PR

本日のつぶやき

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2006年10月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年11月

2006年11月27日 (月)

飛び出せ!定年

Top_image_02 久々の仕事ネタです。明日の夜、11月28日(火)夜22:30〜23:00にNHKの総合テレビで放送の「飛び出せ!定年」という番組の音響効果を担当しました。定年を迎えた方々がどんな第二の人生を送ってるかをレポートしたドキュメンタリー番組なのですが、とても印象深かったので、お知らせします。

この方なんですが、「神奈川県警の鬼刑事」と言われた大島さんは、退職後になんと僧侶になってしまいました。刑事時代と現在の大島さんの両方の映像が出てくるのですが、とても同一人物に見えません(笑)。刑事時代はいかにも命をかけて仕事をしている厳しさが表情に出ているのですが、(ちょっとコワモテ(^^;)。)現在の僧侶になった大島さんは本当に穏やかな、仏様のようないい表情で笑うんですよね。あまりにも両極端な人生ですが、人間本気になれば何でもやってやれないことはない、と言うことを実感させてくれる貴重な体験談だと思いました。

最近は自分の仕事のことはあまり書いてないのですが、これは人ごととは思えない気がしたので書いてみることにしました。というのは、僕は今45歳ですが、いつまでもテレビ業界でこの仕事やってるのもどんなもんかなあ、と最近思ってたので。もともと音の仕事がやりたくて、好きで入ったわけですが、一応一通りやるべきことはやったかなという気もしてるし、死ぬまでこのままと言うのも、なんか今ひとつ燃えるものがないというか…。かといって、他に何をやろうというような具体性は何もなかったので、この大島さんのような大胆な転身を成功させた人を見ると勇気づけられます。僕が番組を担当するのはとりあえずこの1回だけですが、次回以降も欠かさず見て、参考にさせてもらうかな…(笑)。

2006年11月 7日 (火)

教育界の崩壊

教育の現場で自殺の連鎖が止まりません。子供たちばかりでなく、未履修問題で揺れる高校の校長からも自殺者が複数出てしまいました。傷ついているのは子供たちばかりではありません。教師も同様です。ここでも影を落としているのは「受験戦争」ですね。教師たちも必死で自分たちの高校の名門大学合格率を上げないとやっていけない。この少子化の時代、下手をすれば自分たちの高校には誰も入学してこない、なんてことにもなりかねません。

いじめ自殺の問題では「教師の質」が問題にされることが多かったようですが、僕はそんな単純な問題ではないと思います。未履修問題は何故生じたか?大学受験に関係ある科目に力を入れるため、それ以外の科目の勉強をしても無意味だ、という価値観があるからです。では、そうまでして名門大学に入りたがっている、入れたがっているのは誰か?生徒たち自身、及びその親でしょう。いや、生徒たちは親に洗脳され、お尻を叩かれているだけかもしれない。教師は「我が子をいい大学に入れたい」という親のニーズに従っているに過ぎません。そうした親にとって「質のいい教師」とは、高学歴の子供を量産する教師でしょう。

しかし、そうした親も結局は「より多くのお金、より高い社会的地位や名声、より大きな権力」こうしたものを手に入れることが幸せになることだ、と言う社会の洗脳を受けていて、そのためには一番間違いのない方法は子供を高学歴にしてやることだ、と思いこんでいるに過ぎません。問題の根っこは「幸福=金、地位、権力、名声を手に入れること」だと言う、根本的な勘違いを多くの人がしているからでしょう。

今までも何回も述べてきましたが、幸福か幸福でないかは心の状態、内面の問題です。どんなに高学歴だろうが、ビル・ゲイツのような世界一の金持ちになろうが、政治家、官僚、または大会社のトップに立ち、権力をふるおうが、世界中で自分を知らない人はいないほど有名人になろうが、心の状態…「波動」が低い人は不幸なのです。逆に言えばたとえホームレスでも、波動が高ければその人は幸福なのです。「金、地位、権力、名声」こうしたものは幸せになるためにほとんど役に立ちません。それどころか、苦労してこうしたものを手に入れた結果、かえって不幸になると言ってもいいぐらいです。「金、地位、権力、名声」を求めて闘争しているうちにどんどん波動が下がりますからね。波動が落ちればいじめのような問題が吹き出すのも理の当然。つまり、「より高学歴へ」とお尻を叩いて駆り立てるのは、我が子を地獄に突き落とす行為といっても過言ではないのです。問題を根本的に解決するためには、この「幸福になるためには金、地位、権力、名声を手に入れる必要がある」という即物的な価値観を捨て、心の世界を中心とした価値観に入れ替えるしかないと思います。

そのことに気がついている人から見ると「なんでみんなこんな簡単なことがわからないんだろう?」と感じると思いますが…やっぱりほとんどの人はわからないんですね。原因は世間の価値観からあまりにも物質万能主義に囚われているからでしょう。この世は物質が全てと思っていれば、そうなってしまうのは無理もないかもしれません。最低限「幸福になるか、ならないかを決めるのは物質ではない、『心の状態=波動』だ」ということに気付かなければ、この泥沼からは抜け出せないでしょうね…。

« 2006年10月 | トップページ | 2007年1月 »