PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 金正日は救えるか? | トップページ | いじめの構造 »

2006年10月17日 (火)

福岡いじめ自殺

昨日さんざん報道されましたが、福岡でのいじめ自殺事件、本当にひどい、痛ましい事件ですよね。中日新聞の記事によると…

 校長によると、教諭は男子生徒が1年生の1学期ごろ、教室内で床に落ちた級友の消しゴムを拾ってあげた際、「君は偽善者にもなれない偽善者だ」と言った。クラス内では、しばらく「偽善者」が生徒間のはやり言葉になった。

 男子生徒はその後、同級生からいじめ行為を受けるようになったとみられ、今月11日、「いじめられて、もういきていけない」などと書いた4つの遺書を残し、自宅倉庫で首つり自殺した。

 自殺当日も、校内で男子生徒が「死にたい」と漏らすと、同級生7人に「本気なら下腹部を見せろ」と言われ、トイレでズボンを無理やり脱がされるいじめに遭ったことが分かっている。

 担任だった教諭は、授業中に思い付く漢字1文字を書く問題を出した時には、別の女子生徒に「おまえは太っているから(書くべき字は)『豚』だね」と暴言を吐いたこともあった。

 ■心理カウンセラーの内田良子さんの話 表に出ることは少ないが、教員がいじめに加担しているケースはよくある。今回の「からかいやすかった」という担 任の意識は、子どもにいじめのお墨付きを与えたと言ってもいい。子どもがストレスをぶつけるいじめ関係と、教員からもいじめを受ける二重構造になってお り、学校におけるいじめ構造を実にクリアに見せつけられた感じだ。

…ということです。これはもう地獄ですよね。ではこの学校だけが特殊なひどい事例だったのかというと、僕はそうは思いません。今の学校教育はどこもこんなもんなんじゃないでしょうか?ただ問題が表面化しているかいないかの違いで…。だから僕はこの事件のことを聞いても驚きはしませんでした。子供たちがかわいそうだとは思いましたが、起こるべくして起きた事件だと思います。過去にも似たような事件はありますし、残念ですが社会全体の根本的な意識改革がされない限り、これからも同じような事件は起こり続けるでしょうね。

以前も書きましたが、僕は今の学校教育は根本的に狂っていると思っています。もし子供がいたら、一般の小学校、中学校、高校には行かせたくありません。子供たちを毎日地獄に送り出しているのと一緒ですから。子供たちを守るには、必要な知識は何か代替の手段で身につけさせることを考え、極力学校には行かせないのが最善の手段ではないかと思います。学校教育は完全に魔の手に落ちていると言っても過言ではないでしょう。子供たちを魔界の波動に落とし、地獄の亡者予備軍を大量生産する…これが今の学校教育の実態ではないでしょうか。

それでも親の立場としては「そうは言っても今の社会は学歴で勝ち組、負け組が決まってしまうじゃないか。自分の子供を負け組にさせないためには頑張って少しでもいい学校に行かせてやるしかないじゃないか」と思うかもしれません。でもこの考え方自体が地獄的だと思います。幸福か不幸かは心の状態の問題であり、物質的な豊かさ、社会的地位、名誉…こうしたものとは関係がありません。そうしたものがないと「負け組」で幸福になれない、と考えること自体が地獄的な発想だと思います。まあ、日本全体がそういう狂った考え方にとりつかれていますから、無理もないのですが…。

こうしたことは僕が中学生だった30年前から本質的には変わっていないですね。いじめこそ受けたことはありませんが、僕が中学生だったころも同じような素地はあったと思います。今の時代、あらゆる分野で隠されていた物事の本質が、一気に露呈されつつあるのではないでしょうか。

« 金正日は救えるか? | トップページ | いじめの構造 »

教育」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。いつも楽しく拝見させていただきます。とと、と申します。福岡の事件、教師のレベルや学校レベルは落ちるとこまでいってるんだなって思いました。
人としての普通の感覚がなくなってきているような気がします。
 

ととさん、はじめまして。
そうですね、でもこれは社会の縮図でもあるんじゃないでしょうか。学校だけを改革すればいいと言う問題ではなく、社会全体が負け組・勝ち組とか、競争原理、弱肉強食などの考え方をやめなければ根本的には変わらないんじゃないでしょうか…?

うーん。
ボクの通ってた高校は少なからず、そうではなかったような。
大阪の工芸高校というところなんですが、
これはもう面白いとこでした。
OBの出席率高し。いつも誰か知らん人が職員室でダベってたような。
妄想癖の子も多かったな。

いや、ホントにこういうとこもあるんぜ!という一投でした。
もしくは全部の高校が工芸みたいになったらええねん。

あれ、視点が違う?

もちろん例外はあるでしょうね。tetukiyoさんはラッキーな方なのでしょう。しかし例外は例外、一般的にはなかなかそうは行かないんじゃないでしょうか。

いやはや、例外と言われると寂しい感じがしますが、たしかに工芸病(卒業生の8割はこれにかかる)を他の高校にも蔓延させるのは難しいでしょうなあ…。あれは工芸に起こってる奇跡やからなあ…。夏休みとかでも暇すぎて高校に遊びに行ったら絶対に誰かおるんよねえ。なんでおるん?て聞いたら「暇やから」お前もか!って感じで。先生曰く『学校はな、お前らが面白くするんやで。先生なんもせえへんからな。』名言です。

とまあ、自慢かよ!という話しですが、
あまりにもJoeさんが地獄って表現使うので、
なんだか寂しいような気がしちゃった訳です。
だからどうって事はないんですが…。

あまりにもJoeさんが地獄って表現使うので、
なんだか寂しいような気がしちゃった訳です。

はは、そうですか。でもその言い回しが一番しっくりくるんですよねえ。一人の人間を自殺に追いやるまでいじめるなんて、学校以外で思いつくのは…暴力団とか、ヤミ金融の取り立てとか、最近もあった自分の子供を虐待死させちゃう親とか…そんなもんでしょ?これらを「地獄」と言わずして、なんと表現すればいいのでしょう?

しかも問題なのは、暴力団とか、ヤミ金融とか、子供を虐待する親とかは、ごく一部の特殊な事例と言えなくもないですが、学校は誰もが「通って当たり前」だと思っている点です。だから誰もが当たり前に通う学校がそういう悲惨なところだと言うことを多くの人に分かって欲しくて、あえて「地獄」という言葉を強調して使ったのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/42797297

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡いじめ自殺:

« 金正日は救えるか? | トップページ | いじめの構造 »