PR

本日のつぶやき

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 壊れゆく電子機器 | トップページ | mixiに登録しました »

2007年8月18日 (土)

世界同時株安

米国のサブプライムローン問題に始まった世界的な株式市場の下落ですが、今のところ下げ止まる気配を見せていませんね。

日経平均874円安、円急騰が株安に拍車(NIKKEI NET)

アメリカでは緊急に公定歩合が引き下げられましたが、それでも株価は一時的な反発を見せた以降は伸び悩んでいるようです。

米FRB、公定歩合を緊急引き下げ・0.5%下げ5.75%に
NY株、急反発後に伸び悩む(NIKKEI NET)

僕は十数年前に社会主義国が連鎖的な崩壊をしたように、いずれ資本主義も行き詰まって崩壊するとだいぶ前から予測しているのですが、今年に入ってその兆候がますます現れているようです。中国市場に端を発した世界的な株安は3月にもありました。その後は何とか持ち直したようですが、今度はどうでしょうか。

株式市場の崩壊、資本主義の終焉を予測する人はたくさんいます。あの竹下雅敏先生もそうですし、先日このブログでも紹介した経済アナリストの藤原直哉氏もほぼ同じことを言っています。両者は全く違う観点から同じ結論に達しています。それ以外にも多くの識者が同じような予測をしていますね。今や世界の経済は全て連動していますから、何らかのきっかけで坂を転がり落ちるように世界中が大恐慌に陥りかねません。現状はまさに綱渡り状態です。十数年前のバブル崩壊の時と違うのは、今の日本は750兆円以上の借金を背負っていると言うことです。今度同じような崩壊が起きれば確実に日本の財政は決定的な破綻を起こすでしょう。アメリカも同様です。そうなるとこのような事態が現実のものになりかねません。僕は遅かれ早かれそうなるのは避けられないと見ていますが、果たしてその向こうにどんな未来が待っているのでしょうか…?

« 壊れゆく電子機器 | トップページ | mixiに登録しました »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/42797320

この記事へのトラックバック一覧です: 世界同時株安:

« 壊れゆく電子機器 | トップページ | mixiに登録しました »