PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« あるヨギの自叙伝 | トップページ | 真の幸福とは? »

2006年8月27日 (日)

鎌倉大仏

ふと思い立ち、鎌倉の大仏を見に行きました。

※写真はクリックで拡大
Pict0034_1
写真では今イチ分かりませんが、さすがにでかいね…。見たのは中学生の時以来でしょうか?で、なんで急に見に行きたくなったかというと…

Pict0030_1
これをじかに見て確認したかったんです。大仏様がどんな印(ムドラー)を組んでいるかを。

Pict0031_2
さすがに気品を感じさせるお顔をしてらっしゃいますね。額にある出っ張りは百毫(びゃくごう)というツボ。

Pict0036_1
横顔も拝見。阿弥陀如来というのはイエス・キリストのことだという説をどこかで聞いたことがあります。つまりキリスト教的な信仰を東洋に広めるため、天界に帰ったイエスが浄土宗系の僧侶を指導していたのだ、というわけです。確かに「キリストを信仰すれば天国に行ける」と説くキリスト教と、「阿弥陀様を信じて念仏を唱えれば極楽浄土に行ける」と説く浄土宗系の仏教は似ていますけど…真相はどうなんでしょうか?

 

« あるヨギの自叙伝 | トップページ | 真の幸福とは? »

写真」カテゴリの記事

コメント

您好!まるです。鎌倉さま、いいですねえ☆意外と親指が長いというところも、神々しいですねえ。キリスト様と日本といえば、目指すところは我が東北!ダヴィンチ・コードに百数年先駆けて、「キリストさんだば、おらほのとこさ来て、嫁っコもらって、百歳まで生ぎで大往生しなすったども」と唱えている場所がありますもの。古代ヘブライ語の名を持つ(と、一応言われている)奇祭があったり、キリスト様のお墓があったり、しまいにはヘブライ村(と、一応言われている戸来村)なんかがあってしまったり、漢字とは全く異なる起源を持つ古代文字(と、一応言われている)で書かれたナゾの古文書があったり…。何か、それなりのきっかけや理由があって、多種多様の伝説が生まれるのでしょうが、その源を明らかにするのは、冥王星の起源を探るより難しいのかもしれませんね…。では、再見!

→まるさん
このネタにはまるさんが食いついてくると思った(笑)。
戸来村の話、半分ギャグとしても面白いですねえ(^^;)。古文書、見てみたい…。突っ込みどころがたくさんありそう(笑)。でもキリストが日本で死んだかどうかはともかく、そっち系の人が昔来ていたって可能性は十分ありそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/42797288

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉大仏:

« あるヨギの自叙伝 | トップページ | 真の幸福とは? »