PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« Led Zeppelin 再結成? | トップページ | 安倍首相退陣 »

2007年9月 8日 (土)

iPod touch 買うべきか、買わざるべきか?

Hero_overview_20070905

巷で噂のiPod touchiPhoneがまだ当分出ない日本では待望の製品と言えるかもしれません。実は僕も「iPhoneライクなiPod」が出たら買おうと思っていたので、早速チェックしてみたのですが…うーん、今ひとつの「中途半端」感が…。

※中途半端な仕様 <その1>…メモリ容量が16GBまでしかない。

iPod touchのメモリ、すなわち音楽や映像を保存しておける容量はフラッシュメモリで16GBまでになっています。HDD搭載モデルはないんですよね。僕は音楽だけでなく、動画や写真も今まで以上に楽しめるiPod touchだからこそ、HDDモデルを出して欲しかった。16GBでもCDにして100枚以上は余裕で入りますから、人によってはこれでも十分かもしれません。だけど僕のiTunesは現在でも220GB、曲数にして約5万曲が登録されています。当然16GBではそのうちのほんの一部しか入りません。動画や写真も入れるとなると、容量はさらに厳しくなります。

それに対して従来のiPodのスタイルを継承したiPod classicはHDDが搭載されており、160GBと言う容量を持っています。(なんと10倍)これなら僕の音楽コレクションの半分以上は入るし(笑)、相当楽しみ方が広がりそうです。ではなぜiPod touchにはHDD搭載モデルがないのか?どうやらこれはHDDのアクセス速度の遅さから、iPod touch特有のユーザーインターフェイスがスムーズに動かなくなってしまうかららしいのです。うーん、じゃあ仕方ないのか…。

※中途半端な仕様 <その2>…メールが使えない

iPod touchにはWi-Fi(無線LAN)を使ったネット接続機能があり、ウェブ・ブラウザも搭載されています。ところが、そこまでしていながらメール機能はないのです。な、なんで?もちろんブラウザがあるのでウェブ・メールなら使えますが、なんとも中途半端ですよね。

※中途半端な仕様 <その3>…Wi-Fi以外にネット接続の手段がない

iPod touchにはWi-Fi以外のネット接続手段がありません。これは公衆無線LANがかなり普及したアメリカならまあ納得できる仕様かもしれませんが、そうでもない日本ではやはり中途半端な感じがします。ネット接続のたびに無線LANが使えるエリアをさがしてうろつかなくてはならないからです。日本のメーカーならCFカード型か、USB接続タイプのデータ通信端末が使えるようにしたでしょうね。それならばほぼどこでもネットが使えるし、3Gのハイスピードタイプなら少し前のADSL並のスピードで快適にネットが使えます。

さて、では何故iPod touchがこのような中途半端な仕様になっているかですが、AVウォッチの記事によると、Appleは「iPod touchはiPhoneの機能限定版ではない」と言っています。iPodはあくまでも音楽や映像を楽しむためのメディア・プレーヤーなのだ…と。だからメディア・プレーヤーとして必要ない機能は搭載していない、と言うわけですね。なるほど、そう考えれば上記の中途半端とも思える仕様も納得がいきます。

だけど、じゃあiPod touchを買う気になるか…というとそうすんなりとはいきませんね。そもそも携帯機器を「これはメディアプレーヤー、これは電話、これはPDA…」のように区別することにどれだけの意義があるでしょうか?区別したとして、2つも3つも携帯機器を常時持ち歩く気になりますか?

僕は今まで携帯電話とiPodはほぼ常時どこにでも持って歩いていました。その理由は自分の5万曲もの音楽ライブラリをiTunesで構築してしまったので、iPod以外に選択の余地がないこと、日本の携帯電話会社の提供する音楽サービス(着うたフルなど)が、Appleのそれに比べて著しくヘボくて魅力がないこと…などです。でももし携帯電話にiPodの機能があったら…その二つを1台で済ますことが出来れば、それに越したことはありません。AppleはiPhoneでそれを現実のものにしたのです。

ですが携帯電話網の規格の違いから、日本では少なくとも来年半ばまではiPhoneは発売されません。そこでそのかわりにiPod touchを買うか…と言うことになるわけですが、それならば我々が欲しいのは「iPhoneから電話機能を取り除いたもの」であって、「iPhone風のユーザーインターフェイスを持ったメディア・プレーヤー」ではありません。それでCFカード型か、USB接続タイプのデータ通信端末が使えるようになっていたとすれば、僕は迷わず即買っていたでしょうね。

…というわけで、僕はiPod touchを買うかどうかまだ決めていません。実用性から言えば、nanoかclassicを買った方がいいのかもしれません。携帯電話と常時2つ持ち歩くことを考えたら、nanoの小ささは魅力です。classicはある程度大きくなりますが(それでもtouchよりは小さい)、メディアプレーヤーとしては160GBのHDDを搭載しているのは魅力があります。それに対してtouchにしかない魅力は、なんと言ってもiPhone譲りのタッチ式の操作性、それからビデオや写真を見るには都合のいい3.5インチの大画面、無線LANが使える環境なら、携帯端末としては他に類を見ない快適なウェブ・ブラウズが可能…この三つでしょうか。取りあえず発売されるのを待って、店頭で各機種をさわってみてから決めようと思っています。

« Led Zeppelin 再結成? | トップページ | 安倍首相退陣 »

Apple」カテゴリの記事

コメント

リンゴよりも先に発表したウチの子がそのうち出たら買ってやってください。

http://www.nttdocomo.co.jp/product/business_model/ht1100/index.html

HT1100にも注目してますよ!
出来ればauからも出してもらって、GPSナビ機能を搭載してもらえれば絶対買うんですが(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/42797332

この記事へのトラックバック一覧です: iPod touch 買うべきか、買わざるべきか?:

« Led Zeppelin 再結成? | トップページ | 安倍首相退陣 »