PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 繁華街散策 | トップページ | iPod touch 買うべきか、買わざるべきか? »

2007年9月 7日 (金)

Led Zeppelin 再結成?

…という情報が流れている。はっきり言ってこの手の情報はほとんどあてにならないことが多いけど、今回はどうやらそうでもないみたい。

Robert Plant(ロバート・プラント)がファンに再結成を認める?(doops!)

どうやらチャリティーで一夜限りのライブを、オリジナルメンバーのロバート・プラント(ヴォーカル)、ジミー・ペイジ(ギター)、ジョン・ポール・ジョーンズ(ベース、キーボード)…そして故人のジョン・ボーナムの代わりに息子のジェイソン・ボーナムがドラムを叩く、と言うことになるらしい。

しかしねえ、メンバーはみなもう還暦でしょ。ポップ指向のバンドや、シンプルなロックン・ロール指向のバンドならともかく、ツェッペリンはメンバーの演奏のテンション(けっしてテクニック至上主義というわけではないが)によってライブの出来、不出来が大きく左右されるバンド。1980年の解散以来、何度かこういう再結成モドキのライブがあったけど、そのほとんどはがっかりさせられる内容でした。(中では1995年のPage - Plantのライブが一番出来が良かったと思いますが、これは来日公演が武道館であったので、僕も見に行ってます。)というわけで、僕は今度の再結成ライブにも全く期待はしていません。というか、むしろもう思い出を壊して欲しくないんですけど(^^;)。

レッド・ツェッペリンのライブの全盛期はおそらく1971〜72年頃でしょう。歴代のライブが見られる"Led Zeppelin DVD"とライブCDの"How The West Was Won"を聴くとその事がよく分かります。70年のロイヤル・アルバート・ホールのライブは、ペイジのギターとプラントのボーカルは最高の出来だけど、ボーナムのドラムがまだ今ひとつ完成していない、と言う印象。73年のマジソン・スクエア・ガーデンのライブはプラントの声が既に衰えを見せ始めていて、Black Dogの冒頭の"Hey, hey, mama, said the way you move, gonna make you sweat, gonna make you groove."と歌う部分がCDとは違っていて、やや誤魔化して歌っている。CDと同じハイトーンが出ないのです。ペイジのギターは年代を追うごとにテンションが下がっていく感じで、解散直前の79年のネブワース・フェスティバルでの演奏はかなり苦しい。プラントの声も後期に行くほど張りとツヤを失っていきます。(ジョーンズの演奏は派手さはないが、いつも安定してる。ボーナムのドラムも最後まで全く衰えを感じない。)

その点71〜72年のライブが納められたCD"How The West Was Won"では全てが最高のコンディションで、素晴らしい演奏を聴かせてくれます。コンディションの良いときのツェッペリンはまさに神懸かり的で、たった4人でサポートメンバーもなしに、これほどハイテンションでスケールが大きく、繊細でなおかつエネルギーの固まりのような演奏を聴かせてくれるロックバンドを僕は他に知りません。レッド・ツェッペリンというバンドはあの時代、あのメンバーであってこそ奇跡的なケミストリー(化学反応)が起こり、輝きを放っていたバンドだと思うので、「再結成」とか根本的に無理だと思うんですよね。だからたとえジョン・ボーナムが急死しなかったとしても、バンドはそう長くは続かなかったんじゃないかと、僕は思っているんですけど…。

« 繁華街散策 | トップページ | iPod touch 買うべきか、買わざるべきか? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

むうぅ・・・ツェッペリンネタ。。。

まったく、言われている通りだと思います。
再結成など勘弁してほしいです。

…だよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/42797331

この記事へのトラックバック一覧です: Led Zeppelin 再結成?:

« 繁華街散策 | トップページ | iPod touch 買うべきか、買わざるべきか? »