PR

本日のつぶやき

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005年11月24日 (木)

奥多摩散策

今度こそきれいな紅葉を撮りたいと思い、奥多摩湖周辺に行って来ました。ところが…

※写真はクリックで拡大
Pict0004_3
ご覧の通り紅葉は今イチ。今年は紅葉ははずれ年なんですかね〜。それとも温暖化の影響で色づきが遅れてるだけなのか…?仕方ないので遠景はあきらめ、マクロ撮影中心に切り替えました。

Pict0014_3
これがこの日のベストショットかな。楓の葉を逆光で光に透かして撮影してみました。紅葉が今イチだったのでモチベーションも上がらず、三脚も立てずに結構投げやりに撮影したのですが(笑)、ここまでの描写をしてくれるとは思いませんでした。この日のために新しく買った100mmマクロレンズ+手ぶれ補正の威力にびっくり。

Pict0016_2
同じ楓を少し画角を変えてみました。

Pict0021_1
これは種類が違う楓かな。色合いが異なりますね。

Pict0038_3  
奥多摩湖から流れ出る多摩川の上流。紅葉越しに撮影しました。遠景ではこれが一番ましかな。

Pict0049
同じく多摩川。多摩川って下流しか見たことなかったけど、ほんとにこれが同じ東京都内なんて、嘘みたい。

Pict0050_2
これはナンテンの実かな?マクロレンズでドアップにしてみましたが、なんだかプチトマトのようにも見えますね(笑)。

…というわけで、紅葉こそ今イチでしたが、たまに自然の中に身を置くのは本当に気持ちいいですね。森林浴という意味では、今回が一番良かったかも。紅葉で山がきれいに色づいたところを撮れなかったのに悔いが残りますが、12月は仕事が忙しいので、年内にあと一回ぐらい行けるかなあ…。

AFマクロ100mm F2.8(D)

奥多摩に行く前に買ったマクロレンズ、AFマクロ100mm F2.8(D)。ミノルタのαレンズの中でも名玉中の名玉と言われています。このレンズを使うためだけにわざわざミノルタの一眼レフカメラを買う他機種ユーザーもいるんだとか。その割に値段も手頃。僕も奥多摩の撮影ですっかりその描写に魅了されたので、近所でもこのレンズで手当り次第にいろんなものを撮ってみました。

※写真はクリックで拡大
Pict0002_4
例によって何の花かは知らないのですが…。前にアップした50mmのマクロレンズの映像より、背景のボケが大きいことに注目してください。これが50mmと100mmの差。

Pict0036
中心のピントが合ってる部分から、ボケた周辺部へのとろけるようなグラデーション…。

Pict0046_1
こうした表現がミノルタの最も得意とするところで、その中でもこのレンズは一級品です。

Pict0061
何気ない落ち葉もマクロレンズでドアップにするとなかなか新鮮な映像に…。

Pict0085
これも紅葉した落ち葉のアップ。葉脈って植物の血管なんですね〜。

Pict0026_3

これはマクロ撮影になってませんが、同じレンズで近所でひなたぼっこする猫君を撮影。毛並みの質感がリアルですね。気持ちよさそう…。

Pict0044_1

喫茶店の前に飾ってあった雪だるま人形。もうこんな季節なんですねえ…。

※オマケ

Pict0014_2

こちらは今日撮った夕焼け。これは100mmマクロではなく、先日今イチ眠い描写だと言っていた超広角レンズ「AF DTズーム11-18mm F4.5-5.6(D)」で撮った写真です。何となくコツが分かって来て、シャキッとした画が撮れるようになりました。いい感じの夕焼けが撮れたので、おまけに…。

2005年11月18日 (金)

AF DTズーム11-18mm F4.5-5.6(D)

コニカミノルタ純正の超広角レンズ「AF DTズーム11-18mm F4.5-5.6(D)」を購入しました。で、早速試し撮り…。

※クリックで拡大
Pict0027
いつも仕事してるMAスタジオで。ミキサーは長年の仕事仲間のはぎぼ〜氏。結構広いスタジオですが、ワイドレンズだとなにげにスタジオ全体が撮影できます。でもちょっとネムい描写だなあ。ピントが甘かったか?それとも開放F値はあまり明るくないレンズなので、暗めの室内で手持ちではさすがの手ぶれ補正も追いつかなかったか…?

Pict0037
サンゲイジングのついでに夕焼けを撮影。超広角レンズだと東京の空もこんなに広く見えます(笑)。でもやっぱりシャープさが足りないような…。まだ使いこなしが全然出来てないせいかなあ。

とはいえ、広角レンズならではの世界はやっぱり新鮮。これから色々チャレンジしてみよう…。

2005年11月11日 (金)

檜原村散策

東京の最西端檜原村に撮影をかねてハイキングに行って来ました。

※写真はクリックで拡大

Pict0008_3

紅葉は期待したほどじゃなかったけど、青空がとてもきれいでした。

Pict0043

檜原村にはまだこんな藁葺き屋根の民家が残ってるんですねえ。同じ東京都とは思えん…。

Pict0063

北秋川の渓流。マイナスイオンが一杯って感じで、こんなところに住めたら癒されそうだなあ…。

Pict0045

この花はダリア…だっけ?やっぱり単焦点のマクロレンズは僕が持ってる他のレンズとはレベルが違う画質です。せめて標準ズームレンズはもう少しいい奴が欲しいなあ…。

Pict0039_1

でっかいクモの巣を発見。このクモ、全長12〜3cmぐらいはあったかなあ。色もずいぶんハデだけど、セアカゴケグモ…じゃないよね(^^;)。虫が苦手な方、ごめんなさい。

Pict0107

払沢の滝。日本の滝百選の中に選ばれているそうです。

Pict0103

払沢の滝の滝壺。

…そんな感じですが、いい運動にはなりましたが、前回ほどきつくはなかった。残念なのは紅葉が今ひとつだったこと。時期が早過ぎたのか、場所の選択を誤ったのか…この秋にもう一度ぐらいリベンジしたいと思います。

2005年11月 2日 (水)

花マクロ四題

せっかくマクロレンズ「AFマクロ50mm F2.8(D)」を購入したので、近所の公園などを歩き回って花のマクロ撮影にトライしてみました。

※クリックで拡大

Pict0012_3

コスモス。ピントがあった花心の部分とボケた周辺部のグラデーションの美しさがマクロ写真の持ち味です。ドアップにするほど、絞りを開放にするほどボケ味が強くなります。このボケ味の美しさがコニカミノルタのデジカメの特徴でもあります。

Pict0021_2

これはなんて言う花だっけ…?背景をもう少しぼかしたいところだったけど、50mmマクロレンズだとこんなもんかな?このぐらいの寄りでもっとぼかすにはもっと望遠寄りの100mmマクロレンズあたりが欲しいところか?

Pict0037_1

この花もよく見るけど…名前は分かりません(^^;)。構図がなかなか決まったんじゃないかと思ってますが…。

Pict0031_1

これはハイビスカスかな?花の中央部にピントを合わせました。

Pict0032_2

ピントを花心の部分にするだけでがらっとイメージが変わります。

以上、初めて本格的にマクロ撮影をやってみましたが、面白いですね〜。このマクロレンズは単焦点(ズームでない)レンズですが、ズームレンズのような便利さはないけど、はっきりと画質はズームレンズより上です。ピントが合うところはきりっと合い、ぼけるところはとろけるような感じ…。カメラと一緒に買ったキットのレンズとは2ランクぐらい画質が上ですね。こうなるといろんな高級レンズが欲しくなってくるなあ…(^^;)。

2005年11月 1日 (火)

ミネラルウォーターは水道水より危険!?

僕がいつもチェックしてる「市民のための環境学ガイド」というサイトに面白い記事が載ってました。「ミネラルウォータは水道水よりも安全である」という常識は誤解である、というのです。

ポイントは二つ。

1.日本の水道水はミネラルウォーターよりも遥かに厳しい安全基準で作られている。市販のミネラルウォーターの中には、実際に水道水としては「不合格」になるものもある。

2.ミネラルウォーターの水道水に対する優位性は「味」のみ。ミネラルウォーターは他の清涼飲料水などと同じく「嗜好品」と考えるべき。

これは意外ですねえ。でも言われてみると特に海外産のミネラルウォーターなどははるばる海を渡って運ばれてくるわけで、水道水ですら雑菌の繁殖を防ぐために塩素を混ぜてるのに、そういう海外産ミネラルウォーターは何の殺菌処理もしなくて大丈夫なんだろうか?…という疑問は感じないでもありませんでした。わき水などは流れているからきれいなのであって、たまった水はすぐに澱む(汚れる)と言いますからね。

その点、先日グラスコールを取り付けた我が家の水道水はミネラルウォーターのような美味しい水になっていますから、安全性の面でも味の面でも言うこと無しです。おまけによくあるフィルターを使った浄水器と違って20年間メンテナンスフリー、さらに塩素の弊害も取り除き、体にもいいということですから、初期投資こそそれなりのお値段ですが、これはいい買い物だったと満足してます。

コーヒーやお茶が美味しくなったと前書きましたが、最近は市販のジュース類をやめて、カルピスなんかも飲んでます(笑)。水が美味しいと全然味が違いますよ。

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »