PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« AF DTズーム11-18mm F4.5-5.6(D) | トップページ | 奥多摩散策 »

2005年11月24日 (木)

AFマクロ100mm F2.8(D)

奥多摩に行く前に買ったマクロレンズ、AFマクロ100mm F2.8(D)。ミノルタのαレンズの中でも名玉中の名玉と言われています。このレンズを使うためだけにわざわざミノルタの一眼レフカメラを買う他機種ユーザーもいるんだとか。その割に値段も手頃。僕も奥多摩の撮影ですっかりその描写に魅了されたので、近所でもこのレンズで手当り次第にいろんなものを撮ってみました。

※写真はクリックで拡大
Pict0002_4
例によって何の花かは知らないのですが…。前にアップした50mmのマクロレンズの映像より、背景のボケが大きいことに注目してください。これが50mmと100mmの差。

Pict0036
中心のピントが合ってる部分から、ボケた周辺部へのとろけるようなグラデーション…。

Pict0046_1
こうした表現がミノルタの最も得意とするところで、その中でもこのレンズは一級品です。

Pict0061
何気ない落ち葉もマクロレンズでドアップにするとなかなか新鮮な映像に…。

Pict0085
これも紅葉した落ち葉のアップ。葉脈って植物の血管なんですね〜。

Pict0026_3

これはマクロ撮影になってませんが、同じレンズで近所でひなたぼっこする猫君を撮影。毛並みの質感がリアルですね。気持ちよさそう…。

Pict0044_1

喫茶店の前に飾ってあった雪だるま人形。もうこんな季節なんですねえ…。

※オマケ

Pict0014_2

こちらは今日撮った夕焼け。これは100mmマクロではなく、先日今イチ眠い描写だと言っていた超広角レンズ「AF DTズーム11-18mm F4.5-5.6(D)」で撮った写真です。何となくコツが分かって来て、シャキッとした画が撮れるようになりました。いい感じの夕焼けが撮れたので、おまけに…。

« AF DTズーム11-18mm F4.5-5.6(D) | トップページ | 奥多摩散策 »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/42797265

この記事へのトラックバック一覧です: AFマクロ100mm F2.8(D):

« AF DTズーム11-18mm F4.5-5.6(D) | トップページ | 奥多摩散策 »