PR

本日のつぶやき

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月 8日 (木)

徳島聖地巡り

徳島在住のとも氏から誘いを受けたので、広島から四国は徳島に飛びました。初日はとも氏の自宅でオリジナル料理の数々をごちそうになりました。とも氏は現在でも不食実践者ですから、普段はほんの少しの量しか食べないのですが、むしろ不食を実践してから料理に凝るようになったとか。その気持ちはよくわかりますねえ。ちょっとしか食べないなら、食べるときは美味しいもの、食べたいものを厳選したいと僕も思ってたもの。で、ごちそうになった料理がどれもこれもびっくりするような代物で、単にうまい、まずいなどという単純な言葉では語れない。(いや、もちろん全部美味しいんだけど。)とも氏はベジタリアンでもあるから、肉、たまご、牛乳は一切材料に使わないんだけど、それを全く感じさせないほど味がバラエティーに富んでいて、しかも他では食べたことがないようなものばかり。みなさん「豆腐の味噌漬け」なんて食べたことあります?料理って言うのもクリエイティブで面白いもんだな、ということを再認識した次第。

で、翌日はとも氏の案内で徳島の聖地巡りへ。最初に行ったのは天石門別八倉比売神社(あまのいわとわけやくらひめじんじゃ)。その名の通り天照大神に所縁の神社らしい。ところがポイントは神社そのものよりも少し離れたところにある変わった形をした遺跡にある。これがそれなんだけど…。

※写真はクリックで拡大

Pict0001

なぜか五角形。とも氏によれば弥生時代頃の墓なんじゃないか、ということなんだけど、その頃のお墓でこんな形のものなんて、聞いたことがない。で、一説によるとその時代にやって来たユダヤ人の墓かもしれない、とのこと。とすればこれはいわゆる「五芳星」?(ユダヤの象徴と言われているのは六芳星だっけか?)

Pict0004

で、とも氏と並んで仲良く記念撮影。

Pict0006

こちらが神社本体。車を降りた瞬間から、この神社には清々しい感じを受けました。

Pict0012

こちらが次ぎに行った悲願寺。とんでもない山奥で、けもの道みたいなところを慎重に進んで行き、やっと着いた。とも氏も初めて行くところで、文字通り行くのが「悲願」だったとか(笑)。「寺」と言ってもごらんの通り半分は神社になってる。明治政府の神仏分離令を逃れた希有な例だろうととも氏が語っていました。

Pict0011

面白いのはこれ。「常夜塔」と言うんだそうだが、まあでっかい灯籠という感じ。で、よーくこの写真を見て欲しい。手前の方に半透明の丸いものが写ってるのが見えるでしょ?これはオーブと言って、一種の心霊写真。映画「もののけ姫」に出て来た「木霊」のようなものです。おそらく僕らを歓迎して挨拶してくれたのではないか…と、都合良く解釈しておこう(笑)。

Pict0022

悲願寺の中を散策するとも氏。とにかくここはいるだけですごく気持ちがいい場所でした。ずっといてもいいぐらい。体が浄化されて行くのを感じます。

Pict0028

で、最後に行ったのが藤井寺。ここも目的は本堂ではなく、少し離れたところにある弁財天の大岩。ところがなぜか僕はそこでの写真を撮ってなかった。写真はこれしかない。(これは弁財天の大岩ではなく、またその近くにあるお不動様だそうです。)どうやらとも氏の祝詞および読経に圧倒されて失念したらしい(笑)。これは読経中のとも氏。

…てなわけでとも氏のおかげで、徳島のレアなパワースポット巡りを堪能でき、充実した旅の締めくくりとなりました。このあと夜は飲み会で、深夜まであれやこれやと語り合いました。

というわけで昨日の昼過ぎに東京の自宅に帰り着きましたが、これから三日間は缶詰になって仕事…。

2006年6月 4日 (日)

厳島神社

厳島神社で有名な宮島に行って来ました。

※写真はクリックで拡大
Pict0002_1
広島市内には路面電車(広島電鉄)が走っています。僕も宮島に行くのに利用しました。僕の郷里の福岡市にも昔あったので、懐かしい感じです。

Pict0006_1

連絡船で海を渡り、宮島へ。わずか10分ほどで到着。

Pict0007

船を降りるなり、いきなりシカの大群が!シカせんべいを求めて群がって来ます。

Pict0012_1

シカせんべいでは飽き足らず、何でも食う!観光客から奪ったパンフレットをムシャムシャ…。お前はヤギか?

Pict0017

虎視眈々と次の獲物を狙う…?

Pict0020

このオスはひときわ貫禄がありましたね。ボスジカかな?

Pict0086

ラブラブのカップル発見!
彼女「ここはどう?」
彼「あ〜、気持ちいい…」

Pict0089

彼女「チュッ!」
彼「でへへへ♪」
金子「やってらんねーよ…」

Pict0021

気を取り直して厳島神社へ。あまりにも有名な海の中の大鳥居が迎えてくれます。この鳥居は実は土に埋まってる部分はなく、自らの重さで立ってるだけなんだとか。それでも台風や地震でも倒れないんだとか。やはり神道系の神様が守護してるんでしょうか?

Pict0025

入り口です。そう言えば広島県にはこれと原爆ドームの2つの世界遺産があるんですね。

Pict0026

東回廊

Pict0033

偶然結婚式を挙げていたカップル。お幸せに!

Pict0038

迫力満点の狛犬。

Pict0044

正面から。真ん中にあるのは高舞台。NHK大河ドラマ「義経」のタイトルバックに使われました。

Pict0042

本社拝殿。災害の軽減を祈願しました。

Pict0046

おみくじはこんな感じ…。凶じゃなくて良かった。

Pict0051

神社を出るとそこにはまたシカさんが…。
それにしてもなんてベタな看板。言われた通りに撮影してる自分もだが。

Pict0056

多宝塔。これも重要文化財だそうだ。

Pict0074

五重塔。鮮やかで、整然と美しい。

Pict0091

二日連続お好み焼きだったので、この日は宮島名物「あなごめし」を堪能。太りそうだ…(汗)。

 

2006年6月 3日 (土)

平和記念公園(夜景編)

※写真はクリックで拡大
Pict0008
祈りの泉

Pict0015
各国語で「平和」と書かれたモニュメント。

Pict0016
奇麗にライトアップされてます。

Pict0017_1
ブッシュ大統領に見せてやりたい。

Pict0023
夜の原爆ドーム。ほのかにライトアップされています。美しい…と言ったら不謹慎でしょうか?じっと見つめているとなんだか泣けて来ます。

さて、今日はこれから厳島神社に行ってみようと思います。

 

平和記念公園

平和記念公園の周辺をまわって来ました。

※写真はクリックで拡大
Pict0003
ヒロシマの象徴、原爆ドーム。この上空600mで原爆が炸裂しました。もちろん中にいた人は全員即死。

Pict0030
別の角度から。

Pict0006_2
原爆ドームの紹介。

Pict0008_1
よく見ると細かいところが丁寧に補修されています。

Pict0012_2
ドームの内部も鉄柱で補強されていますが、瓦礫などは当時のまま保存されています。

Pict0016_1
原爆の子の像。たくさんの千羽鶴が奉られています。

Pict0017_2
平和記念公園全景。

Pict0018
原爆死没者慰霊碑。自然と手が合掌してしまいます。

Pict0023_1
平和記念資料館の中にある被爆者の時計。被爆時間ぴったりで静止しています。

Pict0024
同じく被爆した三輪車と鉄兜。

Pict0026_1
原爆死没者追悼平和記念館の内部。被爆当時の街の全景をパノラマで表示しています。中央のオブジェが爆心地にあたります。

Pict0028_1
同じく追悼記念館にある死没者の写真と名簿。

Pict0034
平和の鐘。修学旅行の中学生が鳴らしていました。

Pict0002_2
夕食で立ち寄った本場広島風のお好み焼き屋さんにて。気のいい店主のおばさんが作ってくれました。

Pict0006_3
お好み焼きワンショット。これが最高にうまかった!僕は子供の頃神戸で過ごしたことがあり、お好み焼きは大好物なんですが、広島風は関西風のお好み焼きよりうまいと思いました。広島にいるうちは毎日食べてもいいな〜。

 

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »