PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 福岡いじめ自殺 | トップページ | とりぱん »

2006年10月18日 (水)

いじめの構造

抗議・中傷のメール・電話殺到 中2自殺の筑前町(朝日新聞)

こうなるとは思いましたが、ものすごいバッシングが起こってるようですね。だけど、ちょっと考えてみて欲しいのは、この抗議電話をかけたり中傷メールをおくる人たちが何を意図してるか、どんな意識でやってるかです。

もし抗議や中傷をすること自体が楽しくて「胸がすっとする」ようなら、その人はかなり危ないと思います。要するに人を攻撃すること、弱いものを叩くこと自体が目的なわけですから、意識レベルとしては自殺した生徒に「偽善者」と言った先生や、それに便乗していじめをやったクラスメートと同レベルです。今はこの先生や学校が「いじめられる側」「叩かれる側」になっているので、それに便乗して「いじめている」だけですね。「今ならこいつらを叩いても自分は正義の側に立っていられる、自分は非難されない、今だ!」ってわけですね。「いじめの構造」としては生徒を自殺に追いやったことと全く同じことを、抗議や中傷をする人もやっているわけです。こんなことをしても何の解決にもならないどころか、いじめの連鎖を生むだけです。いじめをやった当事者をさらにいじめても、問題の根本は何も解決しません。

問題はこうした心理はどこから来るのか、ということじゃないでしょうか。何故こういう人たちは「自分より弱いものを見つけると攻撃したがる、攻撃すると快感を覚える」のでしょうか?ここがいじめ問題の核心だと僕は思いますが、皆さんはどう思いますか?

« 福岡いじめ自殺 | トップページ | とりぱん »

教育」カテゴリの記事

コメント

心が満たされていないから、攻撃型のストレス解消の人が、弱いものを標的にしていると思ってます。
いじめられる側は、とてもやさしい人が多いように思います。そのやさしさに浸け込んで、ストレス解消をしている構図があるように思います。
解決策は、一人一人が心満たされる環境を作るしかないのでしょう。
小さいころに愛情をたっぷり注がれた子どもは、決していじめに荷担することはないと思います。

なるほど…おそらく当たっているでしょうね。と言うことは、問題はどうやって愛情豊かな社会、愛情豊かな家庭を築くかですね。また、すでに愛情に飢えたまま育ってしまった大人はどうしたらいいんだという問題もありますね。多分問題の先生もそのうちの一人だと思いますが、ひどい場合はそうした傷ついた心を持った大人は我が子ですら虐待してしまう場合があります。そして虐待されて育った子供は、大人になるとまた自分の子供を虐待してしまいます。本当に、問題の根は深いですね…。

一朝一夕で解決するとは思えませんが、次回のエントリーで僕なりの解決策を述べてみたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/42797298

この記事へのトラックバック一覧です: いじめの構造:

» 衝撃的な言葉 [わたしはわたしはわたしは・・・]
例の未来のディープインパクトの息子志望のいじめ自殺(福岡県筑前町立三輪中学校いじめ事件) これまた火がついて収まらない。 あの学校の対応じゃあ、アタリマエとしか言いようがないけど。 全校集会は校長に批判が集まったようだが、 下手に触れるわけにもいかんし、まさ..... [続きを読む]

« 福岡いじめ自殺 | トップページ | とりぱん »