PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 素朴な疑問 | トップページ | ソウルの奇跡 »

2007年8月30日 (木)

愛車還る

入院していた愛車TREK 7.9FXが帰ってきました。と言っても完治したわけではなく、取りあえず、と言うところなんですが。

どういうことかというと、検査の結果、ハンドルバーだけは交換した方がいいだろうということになったのですが、パーツをアメリカから取り寄せるのに2〜3週間はかかってしまいます。それ以外に大きな傷もなく、普通に乗れるので、取りあえず引き取って無理をしない範囲で乗る分には、このままでも問題ないだろうと言うことになったのです。

※Photo with RICOH Caplio GX100(クリックで拡大)
R0010096_2 7.9FXのハンドルはこのような特殊な形をしています。マニアの間では「クワガタ・ハンドル」などと呼ばれています。普通のフラットバー・ハンドルの場合は、握る場所が1カ所しかありませんが、こういう形状だとクワガタのアゴの部分を握ることが出来るので、長時間のライディングの際に姿勢を変えることが出来、ライダーの上半身の負担を減らしてくれる効果があるのです。

今回の事故ではこのクワガタの左アゴの部分が傷つきました。これです。

R0010412

触診の結果、傷ついているのは表面部分のみで、内部のカーボン製の組織までは損傷していないようだと言うことでしたが、万一のことを考えてハンドルだけは交換しておいた方が安心でしょうと言う判断で、そうすることにしました。

しかし、それ以外は派手に転倒した割にはほとんどどこにも傷らしい傷が無く、車体もホイールもほぼ完璧な状態を保っていたそうです。何でも聞くところによると、自転車の事故というのはライダーが怪我すると自転車はほとんど無事で、自転車がぐしゃぐしゃに壊れてしまった場合はライダーは無事、と言うことが不思議と多いんだそうです。つまり、今回は僕が顔から転倒して眼窩骨にひびが入るほどの怪我をしたおかげで、自転車はほとんど無事だったわけです(苦笑)。そう言われると複雑ですな…。

僕は実はここまでヘルメットなしで乗っていたのですが、クロスバイクといえども普通の自転車に比べればずっとスピードが出るし、下手すれば命に関わるほどの大事故もあり得ることが身に染みて分かりましたので、ヘルメットも新しく買いました。こんなやつです。

R0010418

ヘルメットと言っても自転車用のは主な素材はが発泡スチロールで、とっても軽いんです。でも、事故となったらこれのあるなしで生死を分けるほど重要なものです。今回の事故だってヘルメットがあれば眼窩骨にひびが入るほどのダメージはなかったと思います。全く、「備えあれば憂いなし」ですね。

今回の点検は、ワイズ・ロード新宿店の店長の浦山さんに直々にみていただき、大変お世話になりました。とても親切にいろいろなこと教えていただき、今後の勉強にもなりました。こう言うときにアフターサービスのしっかりしたお店だと安心ですね。通販などで買うとこうはいかないでしょう。

愛車を引き取って新宿から練馬の自宅に帰る間、なんだかとっても幸せを感じました(笑)。久しぶりに安心して乗ることが出来たのと、浦山さんがついでに各パーツの調整を完璧にしてくれたのだと思います。なんだか新品の時以上に、滑るような快適な走りが味わえました。改めて、自転車って本当にいいものだと実感しましたね。高かったけど、奮発して7.9FXといういい自転車を買っておいて良かった。今後も長いつきあいになりそうです。

※本日の走行記録
走行時間:35分39秒
最高時速:30.7km/h
平均時速:18.9km/h
走行距離:11.23km
積算距離:774.3km

« 素朴な疑問 | トップページ | ソウルの奇跡 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/42794584

この記事へのトラックバック一覧です: 愛車還る:

« 素朴な疑問 | トップページ | ソウルの奇跡 »