハンティング。恐ろしげな姿に似合わぬ愉快なダンスを踊るサソリの求愛。昆虫記に登場する虫たちの決定的瞬間を、日本を代表する昆虫カメラマン、海野和男さんが映像化する。
今も世界中で多くの人に読み継がれるファーブル昆虫記。ファーブルの生涯をたどる旅、映像化された虫たちの決定的瞬間、さらに再現ドラマも交えてファーブルが昆虫記にこめたメッセージの意味を掘り起こしていく。

22日(月)(1)スカラベとシデムシ「尊い使命を果たすために」
23日(火)(2)カリバチとヤママユ「本能の命ずるままに」
24日(水)(3)セミとサソリ「生と死をみつめて」

この番組のために20日以上休みなしで、一日あたり14〜5時間は働いたと思います。一つの音効の仕事をこれだけ長く集中してやったのは僕の24年のキャリアの中でも初めてかも。なんせ1時間半×3本=4時間半の番組を一気に作ったんですからねえ…。がんばった甲斐あっていい出来に仕上がったと思うので、BSデジタルの放送が見れて、虫が苦手でない方は是非ご覧ください。

Photo


P.S.
ここ数日、渋谷のNHKに自転車で通った記録は以下の通り。やっと積算1000kmを越えました。

走行時間:4時間8分48秒
最高時速:38.2km/h
平均時速:17.7km/h
走行距離:73.53km
積算距離:1047.3km

« 打ち合わせ | トップページ | めまいと頭痛 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様ですた!

ぜひ拝見しようと思います。興味津々です。

>ひでこさん

ほんとに疲れました〜〜。
でも今日からもう次の仕事が始まるんだよね(^^;)。

>nobuzepさん

今回はオリジナル曲などはなく、純粋に音効としての仕事です。
dpのマシントラブルにもめげず、なんとか完成しました(笑)。

拝見しました。本来そういう用途ではないDPであれを仕上げるのは大変だったでしょうね(私も最近、DVDの音声70分をDPでミックスしました)。ところで虫の音や川のせせらぎは全部現場の生音だったのですか?

本来そういう用途ではないDPであれを仕上げるのは大変だったでしょうね

一時音効の仕事はProTools、曲作りのときはdpと使い分けていた時期もありました。ですが、似たような機能で操作性の異なるソフトを使い分けるのは混乱するし、Ver.2.1ぐらいでしたか、dpのオーディオ機能が飛躍的に良くなったので、全面的にdpに移行しました。当時の記憶では、dpは意識的にProToolsの操作性を真似るように進化して行ってるな、と感じていました。ですので、僕の中ではdpが本来MAで使うソフトではないので、使いにくいという印象は全くありませんね。

ところで虫の音や川のせせらぎは全部現場の生音だったのですか?

いえ、これはどんな番組でもそうですが、現場の同時録音、ポータブルDATなどの別録りの音、既存のライブラリの音、合成した音…これらが複雑に重ねられています。その上でいかに自然に、きれいにまとめるかが音効の腕の見せ所の一つでもありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/42797341

この記事へのトラックバック一覧です: ファーブル昆虫記:

« 打ち合わせ | トップページ | めまいと頭痛 »