PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 相変わらず忙しい… | トップページ | 北欧 デンマークの風に吹かれて »

2007年9月26日 (水)

悪夢

もう一昨日のことになりますが、仕事で最悪の事態を体験しました。2時間番組のMA(ナレーション、音楽、効果音などの音付け、整音作業)だったのですが、いざスタジオ入りという段階になって、そのために4日間かけて仕込んだDigital Performerのファイルが開かないのです…!?何度やっても「エラーが検出されたので、ファイルを開くことが出来ませんでした」とダイアログが出て終了してしまいます。

さあ大変!その番組はその日(24日)のうちに仕上げなければならないのです。取りあえずナレーション録りなどの作業を先に始めてもらい、その間に考え得る限りのデータの修復を試みましたが、全てダメ。Digital Performerの代理店であるMUSETEXに電話してサポートを求めようにも、24日は祝日だったのでそれも出来ない…。万策尽きて結局一から作業をやり直すしかない、という結論になってしまいました。

それをスタートしたのが午前11時半頃。なんせ4日間かけて仕込んだ作業を全てやり直すわけですから大変です。もちろん4日間というのはアイディアを練る時間、試行錯誤する時間も入っていますから、やり直しの作業は音楽や効果音の編集、貼り付けの単純作業ですが、時間制限は1日しかありません。何とか音楽の仕込みを午後6時頃に終え、ナレーション録りの途中から音楽を加えることが出来ました。さらにナレーション録りを横目に効果音の仕込みを黙々と続けたのですが、終了したのは日付が変わった午前2時。それから音楽と効果音をスタジオのDAWに流し込んで、若干の整音作業後、全体の最終ミキシング…全ての作業が終了したのは午前8時でした。

は〜、何とか間に合った!一時はどうなるかと思いましたが、何とか無事終了です。もともと2時間番組のMAを1日でやるのはかなり無理があるのですが、その上にまさかこんなトラブルに見舞われるとは…無事終了したのは奇跡的かもしれません。しかしよもやこんなことが起こるとは、この20年仕事のパートナーとして使ってきたDigital Performerに対する信頼が大きく揺らいでしまいました。作業の途中でアプリが異常終了したり、フリーズしたりしてセーブしてなかった分のデータが消えてしまうと言うことは、パソコンで仕事をしている限りありがちなことですが、完成して保存したデータが壊れて開けなくなるという事態は初めての経験です。こんなことが起こるようでは仕事の道具として信頼できません。

MUSETEXのFAQによると「特定のファイルを開こうとすると、エラーが発生したり dp が終了してしまい、開けなくなってしまった」場合(まさしく僕のケースですね)の対処法が2つほど載っていたので試したのですが、いずれも効果はありませんでした。しかし、FAQに対処法が載っていると言うことは、またこういう事態が起こり得ると言うことですよね!?しかもこういう致命的な欠陥があることが分かっていながら、その場しのぎの対処法を出すだけで、根本的な対策をせずに放置されているのか…?だとしたら、ちょっと酷すぎませんかねえ?真剣にDP以外のDAWソフトに乗り換えることを検討したいと思います。
Dp5g5small

« 相変わらず忙しい… | トップページ | 北欧 デンマークの風に吹かれて »

音響ツール」カテゴリの記事

コメント

なんか 落車のつぎには
そんなことが。
次はいいこと ありますよ。

仕事でも落車男…ってか(^^;)。
笑い事じゃないんだけど、笑うしかない。

Audio File フォルダを一旦
ゴミ箱へ退避させて、プロジェクトファイルを
Open するとイイですよ。dash

※(ゴミ箱は空にしないよう注意です。)punch

ありがとうございます。
今度同じ症状が出たら、試してみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/42797337

この記事へのトラックバック一覧です: 悪夢:

« 相変わらず忙しい… | トップページ | 北欧 デンマークの風に吹かれて »