PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 謹賀新年 | トップページ | 戦争を笑え! »

2006年1月11日 (水)

Intel iMac & MacBook Pro 登場

ついにインテルCPU搭載のMacが出ましたねえ。当初の噂と違ってiBookやMac miniではなく、iMacとPowerBookのリプレイスでした。詳細は下記の記事に譲るとして、注目すべきは新iMacは従来のiMac G5に比べて2~3倍高速、PowerBook改め"MacBook Pro"は4~5倍も高速…なんだとか。例によって多少の誇張があるとしても、これならロゼッタを使ったエミュレーションでも仕事につかえるかもしれない、という希望が持てます。もちろんどんな不具合が出るかもしれず、アプリメーカー (MOTU) のお墨付きが出るまではうかつに移行は出来ませんけどね。それにしても逆に「PowerPCってそんなに遅かったのか?」と突っ込みの一つも入れたくなりますが(^^;)。意外だったのは外観が旧機種とほとんど変わっていないこと。これほど革新的な新機種が出たのに外観が変わらないというのは、Appleにしては珍しいと言えるでしょう。

さらにインテル対応版のDigital Performerが出た暁には、これだけのパフォーマンスがあれば全面的に仕事環境をMacBook Proに移行して、PowerMacはお払い箱、ということも可能なんではないかと思えて来ます。そうすれば以前からの希望だった、「ノートパソコン一つでどこでもモバイルスタジオ」が可能になります。ただマイナス面もあり、MacBook ProはFirewire 800端子が削除されてるんですよね。高速なHDのアクセススピードが要求されるデジタルオーディオの用途では、これはチト痛い。まあ仕事環境の移行は慎重にしなければならないので、じっくり検討してみることにしましょう…。

それと当面の興味の対象は、このインテルCPU版のMacでWindowsは動くのか、ということ。動くとすれば、1台のマシンでMac OS XとWindows XPが両方走るという世界で唯一の選択肢となります。そうなるとこれはかなり便利だと思う。WinユーザーだけどMacも使ってみたい、と思ってる人には特に魅力的なんじゃないかな。

« 謹賀新年 | トップページ | 戦争を笑え! »

Apple」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/42797270

この記事へのトラックバック一覧です: Intel iMac & MacBook Pro 登場:

« 謹賀新年 | トップページ | 戦争を笑え! »